ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, メンタル, 実践

【卓球 メンタル】成長=目標×行動量×時間

成長するには

目標を立て

それに伴う時間と行動量が必要です

三谷です

今日は強くなるために

考えておきたいテーマについて

お話しします

◆日々成長してますか?

あなたは成長していますか?

唐突になんだ?

と思われるかもしれない

 

もし1年前と

何も変わっていない

何の成果もあげていないとしたら

あなたは退化しています

 

毎年人は必ず歳を取ります

ということは若さを失うということもできるわけです

何もしていないということで

現状維持だと言い張る人がいるかもしれないが

若さを失っている以上

何もしないということは退化に他ならない

ということになってしまうわけです

 

◆目標立ててますか?

成長のために1番大事なのが

目標を立てることです

 

目標を立てる

特に今年1月に目標を立てて

がんばると決めた方も多いはず

じゃあ聞きます

今も継続してやっている方は

どれくらいいるでしょうか?

 

何となくわかっていることかもしれませんが

三日坊主で終わる

ということもめずらしくない

 

一説によると

元日に立てた目標の

なんと85%が

2週間で挫折します

 

せっかく立てているのに

挫折している

忘れている

だから結局何も変わらない

 

できないことに恥じることはありません

だって85%もの人ができないのですから

それでも

  • 結果を出したい
  • 成果を出したい

という気持ちが少しでもあるなら

15%に入る必要があります

その覚悟はあるでしょうか?

 

◆行動という名の量を継続してますか?

もし目標を持っている

けど成長した感触がない

と思っている方

 

目標を達成するための

行動をしているでしょうか?

目標は立てたけど

それで終わり

 

それでは何も変わりませんよね

何も行動を起こしていないのですから

 

引き寄せの法則

という言葉があります

思っているだけで願望の通りになっていく

というものなのですが

大事なのは

思ったうえで行動をしているかどうか

この行動が願望通りの状態になっていくのです

 

行動するのも大事ですが

それを継続して行っているかも大事

1日2日やっただけでは

どんなものもなかなか達成できませんよね

 

決めた目標に向けて

1月、半年、1年と

継続してやっていくから

目標達成できるのです

 

◆それでも成長した実感がなければ

目標を立てた

やることを決めて

継続して行動し続けているのに

成長した実感がない

 

そういう方もいるでしょう

おめでとうございます!

まだまだ伸びしろがありますね!

 

なぜ成長した実感がわかないのか

1つは目標がデカすぎる

1つは目標に対する行動がズレている

代表的なものはこの2つです

 

1つ目の目標がデカすぎる

卓球を始めたばかりの方がいきなり

1年後日本代表になるは

かなりデカすぎる目標です

 

目標立てて

行動していきたい気持ちはわからないでもないですが

それをするなら

もう少し目指せそうな目標にするのがベター

 

目標を立てるコツは

全力でがんばり続けて達成できそうな目標にすること

1年後日本代表を目標にする方は

全国大会などで実績をつくっており

翌年勝負をかけてがんばる方

 

始めて間もない方は例えばですが

所属するチームで1番強くなる

1回でもいいからベスト4以上に入り賞状を受け取る

といったくらいの目標を立てて行動するのがいいでしょう

 

もう1つの

目標に対する行動がズレている

例えばですが

サーブからの3球目攻撃を決められるようにする

と目標を立てたのに

ドライブを続ける練習ばかりしている

といった感じです

 

3球目攻撃を決めるとなりますと

サーブの加減が大事でしょうし

フットワークも必要でしょう

もちろんレシーブに対して攻撃できる

技術も大事です

 

にもかかわらずドライブを続ける練習は

目標と行動が一致しているかといわれると

果たしてどうなんでしょうか?

ただ感情に振り回されてなんとなくやってません?

ということになるわけです

 

こういう方は

もう1度目標を見直すとともに

なぜその目標を達成したいのか

考えてみることをオススメします

 

1人で続けるのはむずかしいかもしれません

じゃああなたにお聞きしたい

目標達成して自信が持てる自分になりたいのか

なあなあに過ごし今のままでいい自分になりたいのか

どちらがいいでしょうか?

マンツーマンレッスンを受けてみる