ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, メンタル, 理論

【卓球 上達】卓球において優柔不断は害悪

優柔不断は害悪

卓球において

優柔不断は害悪と呼んでもいいでしょう

 

三谷です

今日は

優柔不断

についてお話しします

◆優柔不断

優柔不断とは

気が弱く決断力が乏しいこと

と辞書には記されています

 

優柔不断にもいくつか特徴があるそうで

  • 何かを選ぶとき些細なことが気になってしまう
  • 決断を先送りにしてしまいがち
  • 決断する際、自信をもって選べない
  • 自分の選択が他社と違うと不安になる

これらの度合いが強いほど

優柔不断といえそうです

くわしくはこちらからどうぞ

 

◆卓球においてそれは大事か

こと卓球では

自分が打ってから戻ってくるまで

1秒かかりません

 

その時間内に決めなければ

打ち返すことができずに

失点です

 

これは三谷の経験でもあるのですが

何となく返すことが多く

カンタンに得点される方も

優柔不断が多い気がしてます

 

こうすれば相手はこうなるから

ここに打とう

となかなか決めることができないので

ボールに合わせて

なんとなくな返球になってしまいます

 

◆決めてないから起きる

優柔不断になってしまうのは

決めていないこと

カンペキなものを求めてしまう

これが原因なのではと感じます

 

決めていない

これはまずどんな卓球にしていきたいのか

決めましょう

そこからです

 

カンペキなものを求めてしまう

カンペキにしたい気持ちは大変よくわかります

ですが

カンペキにすることはできないことを

頭に入れておいてほしいのです

 

カンペキに近づこうと

練習するのはオッケーです

自分の中で納得いったら

次に移りましょう

マンツーマンレッスンを受けてみる