【卓球 ラバー】いきなりテンションラバーをつかうのはありか?

三谷です

本日は

 

テンションラバー

 

についてお話しします

◆テンションラバー

今回のテーマは

テンションラバーを初心者の方が

いきなり使うことはありなのかどうか

という内容です

 

カンタンにですが

テンションラバーについておさらいです

 

 

 

テンションラバーとは

よく弾み、回転もかかることから

基本を習得した方からトッププロまで

幅広く愛されているラバーです

 

代表的なものは

バタフライ テナジーシリーズ
ニッタク ファスタークシリーズ
TSP(XIOM) オメガ、ヴェガシリーズ
ヤサカ ラクザシリーズ

 

が当てはまります

 

これらの卓球メーカー以外にもこぞって

テンションラバーを販売しています

 

・よく弾む

・回転もかかる

 

性能は大変いいのですが

定価4000~6000円と他のラバーに比べ

値段が高いのが難点です

 

テナジーに至っては8000円近くしますから

テナジーじゃなきゃダメだという方には

かなり大きな出費となりそうです

 

 

 

そんな値段が高くても

ユーザーが多いテンションラバー

 

 

卓球をはじめて間もない方が

使うのはありなのでしょうか?

 

 

 

◆ラケット次第

教授からいえることは

ラバー選びにもラケット選びにも正解はない!

 

ただし、合ってないラバーや使いこなせないラケットは

その人にとっては不正解である

といえます

 

いきなりテンションラバーを使うことは

推奨はしないが、止めません

 

ですが、使うとしたら

ヴェガやフライアットなど

4000円くらいの安価なテンションラバー

オススメします

 

それも、5000円前後の木材の合板ラケット

選んだ場合のみです

 

10000円近く、あるいはそれ以上する

特殊素材と呼ばれる繊維が入ったラケットには

いきなり使うことはオススメしません

 

 

 

 

飛びすぎてしまうからですね

 

卓球というスポーツは

飛ばせられればいいというわけではありません

ゴルフじゃありませんからね(汗)

 

・150kmもあるスマッシュ

・1秒間に100回転以上するサーブやドライブ

これらのボールも

相手コートに入らなければ失点です

 

そのため

・飛びすぎを防ぐこと

・自分の力で長短、左右の打ち分けができるようになる

 

これくらいができるようになってから

テンションラバーにしても遅くはありません

 

 

最近のはやりとして特殊素材入りラケットを使って

飛ばさないように打つということがありますが

そもそも、飛ばせる技術があるから

飛ばさない技術が生きるわけです

 

初心者は飛ばさない技術も重要ですが

飛ばす技術を身につけつつ

コントロールできるよう練習していきましょう

 

 

 

おまけ

この前の世界選手権で木材以外のラケットで大会に出場できるようにする

という議題が提出されました

今回は否決となりましたが、近々木材以外のラケットが現れるかもしれませんね

グラム、目の入り、グリップ感などこだわりを持って選んでいた方が多いですが

木材以外だと何にこだわるのでしょうか

ちょっと見ものですね