【卓球 メンタル】初心忘るべからず

初心忘るべからず
初心はものすごく大事
三谷です
今日は
初心
についてお話しします

◆初心忘るべからず

初心忘るべからず
この言葉の意味は
 
何事においても
始めた頃の謙虚で真剣な気持ちを持ち続けていかねばならないという戒め
 
とされています
 
卓球始めて数か月という方もいれば
数年、数十年という方もいます
 
長年経てば経つほど
始めたときの気持ちや
初めて勝ちを得るために練習した情熱など
忘れてしまいがち
 
そういう思いを
忘れることなくいましょう
という意味です
 

◆卓球をやる理由

みなさんは
なぜ卓球を始めたのでしょうか?
 
スタートのきっかけは色々あるでしょう
今は世界卓球が毎年放映され
新聞でも取り沙汰されているので
興味関心という点では
高いといえるでしょう
 
卓球を始めようと決め
ラケットなど道具一式をそろえ
卓球うまくなろうと始めます
 
じゃあ、ゴールはどこでしょうか?
何かのきっかけで卓球を始めた
うまくなっていくうちに
〇〇したい
〇〇になりたい
と何かしらの欲求が出てきてもおかしくありません
 
じゃあ、その欲求をゴールという
形にしてみてはどうでしょうか?
 

◆最終目標

何となく

  • 勝ちたい
  • 強くなりたい
  • うまくなりたい

では、なかなかゴールを達成することはできません
 
そんな方は
 
卓球を通じてどうなりたいのか
 
ここを決めることで
 
その目標を達成するために何が必要で
毎日をどのように過ごしていけばいいのか
考えるようになってきます
 
1日1日をムダにしてはいけません
最終目標を決めて練習していきましょう
 
うちの教室では
最終目標というゴールを決めてから
技術や点の取り方といったことをコーチングしています
いくらすばらしいテクニックを身につけたところで
肝心な場所で発揮できなければ
意味がありません!

090-9264-4970
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【今池駅 7番出口より徒歩7分】
〒464-0848 愛知県名古屋市千種区
春岡1丁目11−23 オルバス春岡 1F

■営業時間 平日 15:00〜21:00
      土日祝 12:00〜18:00
■定休日 不定休

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP