ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 中級者以上, 初心者, 理論

【卓球 フォア】クロスとストレートを打ち分ける

フォアでクロスとストレートを打ち分ければ

得点力はあがります

三谷です

今日は

フォアでクロスとストレートに打ち分ける方法

についてお話しします

◆一般的に打ち分けってどうやるのか

バックに来たボールを

バックハンドでクロスとストレートを

打ち分けるのは

フォアのそれに比べてカンタンです

  • 身体の向きを変えること
  • ラケットの向きを変えること

これだけで打ち分けられます

 

じゃあフォアは?

ということになります

 

もちろんフォアも

身体の向きを変えること

ラケットの向きを変えること

で打ち分けることができます

 

ですがフォアはバックより

動かせる箇所が多くなります

続けるくらいのラリーでしたら

まだできると思います

 

これがフォアの強打で得点したいとき

なかなかストレートに打てない

そういう方いらっしゃるんじゃないでしょうか

 

◆打球点を遅らせるとどうなるか

フォアに来たボールを

フォアハンドでクロスやストレートに打ち分ける場合

一般的には

  • スタンスの向きを変える
  • 打球点を遅らせる

方法を使って打ち分けます

 

ですがこれにはデメリットがあり

スタンスを変えてしまえば

カンのいい方は

ストレートに来ると気づくことでしょう

 

打球点を遅らせると

打ち方が変わるため

ミスが増えたりワンコースしか狙えなくなったりと

実践で使うとなると厳しいのかなという印象を持ちます

 

じゃあ実践で使えて

打ち分けもタイミング変えることなく

フォアで決めに行くボールを打ち分けるには

どのようにしたらいいでしょうか?

 

◆決めに行くならボールの内と外で打ち分ける

私がやっている方法をご紹介します

まずクロスへ打つ場合

バックスイングをとります

自分から見てボールの外側をとらえるように打ちます

巻き込むイメージです(実際には巻き込みません)

 

ストレートに打つ場合

バックスイングをとります

自分から見てボールの内側をとらえるように打ちます

ラケット面を開き横回転をかけながら打つイメージです

 

打つタイミングはほとんど同じです

身体を回転させますから

身体の中心付近にボールが来たらインパクト

ボールの外側なのか

内側なのかでコースを変えています

 

これでカウンターが狙えるようになると

ホントに得点できるくらいの技術に化けます

マンツーマンレッスンを受けてみる