【卓球 サーブ】〇〇サーブが効果的!

このサーブは効果的です

サーブが苦手でも

打たれる可能性はかなり低い

ですからサーブはしっかり練習すべきです

三谷です

今日は

サーブを出すのが苦手でも

オススメのサーブについて

お話しします

◆近年の主流

みなさんはサーブを出すとき

どの辺に出すことが多いでしょうか?

 

近年はチキータを警戒して

フォア~ミドル前付近に

出すことが多いです

加えてバック奥へのロングサーブが

見直されている感じがします

 

これはあくまで

チキータが多い

トップ層の話

 

みなさんはどうでしょう?

おそらくミドル~バック前に出すことが

多いんじゃないでしょうか?

 

◆なぜバック前が多い?

じゃあなぜバック前が多いのでしょうか?

これはおそらく

フォア前に打つと

レシーブで打たれて得点される

でもバックだと

ツッツキでレシーブしてくれる

このイメージが強いからかと思われます

 

トップ選手はフォア前が多いが

そうじゃない選手はバック前に出す

トレンドが違います

 

じゃあなぜフォア前に出すと

レシーブで打たれてしまうのか

答えは明白です

 

◆それは単に長いだけ

長いからですね

サーブが

台の中で2バウンドせず

1バウンドで台の外に出てしまう

 

長くなれば

ドライブでカンタンに打つことができます

 

さらに回転をかけようとして出すものの

中途半端にかかっているため

これまた打ちごろになってしまうんです

 

適度な長さに加え

適度な回転がかかってますから

打って得点することが

カンタンになってしまうんです

 

みなさんは台の中で2バウンドに収まるくらい

短いサーブを出せているでしょうか?

狙った回転と回転量で

出せているでしょうか?

 

もし出せないなら練習あるのみ!

10分でもいいので

サーブ練習はオススメします

必ずやる以上

精度を上げておいた方が

あなたがいざというとき

救ってくれます

 

でもそんな練習する時間がないんです

ボールをたくさん使ってできる機会が

なかなかないんです

という方にオススメのサーブがあります

 

◆〇〇サーブはレシーブ強打されにくい

絶対に打たれないサーブというのは

ありません

レベルがあがるほど

レシーブから攻撃する可能性が

高くなります

 

それでも打たれにくいサーブというのは

存在します

 

それは

ナックルサーブです

 

え?バカスカ打たれるんだけど汗

 

と思った方

次の条件を満たしているでしょうか?

  • 短いこと
  • 低いこと
  • フォア~ミドルであること

 

これらを満たしていると

打つことむずかしいんですね

 

カッコよく決めなくても

ナックルサーブ出しますよー

という雰囲気でいいですから

まずやってみましょう

だまされたと思って

 

それでも打たれる場合

どれか1つを満たしていないときか

バックハンドで打ってきたときです

 

バックハンドで打つ選手は

レベルが高い選手でしょう

その時に出したいのは

バックへのロングサーブ

 

強気にいきましょう

ひるんだら負けです!