記事一覧

【卓球 ラバー】多種多様ピンからキリまで裏ソフト

三谷です

本日は

 

裏ソフトの選び方

 

についてお話しします

 

 

 

◆ラバー選びに必要なこと

今回からそれぞれのラバーの詳細を

説明していきます

いきなり全部覚えろ!

というのはむずかしいので

 

ラバーって種類豊富なんだなー

 

とおもっていただければ大丈夫です

 

 

ラバーを買おうとおもった場合

まず必要なことが

 

・ラバーの種類

・ラバーの色

 

これがなければ選ぶことはできません

 

以前の記事で紹介したとおり

ラバーの種類は4種類

ラバーの色はと黒

これを選びます

 

 

 

 

ラバーの種類は

・裏ソフト

・表ソフト

・粒高

・アンチ

の4種類でしたね

 

シェークの方は赤と黒の2枚

ペンの方は赤か黒の1枚、あるいは赤と黒の2枚

選びます

 

 

 

◆裏ソフトの特長

では、それぞれのラバーの特長を

お伝えします

今回は裏ソフトです

 

<画像>

裏ソフト

卓球選手の中でもっとも使われているラバー

・回転をかけやすい

・スピードが出せる

ことから、どんな選手でも使うことになるであろうラバーです

いわゆる万能ラバーですが

回転の影響を受けやすいため

複雑な回転のボールを返そうとおもった場合

工夫が必要です

 

 

 

 

ラケットラバー

これが必要なんだな

よし、これで用具をそろえられる

 

 

 

 

そうおもったあなた

実は、これだけでは選ぶと

かなり苦戦を強いられます

 

なぜでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、同じ裏ソフトでも

何十、何百というラバーが存在するからです

 

 

実際にショップへ行くと

まあこれでもかってくらいに

並んでいるわけです

・2000円くらいの安めのラバー

・3000円くらいのそこそこのラバー

・4000円くらいの性能のいいラバー

・5000円くらいの実力者が使うラバー

・それ以上の一流選手が使うことが多いラバー

 

種類が豊富なのです

 

同じ価格帯でも

たくさんあるわけです

 

何が違うかわからなければ

選ぶことはなかなかできないですよね

 

 

 

では、いったい何が違うのか?

初心者は何を選べばいいのか?

 

 

前置きが長くなりましたが

それをお話しするのが今日の内容です

 

 

 

◆迷ったらこれを選べ

裏ソフトにも種類があり

大きく分けると4種類あります

 

・コントロール系

・高弾性

・粘着系

・テンション系

 

カンタンに説明していきますね

 

コントロール系

価格:2000円前後

弾みが抑えられており、初心者には使いやすいラバー

Ex.フレクストラ、タリビット、マイクロなど

 

高弾性

価格:3000円前後

スピード・スピンが出しやすく扱いやすいラバー

Ex.スレイバー、マークV、ハモンドなど

 

粘着系

価格:3000~5000円

スピンが非常にかけやすいが、少々クセのあるラバー

Ex.タキファイア、トリプル、キョウヒョウなど

 

テンション系

価格:4000円~

スピード・スピンが最も出るが、慣れないと扱いがむずかしい

Ex.テナジー、ファスターク、ラクザなど

 

 

さて、どれがいいとおもいますか?

 

 

 

 

コントロール系!!

で、問題ありません

 

 

 

 

 

ただ、教授としては

高弾性でも問題ないとおもっています

 

ではなぜ高弾性でも問題ないのか

長くなりましたので次回お話しします

 

 

 

おまけ

暑い時期が近づいてきました

わたしは暑いのが大っ嫌いです(笑)

頼む!時よ止まれ!!!