ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】コースは〇〇を狙え!

コースは〇〇を狙いましょう

迷ったら〇〇です

 

三谷です

今日は

 

チャンスボールを打つコース

 

についてお話しします

◆どこを狙いますか?

みなさんは

チャンスボールが来たとき

どこを狙いますか?

 

基本的にはクロス

余裕があればストレートも検討

そう思う方が多いんじゃないでしょうか?

 

◆クロスorストレート

一般的には

ストレートが

クロスよりむずかしい分

点を取りやすい

そういわれます

 

クロスに比べて

ストレートは距離が短い

 

無意識で打つと

カンタンにクロスにボールが集まる

 

そこであえて意識して

ストレートを狙って点を取る

こういう考え方はよくあります

 

ですが、第3のコースがあることを

忘れてはいけません

 

しかもここは

トップ選手でもよく狙う場所なのです

 

どこだと思いますか?

 

◆意外や意外〇〇はとれない

答えは真ん中

ミドルです

厳密には

ラケットハンド側の脇腹付近を指します

 

真ん中ってカンタンにとられるんじゃないの?

 

と思いがちですが

実は意外と取りにくい

 

クロスやストレートは

フォアやバックでとることになりますので

腕を伸ばせば

なんとかなったりもします

 

ですがミドルは

どちらでとればいいか困る

フォアだとひじがジャマでとりづらい

バックだとワキが開いてしまい威力が出ない

こうなってしまうんですね

 

◆困ったときはここ!

狙うコースに困った

打つコースに迷ったら

ミドルを狙ってみてはどうでしょうか?

 

どちらでいいか困る上に

返されたとしても

かなり甘く返ってきます

 

すかさずもう1球攻撃をする

高確率で点がとれる

ある種魔法のコースなのです

 

クロスかストレートを

狙うのもいいですが

 

チャンスボールが来たら

ミドルを狙うのが

セオリーといえそうですね!

【卓球 サーブ】〇〇サーブが効果的!

このサーブは効果的です

サーブが苦手でも

打たれる可能性はかなり低い

ですからサーブはしっかり練習すべきです

三谷です

今日は

サーブを出すのが苦手でも

オススメのサーブについて

お話しします

◆近年の主流

みなさんはサーブを出すとき

どの辺に出すことが多いでしょうか?

 

近年はチキータを警戒して

フォア~ミドル前付近に

出すことが多いです

加えてバック奥へのロングサーブが

見直されている感じがします

 

これはあくまで

チキータが多い

トップ層の話

 

みなさんはどうでしょう?

おそらくミドル~バック前に出すことが

多いんじゃないでしょうか?

 

◆なぜバック前が多い?

じゃあなぜバック前が多いのでしょうか?

これはおそらく

フォア前に打つと

レシーブで打たれて得点される

でもバックだと

ツッツキでレシーブしてくれる

このイメージが強いからかと思われます

 

トップ選手はフォア前が多いが

そうじゃない選手はバック前に出す

トレンドが違います

 

じゃあなぜフォア前に出すと

レシーブで打たれてしまうのか

答えは明白です

 

◆それは単に長いだけ

長いからですね

サーブが

台の中で2バウンドせず

1バウンドで台の外に出てしまう

 

長くなれば

ドライブでカンタンに打つことができます

 

さらに回転をかけようとして出すものの

中途半端にかかっているため

これまた打ちごろになってしまうんです

 

適度な長さに加え

適度な回転がかかってますから

打って得点することが

カンタンになってしまうんです

 

みなさんは台の中で2バウンドに収まるくらい

短いサーブを出せているでしょうか?

狙った回転と回転量で

出せているでしょうか?

 

もし出せないなら練習あるのみ!

10分でもいいので

サーブ練習はオススメします

必ずやる以上

精度を上げておいた方が

あなたがいざというとき

救ってくれます

 

でもそんな練習する時間がないんです

ボールをたくさん使ってできる機会が

なかなかないんです

という方にオススメのサーブがあります

 

◆〇〇サーブはレシーブ強打されにくい

絶対に打たれないサーブというのは

ありません

レベルがあがるほど

レシーブから攻撃する可能性が

高くなります

 

それでも打たれにくいサーブというのは

存在します

 

それは

ナックルサーブです

 

え?バカスカ打たれるんだけど汗

 

と思った方

次の条件を満たしているでしょうか?

  • 短いこと
  • 低いこと
  • フォア~ミドルであること

 

これらを満たしていると

打つことむずかしいんですね

 

カッコよく決めなくても

ナックルサーブ出しますよー

という雰囲気でいいですから

まずやってみましょう

だまされたと思って

 

それでも打たれる場合

どれか1つを満たしていないときか

バックハンドで打ってきたときです

 

バックハンドで打つ選手は

レベルが高い選手でしょう

その時に出したいのは

バックへのロングサーブ

 

強気にいきましょう

ひるんだら負けです!

【卓球 戦術】戦術をコロコロ変えるのが卓球

戦術はコロコロ変わります

変えられる方は強いですね

三谷です

今日は

戦術を変えることについて

お話しします

◆戦術持ってますか?

あなたは点を取るための戦術をもっているでしょうか?

例えば

横回転サーブを出して

ツッツキさせ

回り込んでフォアハンド

などですね

 

こういった戦術をもっているかどうかはもちろん

1つ1つの戦術の精度や幅で

得点の取りやすさが決まってきます

 

もし、そんな戦術1つも持っていない

それどころか

勝つために戦術いるの?

って思っている方

必要です

まずは考えてみましょう

 

◆戦術を変えるには?

ここから先は

戦術を1つでも持っている方に対してのお話です

戦術がない方はまずは

自分なりに考えてみましょう

 

戦術を持っている方へお聞きしたい

どんな戦術でしょうか?

例えば

横回転サーブからの3球目だったり

ミドルを攻めたり

バックに集めてフォアに大きく動かす

などは考えているかもしれませんね

 

ですが1つの戦術ばかり使っていると

相手もわかってきますので

最初の時より効かなくなってくるでしょう

こんなとき

あなたならどうしますか?

 

横回転サーブを出してた方は

逆横回転のサーブで攻めるでしょうか?

もちろんそれもありですね

 

ミドルばかり攻めていたなら

フォアとバックに散らすのも

あるでしょう

 

バックに集めてフォアが慣れられてきたら

フォアばかりに集めて

バックに送るというのもいいでしょう

 

このように

戦術を変える場合

大きく3通り存在します

それが

  • 何かを増やす
  • 何かを減らす
  • 何かを変える

この3つです

 

◆増やすか減らすか変えるで決まる

横回転のサーブから

レシーブしてもらい

回り込んで3球目攻撃をする

この戦術を例に考えてみましょう

 

今までツッツキだったのが

慣れてきたせいもあってフリックやドライブなどで

攻撃してきた

これでは3球目攻撃のタイミングが合わず

打てません

 

1つは先ほど出した

逆横回転サーブといった

何かを変えるというパターン

 

これは効果的であり

間違いなく思いつくものでしょう

変えるための引き出しが必要なので

準備が大事です

 

もし、準備していなかったとしたら

増やすか減らすを考えてみることをオススメします

サーブがバック側ばかりに出していたのなら

バック側に出すのを減らし

フォア側に出す

 

短いサーブばかりで長いサーブを

ほとんど出していないのなら

長いサーブを多くする

 

回転をそこまでかけずに出していたのなら

しっかり回転をかけてサーブを出す

などですね

 

別の戦術を使っても

慣れられたらどうすればいいのか?

戻せばいいんです

 

戦術って何十個も持っておく必要があるのかといわれる

そうでもないんです

2~3個くらいでオッケー

これらを状況に応じて

入れ替えて使っていくのが

戦術なのです