ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 戦術, 理論

【卓球 上達】早さがすべて…ではない!

早さがすべてではない!

卓球は早さも大事だが

早さがすべてではないです

 

三谷です

今日は

早さ

についてお話しします

◆早さとは

卓球での早さは

重要な役割をします

 

例えば

  • フットワークの早さ
  • 打球点の早さ
  • 戻りの早さ

 

早さの意味合いは少し変わりますが

  • ボールスピード
  • スイングスピード

 

これも速さとして重要であると

認識されています

 

今回は早さでも

打球点に焦点を当ててみましょう

 

◆早さはホントに大事なのか

フットワークの早さ

戻りの早さ

は早いほどいいですね

 

じゃあ

打球点の早さ

これはどうでしょうか?

 

確かに早いほど

得点率はあがるでしょう

ですがこれは

自身もむずかしいというリスクもあります

 

さらに相手も慣れてしまえば

合わせてくるでしょう

 

早さは得点できるメリットもありながら

扱いがむずかしく失点しやすい

というデメリットももっています

デメリットを考慮せず

点とれるから打点を早くしろ

と念仏のように唱えるのは

疑問を覚えてしまいますね

 

◆早さ以外で点を取る

じゃあ早さ以外で

どうやって点を取ればいいのか?

 

代表的なのが

  • コース
  • 回転

この2つでしょう

 

コースなら

左右と前後

ミドルに打ってもいいですね

 

回転ですと

回転量が少ないものと

めっちゃかかってるもの

この落差で点を取りに行きます

 

他にも

  • 打球点を遅くする
  • 横回転を加える
  • 高さを変える

 

などたくさんあります

打球点が早いことは得点とるための1要素であって

それがないと得点できないかといわれると

そうでもない

 

これらをうまく組み合わて

点を取ります

バカの1つ覚えで早く早くとやっても

効果は薄いです

マンツーマンレッスンを受けてみる