ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 サーブ】縦回転=味方 横回転=敵?

縦回転は味方

横回転は敵になる可能性があると思っています

三谷です

今日は

いざというときは縦回転の方がいい

という話をします

◆縦回転と横回転

卓球には回転の要素がかなり強いスポーツです

回転を大まかに分けると

2つにすることができます

 

縦回転

下回転(バックスピン)

上回転(トップスピン)

無回転(ナックル)

 

横回転

右利きの場合

順横回転(時計回り)

逆横回転(反時計回り)

 

それぞれ特徴があります

縦回転 

単純でわかりやすい回転

返されてもわかりやすい回転

どのコースにも返球しやすい

質の高いサーブを出すには技量がいる

 

横回転 

複雑でわかりにくい回転

返されるとわかりにくい回転

返球コースを予測しやすい

技量が少なくてもサーブで点がとりやすい

 

どちらも強くなるためには

磨いた方がいいのですが

どっちを特に磨いた方がいいかと訊かれたら

縦回転と答えます

 

◆なぜ縦回転がいいのか?

なぜ縦回転なのか

順を追って説明します

三谷の中で

縦回転は味方になってくれることが多いが

横回転は敵になることがある

そう思っています

  • 特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる
  • 変化したボールを打つのはけっこうむずかしい
  • 速いラリーがあまり好きではない

横回転は卓球ならではの回転かなと

私は感じます

横回転を意図的に出し

その回転に合わせて返すスポーツは

卓球くらいじゃないでしょうか(笑)

野球でも曲がるピッチングはあれど

バットとボールにはそこまで摩擦があるわけではない

飛ばしたい方向にスイングして

当たれば飛んでくれます

 

①特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる

横回転は制約をつけなければ

比較的カンタンに返球できます

厳しいコース狙う

回転を見極めて返す

といった制約を設けなければ

多少ラケットの角度が狂っても返ります

 

縦回転は厳しいコースを狙わなくても

ラケット角度が狂うと

相手のミスを誘って得点を狙いやすいです

 

 

②変化したボールを打つのはけっこうむずかしい

横回転のボールをレシーブすると

横回転かもっと複雑な回転になって

返ってきやすい

それを攻撃しようとする場合

しっかり練習していないと

ミスする可能性があがります

せっかくのチャンスボールが来たのに

打ち損じて失点ってもったいないですよね汗

 

縦回転のボールをレシーブされても

たいていの場合

下回転か上回転です

普段練習するような回転だと思うんですよね

攻撃しても得点しやすい

変化もわかりやすい

ミスも横回転を打つことに比べ

減るかと思われます

 

③速いラリーがあまり好きではない

最後は速いラリーですね

私の好みではあるのですが

速いラリーがそこまで好きではありません

レシーブはツッツキかストップを誘いたい

横回転はフリックやドライブ

チキータなどの速いレシーブを誘いやすいと

感じています

縦回転(特に下回転)に比べると

横回転は打ちやすいんですね

もし打たれるのが嫌いで遅いラリーにしたいのであれば

縦回転です

 

◆下回転を磨く

縦回転でも特に

下回転をオススメするのですが

下回転が切れないという方

かなりいらっしゃいます

  • ボールの底を擦りましょう
  • ボールを救うように擦りましょう
  • 手首を使って擦りましょう

などと言われます

共通しているのが擦る

サーブを切るコツはいろいろあれど

擦ることができないと

切るもへったくれもないんですね汗

 

 

 

切れなくて困っている

切れてないからすぐ打たれる

三谷のレッスンを実践した方は

まったく切れていない→切れて戻ってくる

くらいになるサーブを10分強でできるようになっていますよ!

受講生からも

今までできなかったサーブがこんなカンタンにできるとは思わなかった

といううれしい言葉もいただいてます!