卓球教授の想い

卓球で受けた悔しさを卓球で喜びに変えませんか?

 

卓球教授をしております三谷伸行と申します

卓球をしていると楽しいこともたくさんあるでしょうが

それと同じくらい

いや、むしろそれ以上に悔しいことって多くないですか?

 

例えば

・サーブが返せない

・レシーブミスが多くてラリーにならない

・レシーブしてもドライブが飛んできてラリーが終わる

・ドライブやスマッシュが入らない

・強い選手がなぜ強いのか、どうすれば強くなるのかさっぱりわからない

 

挙げればキリがないですね(汗)

今は卓球教授という肩書で卓球指導を行っていますが

昔は、喜び以上に悔しさをこれでもかと味わった1人です

 

正直な話、全国大会を始めとするような

大会に勝ち上がったことも出場したこともありません

地元ではまあまあ強いかもしれないが

地元から離れてしまえば大したことはありませんでした

 

 

私がこうして卓球指導をしようと心に決めた大きな出来事は

3つあります

・高校までで選手をやめる

・大学院時代に影響を与えた2名

・卓球専門店で働く

そして、目標を達成するために重要なのは

日々の行動も当然ですが、それに加えて

練習量もライバルの存在も環境ではなく

常識を疑うということでした

 

特徴

◆マンツーマン指導

マンツーマンでの指導をモットーとしています

よくある卓球教室だとグループレッスンです

グループレッスンは多くの方と交流ができる一方で

ホントに教えてもらいたい人に時間をかけることがむずかしいのが特徴です

クラブチームの練習もありますが

指導してくれないケースが多く、自己管理が大変です

 

1人1人が違う人間である以上

・長所短所

・目指す卓球

・その人にあう指導の仕方、練習メニュー

様々です

極力、その人にとっての最適な練習ができるようにしたい

そんな思いから、マンツーマンでの指導をメーンとしています

 

 

◆最終的には考えてもらう

これは強豪校にも当てはまりますが、自分で考えて練習メニューを組むことが意外と少ないです

監督から指示が与えられ、その指示に沿って練習メニューをこなす

それで強くなって成績を収めたとしても

・自分では何すればいいかわからずメニューが組めない

・燃え尽き症候群

なんてことが起こっています

ですので、練習メニューの提案はしますが、メニューの決定やメニュー内容は考えていただいています

仮に卓球から離れることになったとしても、今ある組み合わせから自分自身で考えて自発的に行動ができる

そんな方になってほしいとおもっています

 

 

◆PDCA

多くの卓球教室は、練習して終わり指導して終わりです

重要なのは、練習した後の反省

マネジメントの代表的な言葉にPDCAという言葉があります

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

これをグルグル回すことで、より効果的な練習にすることができます

卓球教室はPDのみがほとんどです

CAができるためのサポートやオプションもつけております

 

 

◆メンタルトレーニング

卓球ではメンタルが非常に重要です

書籍でもありますからね!

しかし、メンタルは重要と言ったはいいものの何をすればいいかわからない

本番に強くなりたい

プレッシャーに負けたくない

9-9や最終ゲームになると負けることが多い

まあよく聞きます

 

メンタルトレーニングも行います

強い選手から聞けるような高い意識を持って練習するなんていう

抽象的なものではありません

 

アテネオリンピックの金メダリストや

大手企業の研修でも行っており

学長はホンマでっかTVなどにも出演しています

トップアスリートも受けているくらいメンタルトレーニングとしての実績はありますので、効果は保証します!
 

 

◆身体の使い方の常識を疑う

今からお話することで、そのとおりだ・間違いないと思うことはあるでしょうか?

あるいは、そういうふうに教わったということはあるでしょうか?

・前傾姿勢が基本
・つま先に重心を置く
・かかとを浮かせてボールを待つ
・体重は拇指球(親指付近)に乗せる
・踏ん張ってパワーを出す
・速いボールを打つには腕力を鍛えればよい
・速いボールを打つために腰をねじって打つ
・フットワークはサイドステップ(反復横跳びの要領)で動く
・強いボールが打てる人は何か特殊な才能がある

どうでしょうか?

実は、これらの項目全て間違いです
1つでもやっている方はホントの身体能力の20%も出せていません。

・楽しく気持ちよく打ちたい
・今のレベルをさらにあげたい
・より上の大会を目指したい
・短期間で確実に上達したい

そんな夢のようなことができるようになります。
今こそみなさんの持っている身体能力を覚醒させましょう。

これを知って試してみたとき、快感にやみつきになることでしょう。