ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, サーブ, 中級者以上, 理論

【卓球 サーブ】サーブはマジックであるための要素

三谷です

今日は

わかりにくいサーブを出すためのポイント

 

を順を追って説明していきます

 

 

◆3つの要素

前回の続きです

サーブの回転をわかりにくくするためには

・角度

・当てるタイミング

・モーション

の3つが重要でした

 

では、この3つの言葉が表している意味を

説明していきます

 

 

 

 

◆角度

角度を変えることによって

変わってくるのは回転の種類です

 

たとえば巻き込みサーブ

今非常にはやっている

逆横回転が出せるサーブです

どこかしらで出している方を見たことないでしょうか?

 

このサーブも

回転をかける際に

角度を変えてしまえば

真逆の回転を生み出すことができます

 

ラケット面を上に向けて出せば

横下回転

ラケット面を身体に向けて出せば

横上回転

となります

 

ちょっと角度を変えるだけで

2種類のサーブが出来上がりです

加えて、回転をかけずに出せば

ナックルサーブの出来上がり

3種類できてしまいました

 

といったように、角度を変えるだけで

回転の種類が変わります

サーブの種類が少ない方は

ぜひ、角度を変えるという考えを取り入れてみてもいいでしょう

 

 

 

◆当てるタイミング

横回転サーブ

多くの方が出すのではないでしょうか

この横回転サーブも

ボールを当てるタイミングを変えるだけで

回転の種類が変わってしまいます

 

ヒジを中心にして

振り子のように前腕を使い

後ろから前へスイングして

横回転を出す場合

 

振り始めから腕が床に向くまでに擦ると

横下回転

腕が床に向いてから胸に向かって振り切るまでに擦ると

横上回転

となります

 

これを応用して活躍している選手が

神選手です

神選手のサーブ理論

短いですが、話を聞くとすごく深くタメになります(笑)

 

彼はヒジを中心にフォロースルーをうまく利用して

・下回転

・上回転

を出しわけています

 

 

 

では、最後にモーションについてお話ししますが

長くなりましたので次回お話しします

 

 

 

おまけ

秋になったからか

いろんなものが食べたい衝動に駆られています

太るのが怖い^^;

マンツーマンレッスンを受けてみる