【卓球 上達】感覚を自分のものにするには?

感覚を自分のものにするには?

三谷です

今日は

感覚習得に必要なもの

についてお話しします

◆感覚に自信がありますか?

みなさんは

感覚

に自信があるでしょうか?

 

卓球は感覚のスポーツと呼ばれるくらい

手の感覚がものすごく大事

このHPを見ている方にも

自分の感覚に自信がない

そういう方も多いんじゃないでしょうか

 

じゃあ卓球に必要な感覚はどのように鍛えればいいのか

考えたことあるでしょうか?

ただ長時間練習すればいい

確かに若い方は長時間の練習を実践すれば

吸収力が強い分

必要な感覚をすばやく身につけることはできるでしょう

ですがなかなか練習時間がとれないという若い方でも

これを身につけることができれば早い上達が見込めます

 

大人の方でなかなか上達しないという方は

特に身につけてほしいです

 

◆感覚を身につけるには?

三谷の中で感覚を身につけるためには

このようなサイクルをたどって

身についていくのではないかという仮説をもっています

新しく感覚やうまくなる感覚を身につけたい場合

その感覚を言葉で理解する必要があります

これは自分の言葉はもちろん

コーチやうまい方など

他人の言葉でも構いません

俗に言う

感覚を言語化する

作業です

 

この作業を積み重ねていくと

理論ができあがります

 

大事なのはここから

できた理論を

自分が理解できる感覚へ直します

 

思い描いた感覚通りにプレーすることができれば

その感覚を身につけたということができるでしょう

センスがいい方は

このサイクルがものすごく早い

だからすんなり習得できる上

コーチを求められても

自分なりの理論がわかっていますから

言葉にして説明することができる

天才は

言語化しなくても感覚がすんなりわかる

だからコーチを求められると

言語化したことがないから

どう説明すればいいのかわからない

だからなんでこんなこともわからんの?

という言葉が出てしまうんですね

◆感覚を鍛える手っ取り早い方法とは?

このサイクルを早くするために必要なのは

変換能力

そう思っています

じゃあ、変換能力を鍛える

手っ取り早い方法はなんなのか?

 

たくさん練習することで変換能力は身につくでしょうか?

厳しいんじゃないかとおもいます

 

変換能力を鍛える方法ですが

私は読書をオススメします

でも、ただ読書をすればいいというわけではない

例えば評論だったら

筆者が言いたいことはなんなのか

これを読書しながら考えること

紙に書いてもいいですね

小説なら

登場人物が

何を考えているのか

どんな気持ちなのか

を考えてみる

学校の勉強でこれを鍛える教科があります

国語です

国語力がある方は

センスがいいんじゃないかと思っています

センスや感覚を磨きたければ

国語力を鍛えましょう

国語力は

上達のために一役買ってくれることでしょう

 

 

 

ここまでいっておきながら

私は国語が嫌いです

ですから、どうすれば国語の点がとれるか

勉強しました

おかげで得意ではないにしても

昔に比べて点がとれるようになったかなという印象があります

090-9264-4970
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【今池駅 7番出口より徒歩7分】
〒464-0848 愛知県名古屋市千種区
春岡1丁目11−23 オルバス春岡 1F

■営業時間 平日 15:00〜21:00
      土日祝 12:00〜18:00
■定休日 不定休

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP