ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, サーブ, 中級者以上

【卓球 サーブ】サーブで勝つたった1つの条件

三谷です

今日は

サーブにおいて最も重要なこと

 

についてお話しします

 

 

◆強いサーブ=回転量が多い?

サーブは使いこなすことができれば強力です

サーブで勝つ

これも、極めれば不可能ではありません

 

ですが、お悩みの中に

 

サーブで点が取れない

 

という声をよく聞きます

その理由を聞くと

 

回転がかからないから

 

はたして、回転がかからないから

サーブで点が取れないのでしょうか?

 

 

 

確かに、強い回転がかかったサーブ

強力なサーブの1つではあります

 

 

 

しかし、それだけでは勝つことができません

 

なぜなのか?

そして、強いサーブのたった1つの条件とは

いったいなんなんでしょうか?

 

 

 

◆吉村選手のサーブがなぜ強いのか

今、卓球界を騒がせている

ビッグサーバー(?)がおります

オリンピックでも活躍しました

吉村真晴選手です

 

彼がここまでランクがあがった要因の1つに

サーブの強さがあります

相手選手が、ボトボトと落としたり

ホームランしています(笑)

 

 

世界一のサーブといわれていますが

このサーブの回転を初見で分かった方

いますでしょうか?

 

 

教授は何回も見てもなかなかわからないのですが(笑)

これが、強いサーブのたった1つの条件です

 

 

それが

 

回転のわかりにくさ

 

です

 

 

 

◆回転のわかりにくいサーブの条件

回転がわかりにくいの回転という言葉には

2種類の意味がございます

なんだとおもいますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

・回転の種類

・回転量

です

 

どんなに強い回転でも

何回転かわかってしまえば

返すことはカンタンです

 

めちゃくちゃ回転量があったとしても

下回転ならラケットを上に向ければ返りますし

上回転ならラケットを下に向ければ返ります

 

しかし、何回転か

あるいは、回転量がわからなければ

返球する難易度が一気にはねあがるのです

 

回転量がわからないと返球がむずかしくなるの?

 

っておもいませんでしたか?

 

 

 

下回転とわかっていたとしても

強い回転の時と弱い回転の時で

ラケットの角度や力加減を変えなければ

ミスしたり、チャンスボールとなってしまうのです

 

 

この続きをそのままお話ししたいところですが

長くなりましたので次回にします

 

 

 

おまけ

台風怖い^^;

変な軌道で移動する台風がありましたね

ここ最近台風が多くちょっと怖いですね

くれぐれもお気を付けください

マンツーマンレッスンを受けてみる