ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】本質を見抜いてブレイクスルー

本質を見抜くとブレイクスルーがカンタンです

事象ばかり追っても勝てないんですね

三谷です

今日は

事象と本質について

お話しします

◆事象と本質は違う

初めにお伝えします

事象と本質は全くの別物です

今回は上のツイートを例に

ご紹介します

 

この件、実はうちの教室にいらっしゃった

実際のお客様の例です

 

その方は試合で表ソフトの方に当たって

負けました

そのために挙げた課題が

表ソフト対策でした

 

気持ちは大変よくわかります

表ソフトの方が相手で

しかもそこまで速いボールを打つ選手ではない

ゆるくつなぐことをメーンとしてたのだそう

そのボールをバックで合わせるのですが

ミスが増え失点を重ねていったそうです

 

確かにこれだけを見ると

表ソフト特有のボールに慣れるために

表ソフトを対策した方が

いい気がします

 

◆事象を追いたくなりがちだが追うと解決しない

ですが、実際は表ソフトのみに対し

ミスが多いわけではありませんでした

試しに裏ソフトで極力同じ回転になるよう

球出しをしてみました

表ソフト対策でということなら

難なく返せるはずです

 

しかし裏ソフトで送ったボールでも

ミスが多かった

つなぎのボールに対しては

どんなラバーで打っても

ミスを重ねていたんですね

 

ということは表だろうと裏だろうと

ミスするのですから

表ソフトの対策ではなく

バックハンドの練習や

つなぎのボールをカウンターで決める練習をするのが

その方にとって大事な練習であり

ブレイクスルーです

 

表ソフトに慣れるという

その場の感情を解消するために

事象だけ追いかけても

解決することはむずかしかったといえるでしょう

 

◆本質を見抜くには?

事象に目もくれず

本質を的確に見抜いて

練習濃度が格段に向上します

 

見抜くコツは

なんだと思いますか?

このフレーズを使い続けること

なぜ?

を徹底的に突き詰めていくことです

 

今回の場合だと

表ソフト選手に負けたのはなぜなのか?

からスタートします

つなぎのボールに対しミスを重ねたから

ということになります

ではなぜミスを重ねてしまったのか

ゆるいボールとゆるい回転を打ち切れなかったから

ではなぜそういったボールを打ち切れなかったのか

そういうボールが表ソフトじゃなくても飛んで来たら

返せるのか?

 

このようにして

今回の事例の本質を見抜いていくわけですね

ゆるいつなぎのボールに対し

打ちこまなかったから

その練習をすることで

課題解決できるのではないか

 

ここまで来たらあとは

具体的な練習プランに落とし込むだけです

なぜ打てないのかを自分なりに分析し

仮説検証を繰り返し

解決していきます

  • 身体の使い方が悪いのか
  • 押し出すようなスイングをしているのか
  • ラケットハンドに力がやたらと入っているのか
  • 打球点が早すぎるor遅すぎる

などなど

地道ですが1つ1つチェックし

つぶしていきます

 

こうすることでやっと課題解決の目が見えてくるんですね

事象だけ追って練習するのはカンタンですが

物事の本質を解決できないことが多い

本質を見抜いて練習に落とし込むことが

少ない時間でも解決できる可能性が

大幅にあがるのです

これをやるのはけっこう大変なんですけどね汗