ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, トレーニング, フットワーク, 理論

【卓球 フットワーク】相手が打ってから動きます

相手が打ってから動くのが基本です

三谷です

今日は

回り込みはどのタイミングで動くのがいいか

についてお話しします

◆回り込みのタイミングはどこで動き出しますか?

みなさんは回り込む際

ボールが来てから

どのタイミングで動き出すでしょうか?

 

本来はバックハンドで打ちたいけど

苦手で打てない

バックハンドはブロックのみ

フォアハンド主戦で戦う

回り込みを主軸として攻める

そういう方は必然的に回り込みが多くなります

 

じゃあどのタイミングで回り込みのために

動き始めるでしょうか?

 

◆相手が打ってから動くのが基本です

コーチしているとこういう方がいます

私が打つ前から

回り込みし始めている

 

私が速いドライブを打とうとして

それをカウンターしたいから

回り込んで打つということなら

わかる話です

早い段階で動き始めないと

間に合わないから

 

ですが、ツッツキですら

私が打つ前から

回り込みしようと

動き始めるわけです

これってけっこう危険な行為じゃないです?

例えば

  • 短く落とした
  • 反対方向に打ってきた
  • 厳しいコースに狙ってきた

 

どうでしょう?打てます?

厳しくないでしょうか?

反応して慌てて返すことはできますが

求めていた打球とは全然違うものになってしまいますよね

 

こうしてしまう原因はいくつかあります

フットワークが遅いというのもあるでしょう

フットワークだったら

早く速く動けるよう練習する必要があります

 

動き出しが遅いというのもあるでしょう

動き出しが遅いからスタートを早くせざるを得ない

よって打つ前から動き始めるわけですが

それでは来てほしいところに来なければおしまいです

前回のボールをよく見て打つと関係がありそうですね

 

回り込みしてフォアハンドを決める場合

相手が打ってから動くのが基本です

ですが、例外はもちろんあります

 

◆例外とはどんなときか

例外とは

このコースにしか返してこないと

わかりきっているときです

そのような状況にするにはいくつか方法があります

例えば

  • 厳しいコースに入れたとき
  • チキータやロングサーブなどの速いボール
  • 緩急の急で攻めたとき

そんなボールを打った後

もし回り込んで打つと決めたなら

打つ前から回り込み始めても

来てほしいボールが来ることが期待できますね

 

 

 

回り込みフォアがカンタンに決まるような

細かい戦術もお伝えしています

知りたい方はご相談ください!

ラインからでもいいですよ!

マンツーマンレッスンを受けてみる