【卓球 指導】スマッシュ練習のススメ

三谷です

今日は

スピードを鍛えるためにやりたい練習

 

についてお話しします

 

 

◆もっともスピードが出る打法

卓球において重要な要素は

・スピード(弾く)

・スピン(かける)

そうお話ししました

 

そして、特に重要なのはスピードです

では、そのスピードを鍛えるために

卓球を始めたばかりの初心者は何を練習したらいいのか!?

 

 

これをお話しします

 

 

 

まず知っておかなければならないのは

卓球には、いろんな打法があるということです

・上回転をかける打法

・下回転をかける打法

といった具合に存在するのですが

 

どれくらいの打法があるのか

まずは、ここに記載していきます

・(サーブ)

・(レシーブ)

・フォア

・バック

・ドライブ

・ツッツキ

・カット

・スマッシュ

 

 

細かな技術(ブロック、カウンター、ロビングなど)はたくさんありますが

基本打法は上記8つ

サーブとレシーブは基礎から応用まで幅広くあるため

かっこで記しております

 

ということは

実質、6種類ということになります

 

 

 

この中でもっともスピードが出る打法は

 

 

はい、スマッシュですね!

 

テニス、バドミントンなど

ラケットスポーツにおいてもっともスピードの出る打法です

 

上から振りかぶって下にたたきつける

そんな打法です

 

 

 

◆スマッシュを打ってみる

では、実際スマッシュを打ってみましょう

 

 

 

といって、打ちやすいボールを出すと

たいていの方は手だけで打とうとします

手打ちのため、スピードも乗らず

安定して入りません

 

なぜでしょうか?

テニスのように

同じように上から下に叩きつけるように打っても

卓球ではなぜかあまり入りません

 

 

◆原因と打ち方のコツ

なぜ、入らないのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由はネットからの距離です

テニスやバドミントンは

ネットから近い位置に立って打つことができます

そのため、叩きつけるように打てば

入るわけです

 

しかし、卓球では

・卓球台の距離がある

・バウンドしたボールを打つ

これらの要因で

ネットから離れることになります

よって、手打ちで上から下に叩きつけると

 

ボールやコートの距離感が合わず

打ちミスしてしまいます

ボールに回転がかかっていれば

空振りなんてこともザラです

 

 

意外とむずかしいスマッシュ

手打ちがダメならどうしたらいいのか

 

身体をつかえ

体重移動だ

 

なんていわれることはよくありますが

そもそも、どうやって身体を使えばいいのかがわからない

 

 

となってしまいます

 

 

そこで、身体の使い方のコツですが

ボールを投げる動作と同じです!

 

もう1度言います

ボールを投げる動作と

卓球のスマッシュは

同じ動作で打つことができるのです

 

 

 

ボールを速く遠くへ投げるには

ボールを持つ腕と同じ側の足に体重を乗せて

投げるタイミングで反対の足に体重を移動させて

投げますよね

速いスマッシュを打つときも同じです

ラケットを持つ腕と同じ側の足に体重を乗せて

みなさんがもっとも打ちやすい位置にボールが来る直前に

ラケットを振りぬくタイミングで反対の足に体重を移動させて

スマッシュします

 

腕の振りですが

ラジオ体操で左右に腰をひねる運動がありますよね

あの動作です

卓球のスマッシュは、後ろから前へ振る動作が大半です

 

 

威力あるスマッシュを打つためには

手だけでなく身体を使って打つことが重要です

 

まずは、自分でボールを落としてみて

打ってみる練習から始めてみるといいでしょう

 

 

 

おまけ

秋が来た!

わたしの1番好きな季節です

うまいものが食べたい!

でも、太りたくない!

永遠の悩みです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です