当店では正しいフォームを一切教えません

正しいフォームの重要性

お客様をコーチしていますと
「正しいフォームを教えてほしい」
「振りがおかしいから正しいやり方にしてほしい」
と聞かれます

そのお気持ちは大変よくわかります
確かにこんなフォームで打てると
カッコいいし強そうに見えます

私なりの結論から言いますと
正しいフォームを覚える必要はありません

もっと正確にいうのなら
正しいフォームは身体の使い方を覚えることで自然とできあがります
そのため、巷にあるような型にはめた正しいフォームは覚える必要はありません

よって当店では
巷の正しいフォームを教えることは一切いたしません

そんなこといっても
フォームがおかしくて指摘される
フォームが正しい人はみんなうまいじゃないか

そういいたい気持ちもわかります
じゃあなぜ、正しいフォームは覚える必要はないのか?
2つ理由がございます

一般的に言われる正しいフォームは意識することが多すぎる

こちらの記事を参考にしました
ドライブを覚えたいとしましょう
その場合
こちらの記事を抜粋しますと
・肩幅より少し広めに足を広げ、(右利きの場合)左足1個分前
・股関節を中心に腰をひねる
・右足にためた体重を左足に移動
・ボールの上側をとらえてインパクト
・手の力を抜いてスイングに入り、インパクトの瞬間にグリップをぎゅっと握る
・ラケットの重みを感じるように腕、手首、手はリラックスして、インパクトでぐっと力をこめて振りぬく
・フリーハンド(ラケットを持たない方の手)は、軽く曲げてリラックスさせておく
・手首は柔らかくして、インパクトのときに下から斜め上に振りぬく
・インパクトでボールを巻き込むように振り上げる。基本は肘が伸びないようにする
・肩幅よりも少し広くスタンスを取る
・バックスイングと同時にひざを曲げて、スイングするのと同時にひざを伸ばす
・股関節を入れるようにして、左から右に腰を回転させる
12個もあります

ぐっちぃさんの動画でも
・身体の力を抜きリラックス
・ラケット面はほぼ直角
・肩幅は少し広く、左足1歩前
・前傾姿勢を取る
・ヒザを少し落とす
・身体の斜め前で打つこと
・股関節を使って重心移動する
・斜め上にスイングすること
・フリーハンドを上にあげること
9個あります

卓球を知っている方はすんなりできますが
・卓球始めたばかりの初心者
・うまくなりたくて焦っている初級者
・我流で打てるようになった方
にはこれをすべて意識してやろうとするとかなりむずかしい

もしこれが正しいフォームだとして
覚えようと意識すればするほど
身体はどんどん固くなっていきます
最も大事なリラックスができなくなってしまうんですね
結局おかしくなってしまい、できずに終わってしまうのです

正しいフォームはあなた自身の身体が1番よく知っている

正しいフォームという言葉をあえて
私が定義するなら

自然に打てること

そのため、型にはめた正しいフォームは必要ではありません
当店でも巷の正しいフォームというものを教えたりはしません

フォア打ちを例に挙げるなら
当店でお伝えしている意識するポイントは
・回転運動
・腕
の2つだけ
これらを意識できるような動作をして卓球に落とし込むだけなのです

実はトップページに載せている動画の彼もこの2つを意識しただけでラリーが続けられるくらい
打てるようになっています

090-9264-4970
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【今池駅 7番出口より徒歩7分】
〒464-0848 愛知県名古屋市千種区
春岡1丁目11−23 オルバス春岡 1F

■営業時間 平日 15:00〜21:00
      土日祝 12:00〜18:00
■定休日 不定休

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP