【卓球教室 名古屋】ネガティブな情報は残りやすい

ネガティブな情報は残りやすい

1~2本しか打たれていなくても

強烈に脳内に残ってしまいます

三谷です

今日は

主観と客観について

お話しします

◆1ゲームで何本打たれたと思いますか?

試合で負けて帰ってきた方が

思わず口にしてしまうセリフ

 

たくさん打たれて負けた

 

相手に強打を

何回も何回も

打たれて負けた

ということを示しているのでしょう

 

私にもありました

負けたときは

やたらと打たれた記憶が強いなーってことが

しょっちゅうあったものです

 

◆録画して見てみよう

じゃあ打たれて負けたと

しょっちゅう嘆く方にお聞きしたい

 

実際に試合を

録画して見返したことあるでしょうか?

意外とないんじゃないでしょうか?

過去に私は

お客様のゲーム練習を録画して

振り返ってみたことがあります

 

ここで問題!

打たれて得点されたのは何本だと思いますか?

5~6本とかでしょうか?

いいえ

実はもっと少ないんです

 

◆意外と少ない?

実は

打たれて失点したのは

2本くらいなんです

 

残りは

相手の凡ミス

相手が強打したけど入らなかったから

得点を取っています

 

もちろん本人も

凡ミス

強打したけどミスをして失点した

などたくさんあります

 

2本だけって意外と打たれてないじゃん

 

そうなんです

少ないんですね

にもかかわらずなぜ

たくさん打たれて負けたと

思い込んでしまうのは

なぜなのでしょうか?

 

人はネガティブな情報は

刷り込まれやすいんです

怖いですねー汗

 

もう1つ

これは三谷の予想ですが

たくさん打たれたというのは

ミスしたボールも含めてということが

考えられます

 

打たれて失点したのは2本くらいだが

打たれたがミスになって

本人が得点したのが4本あったとしたら

6本打っていることになりますから

たくさん打たれたと思ってしまうかもしれない

 

 

すべてのゲームで

6本中2本仮に打って失点したとして

結果負けてしまったとします

 

2本しか得点されていないにもかかわらず

1ゲームは6本も打たれていますから

たくさん打たれて負けた

と表現するかもしれません

 

ですが、その情報は

果たして真実なのでしょうか?

 

◆教室では客観的なデータをお渡しできます

たくさん打たれて負けた

それは脳の幻想かもしれません

 

そんなに打たれていなくても

たくさん打たれて負けた

だからやりたくない

 

気持ちはわからないでもないですが

ちゃんと自分を客観視できるでしょうか?

 

強くなるためには

自分を客観視することも大事です

うちの教室では

自分を客観視するために

動画を撮影して

送るサービスも行っています

ご活用ください!