【卓球  レシーブ】大きく2種類に分かれます

三谷です

今日は

レシーブの基礎

 

についてお話しします

 

 

◆レシーブの悩みありませんか?

問題です!

卓球には絶対にやらないといけない

技術があります

それはなんでしょうか?

 

シンキングタイムスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終了です

わかりましたか?

初心者でもプロでも

やらなければならない技術とは

 

・サーブ

・レシーブ

 

この2つです

 

 

最強の攻撃をサーブとするなら

最凶の攻撃はレシーブ

 

そう教授は考えます

 

こちらの思い通りに

展開できるのがサーブ

 

対して

 

相手の展開を外して

こちらの思い通りにできるのが

レシーブです

 

 

しかし、残念ながら多くの方が

 

・レシーブは苦手

・レシーブが返せない

・返しても3球目攻撃される

 

といったお悩みが多いのも事実

では、なぜこういうことになってしまうのか

順番にひもといていきましょう

 

 

 

◆大きく2種類

なぜか!?

それを説明する前に

まずは

 

どんなレシーブが世の中にはあるのか

 

それを見ていきましょう

数にするといくつかありますが

種類は大きく2つです

 

・上回転系

・下回転系

 

に分けてお話しします

 

 

 

◆上回転系

これは、相手のサーブに対して

上回転系それに準ずる回転を加えて返す

レシーブです

 

代表的なのはフリック

黒のユニフォームが打っている動作

kれが、払うレシーブです

攻撃的なレシーブの代表てす

 

他にも

・チキータ

・流す

・リフト

・台上バックハンド

・ドライブ

といったように

いくつかあるわけです

 

上回転系のレシーブの特徴は

・速いラリーになる

・得点しやすい

・下回転系にくらべリスクあり

・レシーブから有利にしやすい

です

 

・レシーブからしかけていきたい

・プレッシャーをかけたい

・速いラリーを展開したい

 

そういう方は上回転系レシーブを

磨いていきましょう

 

 

次に下回転系ですが

長くなりましたので次回お話しします

 

 

 

おまけ

初めてビアガーデンにいきました

店内で飲むお酒とは全然違いますね笑

ただ、わたしはビールが苦手

ビール好きだったらもっと楽しめるんだろうなー^^;