ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】完璧にこだわると強くなれない

完璧にこだわると

いつまでたっても強くなれません

三谷です

今日は

完璧にこだわるとまずいですよ

というお話をします

◆完璧にこだわりすぎてない?

こちらでもご紹介していますが

練習時間を見ると

圧倒的に技術に割く時間が多いです

 

なぜかな~と私なりに考えてみました

いくつかあるでしょう

その中でこれかなと思ったのが

完璧を目指そうとする

からなのかと仮設を立てています

どういうことか

 

ある日フォアハンドを練習したとして

大小違えどうまくなったとします

ですが本人の中でイマイチ納得がいっていない場合

もっとフォアハンドをうまくしてから

他の技術の練習をしよう

そう思ってしまうんじゃないかと感じています

 

ですがやれどもやれども

いつまでたっても自分が追い求めているような

理想のフォアハンドを打つことができず

時間だけが過ぎていく

 

結局他の技術の調整が試合までに間に合わず

大したことができず終わってしまう

だからじゃないかと思ったわけです

 

◆完璧にこだわるといつまでたっても強くなれない

卓球とはサーブレシーブから始まり

3球目4球目と続き

それでも決まらなければ

ラリー戦に持ち込まれます

 

ラリーのおよそ70%

5球以内で終わるそうです

試合で使うフォアハンドは

多くて1試合中数十本です

 

実際はそれ以上に大事な技術が

ありますよね?

 

そうです

サーブレシーブです

 

サーブレシーブから始まるわけですから

この2つは必ず避けて通ることができない技術

サーブレシーブを無視して

フォアハンドやバックハンドばかり

練習する方もいます

試合しないならまだしも

多くの方は試合で勝ちたいから練習するんじゃないでしょうか

 

フォアやバックがうまくいかないと

その練習ばかりしてしまうのです

フォアやバックを完璧にするまで終わらない

 

じゃあそんな方にお聞きしたい

あなたの求めるフォアやバックの完璧って

どんなものなんでしょうか?

どんなボールもノーミスでしょうか

どんなボールも得点できるようなボールを打つことでしょうか

そういった目的すら

決まっていない方がなんと多いことか

 

◆80できたら次へ移る

私から提案するのはこれ

80%くらいできるようになったら次へ移る

 

80%くらいできるがみなさんによって変わりますが

例えば

会心のフォアハンドが2~3本決まったらバックやる

台上処理が2本に1本くらいでイメージ通りのボールが打てたら次に移る

くらいの感覚

理想より物足りないかなーくらいで大丈夫です

 

100%じゃなくていいのか?

その日の体調で最大限の打ち心地にならなくていいのか

 

と思うかもしれませんが

問題ありません

本番前日でしっかりやって最高のイメージで臨むのであれば

しっかりやるべきでしょうが

普段の練習から完璧にこだわる必要はありません

試合で使うすべての技術が80%以上のデキにして

それでももっとという状態になって

完璧を目指す方が

時間を有効に使えます

 

◆必ず実践練習しましょう

80%やった上で大事なのは

必ず実戦練習までやりましょう

フォアクロスのドライブだけやって

満足して終わりでは

ただやっただけ

試合で使える技術にはなりません

 

試合で勝つことを目標にやるのでしたら

そこまでを想定したうえで

練習していきましょう

【卓球 フットワーク】相手が打ってから動きます

相手が打ってから動くのが基本です

三谷です

今日は

回り込みはどのタイミングで動くのがいいか

についてお話しします

◆回り込みのタイミングはどこで動き出しますか?

みなさんは回り込む際

ボールが来てから

どのタイミングで動き出すでしょうか?

 

本来はバックハンドで打ちたいけど

苦手で打てない

バックハンドはブロックのみ

フォアハンド主戦で戦う

回り込みを主軸として攻める

そういう方は必然的に回り込みが多くなります

 

じゃあどのタイミングで回り込みのために

動き始めるでしょうか?

 

◆相手が打ってから動くのが基本です

コーチしているとこういう方がいます

私が打つ前から

回り込みし始めている

 

私が速いドライブを打とうとして

それをカウンターしたいから

回り込んで打つということなら

わかる話です

早い段階で動き始めないと

間に合わないから

 

ですが、ツッツキですら

私が打つ前から

回り込みしようと

動き始めるわけです

これってけっこう危険な行為じゃないです?

例えば

  • 短く落とした
  • 反対方向に打ってきた
  • 厳しいコースに狙ってきた

 

どうでしょう?打てます?

厳しくないでしょうか?

反応して慌てて返すことはできますが

求めていた打球とは全然違うものになってしまいますよね

 

こうしてしまう原因はいくつかあります

フットワークが遅いというのもあるでしょう

フットワークだったら

早く速く動けるよう練習する必要があります

 

動き出しが遅いというのもあるでしょう

動き出しが遅いからスタートを早くせざるを得ない

よって打つ前から動き始めるわけですが

それでは来てほしいところに来なければおしまいです

前回のボールをよく見て打つと関係がありそうですね

 

回り込みしてフォアハンドを決める場合

相手が打ってから動くのが基本です

ですが、例外はもちろんあります

 

◆例外とはどんなときか

例外とは

このコースにしか返してこないと

わかりきっているときです

そのような状況にするにはいくつか方法があります

例えば

  • 厳しいコースに入れたとき
  • チキータやロングサーブなどの速いボール
  • 緩急の急で攻めたとき

そんなボールを打った後

もし回り込んで打つと決めたなら

打つ前から回り込み始めても

来てほしいボールが来ることが期待できますね

 

 

 

回り込みフォアがカンタンに決まるような

細かい戦術もお伝えしています

知りたい方はご相談ください!

ラインからでもいいですよ!