ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 初心者, 理論

【卓球 上達】つくろう!自分の卓球軸を

あなたはどんな卓球がしたいか

決めていますか?

三谷です

今日は

どんな卓球をしたいか決めると強くなりやすいです

ということについてお話しします

◆どんな卓球がしたいのか

みなさんは

どんな卓球がしたいのか

決めているでしょうか

 

例えば

  • 5球以内で終わらせる卓球
  • ラリーを制す卓球
  • フォアでガンガン攻める卓球
  • 台から離れずカウンターで仕留める卓球

などたくさんあります

 

こんな感じでやりたい卓球を先につくってしまえば

それに必要な技術を考え

練習で身につけていく

それができると練習効率は

かなりあがる感じがしませんか?

 

ですが、残念ながら

それを決めていない方が多いんですね

コーチや先生などの指導者から

言われたことをただ何となくやって

何となく時間を過ごしてしまうと

気分よく練習できたという感情は残ります

楽しくやりたい方はそれで問題ありません

そうやってやっていけば満たされることでしょう

 

だけどもし

もっと強くなりたい

もっと上を目指したい

という気持ちが少しでもあるなら

この考えを変える必要があります

 

◆軸が決まっていないとムダな練習する可能性大

仮にフォアでガンガン攻める卓球をやると

決めたとしたらどうでしょう

必要な練習が見えてきませんか?

例えば

  • 回り込みや飛びつきできるフットワーク
  • フォアで得点しやすい横回転系のサーブ
  • 確実に入れられるように連続でドライブする
  • ブロック後の5球目攻撃
  • 台から離れても得点できる中陣からのドライブ
  • フォアが打てない場合打つ安定したバックハンド

という具合です

優先順位も決まってきますね

フォアハンドやフットワーク、サーブの練習は優先順位が高くなり

バックハンドやチキータのようなレシーブは優先順位が下がります

優先順位が高いことは時間を取って毎回練習をし

低いものは時間を減らしたり

空いている時間を使って練習するなどで

優先順位が高いものを重点的にやっていきます

ここまでが基本メニューとして

卓球軸を使ったうえで

自分なりのカット対策や粒対策を追加して

システム練習する

というようなこともできますね

試合でも軸をベースに相手によって使いどころを考えれば

点を取りやすい武器となり

負けても練習と試合の比較をした上での

反省や改善点を出しやすくなり

今後の練習に生かしやすい有効な改善案が見えてくるでしょう

 

ですが、軸がまったくないと

そもそも練習メニューを明確に設定することができないんですね

  • やりたい練習をやる
  • なんとなくやる
  • 気分で練習を変える

時間だけが過ぎていき

練習やった気になってしまう

いざ試合でやろうとしても

なんとなくやってきているわけですから

なんとなくした卓球をしてしまい

負けても反省内容が

ミスが多かった

もっと攻めないといけない

といった実入りの少ない反省ばかりしてしまうので

今後の練習に生かせそうな

効果的な改善案が出てきません

 

でも、そんな軸どうやって作ればいいの?

 

そう思う方もいるはず

いろいろ方法はありますが

今回はトップ選手を使って軸を作る方法を

紹介します

 

◆目指したい選手は軸を作る参考モデル

みなさんはこうなりたい

そんな選手はいるでしょうか?

水谷選手や張本選手

伊藤選手といった日本選手でも

馬龍選手やティモボル選手といった

海外の選手でもかまいません

 

こうなりたい選手が決まったら

まずはマネしましょう

マネしやすいところからで問題ありません

  • サーブ
  • 構え
  • フォアハンドやバックハンド

特に選んだ選手のこの技術が気に入っている

そういうものがあれば

まずはそこを徹底的にマネするようにしましょう

そしてこう考えてみたらどうでしょう

  • なぜそんなボールが打てるのか?
  • どうやってそのボールを打てるようにしているのか?
  • そんなボールを打つためには何が大事なのか?

少しずつで構いませんから

考えていきましょう

紙に書いてもいいですね

 

これらを繰り返していき

必要な技術項目を洗い出したら

普段の練習メニューに落とし込んでいきます

あとは実践あるのみです!

 

 

 

それでも自分にあっている軸がわからない

こんな卓球がしたいけどどうすればいいかわからない

そんな悩みがありましたら

三谷にご相談ください

技術コーチはもちろん

点の取り方やメンタルもコーチしてますので

お気軽にご相談ください!

マンツーマンレッスンを受けてみる