ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 中級者以上, 理論

【卓球 動画】撮影したビデオを見るときに注意すること

三谷です

今日は

撮影したビデオの見方

 

についてお話しします

 


 

 

◆ビデオ撮影していますか?

突然ですが

みなさんは、ビデオで撮影したことあるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

いたりいなかったりってとこじゃないでしょうか

 

ビデオ撮影をしなければならないのかというと

 

絶対に撮らなければならない

というシロモノではありません

 

が、撮っておいてソンはありません

と、教授は考えます

 

強い人はみんなやってますよね

 

 

今回は

普段から試合の様子を撮っている方向けに

どのように見ると効果的かお話ししていきます

見方が少し変わるかもしれませんね

 

 

 

◆ビデオの見方は大きく2つ

ビデオでプレーを見て反省する際

役割が大きく2つあります

それは

 

・自分を見る場合

・相手を見る場合

 

この2つです

では、それぞれのプレーの見方を説明していきます

 

 

 

◆自分を見る

動画を撮る方の目的の大半はこちらではないでしょうか?

自分を見ることで、客観的にわかってきます

 

・得点、不得意パターンがわかる

・フォームなどの改善点がわかる

・勝敗の理由がわかる

・調子がいいとき悪いときがわかる

 

これらがわかると

今後の練習や試合にいかせますよね!

 

いかせるようになれば

試合で勝てる確率もグッとあがります

 

 

 

◆相手を見る

今度は、対照的に相手を見る場合です

試合前などに見て

相手の情報を頭に入れておくことができます

 

・相手の得点、不得意パターンがわかる

・サーブ、攻撃コース、レシーブの種類がわかる

・調子がいいとき悪いときの状態を把握できる

 

 

ただし、強い相手の場合

 

勝てない、ムリだ~

 

と、諦めモードになってしまうかもしれませんね(汗)

 

 

 

◆ビデオを見た後で重要なこと

ビデオを見て、実際にプレーすると

どうしてもダメなところが気になってしまう

そんな方はいませんでしょうか?

 

それを意識して練習すればするほど

実は、練習効果が期待できません

 

効果があったりなかったり、どっちなんや!?

 

これの結論は

効果はあるが、意識しすぎれば効果がなくなります

 

ですので、教授的にオススメの見方は

 

・強みを伸ばしたいのか、弱点を克服したいか決める

・ビデオを一通り見る

・自分なりにポイントを整理してみる

・練習するまでに必要なことを考えておく、もしくは相談する

・練習ではダメだとかは、一切考えず練習する

・うまくいった点、いかなかった点を反省する

 

この流れで、よりビデオの効果が期待できるでしょう

せっかく撮ったビデオ

ムダにはしたくないですよね!

 

 

 

おまけ

あと1月半です

今年立てた目標は達成できそうでしょうか?

おかげさまで、指導を受けたい方が少しずつ増えてきており、うれしいです

来年は、ブログやメルマガを見て、指導を受けたい方がたくさん増えると大変うれしいです

マンツーマンレッスンを受けてみる