ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, メンタル, 理論

【卓球 メンタル】認めよう!まずはそれからだ!

選手を認めましょう

伝えたいことがあるかもしれないが

まずは認めることからです

三谷です

今日は

認める

ということについてお話しします

◆認める(承認)してますか?

特にコーチや指導者

監督として活躍している方に

お聞きしたい

 

選手を認めているでしょうか?

練習がんばっていることを

認めているでしょうか?

創意工夫して強くなろうと

試行錯誤していることを

認めているでしょうか?

 

不思議なことに

認められると成績が伸びることは

よくあります

 

◆認める≠褒める

勘違いしてほしくないのは

認めるってようは

褒めればいいんでしょ?

という考え方

 

認めると褒めるは

全然違います

 

よく選手を褒めて育てるとよいと

名監督の書籍や

メディアでお伝えすることがありますが

何でもかんでも褒めればいいってわけでもないです

 

認めるというのは

褒めることも

叱ることも含まれており

いい意味で

あなたをチェックしていますよ

あなたをちゃんと見ていますよ

というメッセージ

 

伝わらなければ効果が薄いといえるでしょう

 

伝わらない代表的なものが

頭ごなしに怒るという行為です

 

◆頭ごなしに怒るとついてこなくなる

言いたくなる気持ちはわかります

自分の中ではカンタンだろう

できるだろうと思っていても

選手がなかなかできない

 

その時につい言ってしまう言葉

 

なんでできないの?

 

選手からしたら

一生懸命やってるんだよこっちは

と思います

 

当然ですよね

みなさんだってそうじゃないですか?

卓球でもいいですし

趣味でも

家事・掃除でも

しっかりやっているのに

 

ちょっとしたミスを指摘されて

なんでそんなこともできないの?

といわれると腹立ちませんか

 

選手もまったく同じ

頭ごなしに怒られれば

当然腹が立ちます

 

そんな状況で

結果を出せと言われても

出しにくいことが

カンタンに想像できるんじゃないでしょうか

◆認められないのは本人が認められてないから?

この認めるという行為

意識すればカンタンにできます

 

結果を認めたり(これはよくやりますね)

プロセスや存在を認めたり

意識を認めたり

 

いろんな項目に対して

認めることができます

 

ですがなかなか

認められない方もいます

 

俺はもっと〇〇やってきたんだ

 

とか言って

ひねくれてしまうタイプですね笑

 

こうなってしまう原因は

おそらく

その方が周りから認められていない

もっと認められたい

という意思の表れなんじゃないかなと感じます

 

そういう方ほどまずは

周りが協力して

認めてあげる必要があります

自分で認める(自己承認)できればいいですが

やろうとすると

違和感や気持ち悪さを感じることもある

 

自分1人でやるのがお手軽ですが

効果が薄い場合は

周りの協力もあると

よりその方が自分にも

相手にも認めてあげやすくなります

 

こうなれば結果が出てくるのは

目前ですね!

マンツーマンレッスンを受けてみる