ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 初心者, 理論

【卓球 上達】上達したいなら違和感を楽しめ!

上達したいなら違和感を楽しみましょう

三谷です

今日は

違和感を楽しむことについて

お話しします

◆違和感

みなさんは

違和感

についてどういう考えを持っているでしょうか

 

意味はしっくりしない感じ

と辞書に記されていますが

 

違和感と聞いて

いいイメージをもつか

悪いイメージをもつか

 

多くの方は

悪いイメージをもつんじゃないでしょうか

 

なんかヘンな感じの違和感を覚えたら

なんとかして違和感から逃れたい

そういう気持ちでやるんじゃないでしょうか

 

◆教わったら最初は必ず違和感が出る

例えば強くなりたくて

卓球を習ったとしましょう

習うのも初めてだと

違和感がつきまといます

大きさは個人差がありますが

やったことないのですから

当然ですよね

 

この違和感を覚えたまま

最初の時より

大幅な改善が見込まれ

はたから見たらうまくなっているのであれば

信じてそれをやり続けていくことで

短期で上達が望めます

気づいたらその違和感も

心地よいものへと姿を変えることでしょう

 

ですが、中には

その違和感から逃げるように

元に戻ろうとする方もいます

  • クセが強くて元に戻る
  • 違和感があって気持ち悪い
  • プライドが邪魔してやりたがらない

など原因はいくつか考えられます

なかなかうまくいかないんですよねー

と言葉ではいうものの

私にあったやり方ってもんがあるんだよ(心の声)

という具合に一切やろうとしない方もいます

 

ですが、うまくなりたいと思って

習いに来たのに

自分に合ったやり方しかやりたくないって

もったいなくないですか?

 

今までのやり方でがんばってきた結果が今です

となるとさらなる上の結果を出すには

何かしらを変える必要があります

それを理解・納得しないと

なかなか上達しないんですね

プライド高い方はより意識して素直になりましょう、ここは

 

上達できない方の特徴の1つに

アドバイスされたことを全くやろうとしない

というのがあります

 

嫌な人からのアドバイスは

聞きたくないという気持ちはわかりますが(笑)

うまくなりたい、強くなりたいのであれば

まずはいわれた通り素直にやってみることが

上達の1歩です

 

◆まずはやってみる

いわれたことはまずはやってみる

これが上達のコツです

やってみてやっぱりおかしいのであれば

戻してもいいんじゃないでしょうか

ですが、アドバイス受けたことをやってみて

周りはみんなうまくなっているというが

自分だけが違和感を持つのであれば

続けてみることをオススメします

 

そのやり方で安定して入る

パワーが出るならなおさら続けましょう

それを続けていくことが上達であり

今のあなたに足りないものです

 

◆違和感をモノにすると上達速度が速くなる

最初は違和感を覚えることでしょう

ガマンすることもあるかもしれませんが

  • 打ってて気持ちいい
  • 今まで入らなかったボールが入る
  • ミスが少ない

こうなってきたら

少しずつ楽しくなってくるんじゃないでしょうか

一気に上達速度が上がる道に乗っかった証です

 

ここまでくればあとは練習あるのみ

  • 勝てなかった選手に勝てるようになった
  • ベスト戦績を出した
  • 表彰された

結果となって表れてくるのは時間の問題です

 

学び始めはみんな違和感が出ます

ですが、この違和感をどうとらえるかで

いいものにも悪いものにもできます

違和感をプラスにとらえて

自分のものにしていきましょう

 

 

 

アドバイスを受けたやり方で

何となく違和感あるならまだしも

肩や腰に違和感を覚えるといった

身体に影響が出たら

いったんやめた方がいいでしょう

やりすぎるとケガする恐れがあります

マンツーマンレッスンを受けてみる