ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, メンタル, 理論

【卓球 メンタル】ポジティブな言葉に置き換える

ポジティブな言葉に置き換えましょう

何か気になったことがあるなら

指摘するのではなく

ポジティブな言葉で伝えましょう

相手の受け取り方が全然違います

 

三谷です

今日は

ポジティブな表現

についてお話しします

◆指摘して伝えてませんか?

〇〇がダメ

××がおかしい

もっと〇〇しろ

 

コーチや先生はもちろん

親御さんもそういう指摘をする方

いるんじゃないでしょうか

 

言った本人はともかく

言われた方は

どんな気持ちになるでしょうか?

 

うるさいなー

 

くらいで済めばマシです

ひどいと

 

やる気をなくす

甘えにつながる(自分で改善しなくていいから)

勝負所で負ける

 

こんなことになりかねません

 

それを見かねて

もっとやる気ださんか

だから負けるんだ

〇〇さんはこうなのに何でお前は

とかいってしまったら最後

 

完全にその競技から離れてしまいます

 

◆いろんな言い方があるのになぜ指摘?

彼らはなぜ

指摘をしてしまうのでしょうか?

 

ホントはその方に対して

 

上手になってほしい

試合で成績を残してほしい

 

そう思って伝えるはずです

 

にもかかわらず

普通に伝えても

直る気配が見えず

望んだことと真逆の結果になってしまう

 

理解していないと判断し

語彙を強めたり

きつい言い方をします

 

強めたところで

聞く気がありませんから

受け取られるはずがありません

 

あるいは

 

理解できていない

どう直したらいいかわからない

変化するのが怖く直せない

 

こういうケースもあるでしょう

 

◆その指摘は誰のため?

じゃあ角度を変えて

その指摘は誰のために言っているのでしょうか?

 

もちろん

伝えた本人のためだ

 

そういう方は多いです

 

 

ホントにそうでしょうか?

 

その方のために伝えるのだとしたら

もっと伝わるような言い方だったり

情熱や想いだったりを伝えても

いいんじゃないでしょうか?

 

ですがそれは伝えずに

気になったことを指摘して伝えるわけです

 

指摘するって

伝えている自分のためなんじゃないでしょうか?

 

コーチらしい仕事をしていてカッコいい

よくない点をズバッといえるなんてサイコーだ

これで直ってくれるだろう一安心だ

こういう指摘を受けて育ったからこうするのが当然だ

 

など、そんな思いがあるから

そういう言葉づかいでしか

伝えることができないってのはあり得ます

 

◆ネガティブからポジティブにするためには?

指摘指摘とネガティブから

ポジティブにするためには

どうしたらいいでしょうか?

 

認めること

話を聞くこと

 

この2つを徹底しましょう

 

え?そんだけ?

 

はい、それだけです

これを常にやることです

 

やってみるとわかります

やり慣れない方がやると

ヒジョーーーーにむずかしい

 

言いたいことあっても

まずは相手が話をしているのを聞く

その上でじっくり吟味して

認めるわけです

 

選手が技術練習などして

上を目指すためにやっているのなら

コーチや親御さんも

環境づくりや

コミュニケーションの練習をして

選手や子供が上を目指せるようにするってのが

筋なんじゃないでしょうか

マンツーマンレッスンを受けてみる