ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 初心者, 理論

【卓球 上達】書籍には強くなる秘訣あり!

書籍には強くなる秘訣が隠れています

読んでみましょう

三谷です

今日は

書籍

についてお話しします

◆書籍

みなさんは

書籍(本)を読んでいるでしょうか?

 

卓球に関するものはもちろん

卓球以外のことも含みます

 

卓球とは一見関係なさそうな本でも

卓球に関係したりすることもあります

 

◆なぜ書籍がいいのか

書籍を読むということは

インプットをするということです

 

学校の勉強に例えると

大変わかりやすいかと思います

 

  • 学校の授業を受ける
  • 宿題をこなす

 

これがインプットです

引き出しを持つ

と表現することもできますね

 

インプットだけでいいのか?

 

そうもいきませんよね

 

学校の授業を受けるのは

  • 単位を取るため
  • 試験で得点をとるため
  • さらには受験をパスするため

でもあるからです

 

勉強したこと学んだことを

TPOに合わせて形を変え表現することを

 

アウトプット

 

といいます

 

引き出しの中を取り出す

と表現することもできるでしょう

 

学校の授業以外でも

インプットできる場所は

多々あります

 

その1つが書籍

書籍のアウトプットは

学校の試験とは違い

決まり切った形で示すことがむずかしい

 

この

インプットの量と

アウトプットの量が

多ければ多いほど

人は賢い・博識と呼びます

(ウケがいいかはさておき)

 

インプットとアウトプット

別に勉強や知識に限ったことではありません

 

スポーツだって同じです

練習=インプット

試合=アウトプット

と表現できますね

 

試合で勝つために練習するわけですから

インプットとアウトプットがつながっていないと

何もできず終わってしまうわけです

 

 

負けてしまう原因を

インプットとアウトプットの観点から分析すると

大きく2つのことがあげられます

 

  • インプットもしくはアウトプット不足
  • アウトプットのタイミングを誤る

 

インプットとアウトプット不足は

練習量や本番で力を発揮できず終わったパターン

普段から本番も意識した練習をやりましょう

 

じゃあもう1つ

タイミングを誤る

これの練習には

卓球する以外に

書籍が使えるのではないかと考えています

 

◆引き出しを持つと中を出す

引き出しをただ持てばいいかというと

そうでもない

 

中を出すための引き出しですから

出しやすいようにしておく

必要があるんじゃないでしょうか?

 

以前お話ししたノートに書く

これは引き出しの中を出すに

当たります

 

そして書籍を読むことは

引き出しを持つに当たります

 

さらに、文章を読み

筆者が何が言いたいか

何が大事なのかを考えて抜き出す

言葉を示すことは

引き出しの中を出す練習になりますね

 

つまり書籍は

使い方をしっかりすれば

引き出しを持つことも中を出すことも

できるようになります

 

書籍を読むこむことでも

卓球の技術とまではいかないものの

立派な練習になります

 

ぜひ実践してみましょう!

マンツーマンレッスンを受けてみる