ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 攻撃】チャンスボールは待たれてます

チャンスボールはなるべくしてなっています

偶然ではないんですね

三谷です

今日は

チャンスボールの作り方と外し方

についてお話しします

◆チャンスボールとは?

チャンスボールとは

そう聞かれてみなさんは

どのように答えますか?

 

高いボールでしょうか

高いボールが来たら

やみくもに打つ方いますよね?

そしてミスする

それは果たしてチャンスボールなのでしょうか

 

チャンスボールを定義するなら

  • 最も打ちやすい高さ
  • 最も打ちやすいコース・長さ
  • 最も打ちやすい回転量

が自分の中で待っているボールと

一致したボールなんじゃないでしょうか

逆にこれが1つでも外れれば

チャンスボールとはなりにくくなり

求めているドライブの精度より落ちるため

スピードか回転量を犠牲にして

入れにいきます

 

たとえ低いボールで自分の中では入れたとしても

そのボールが打ちごろだった場合

その方からすればチャンスボールとなるわけですね

 

◆チャンスボールはなるべくしてなる

じゃあチャンスボールは突然降ってくるのでしょうか?

 

普通に考えてそんなことはありえませんね

チャンスボールは作り出されています

例えば

  • 切れていると思ってレシーブしたが切れておらず浮かせた
  • 急に長いサーブが来て打ちごろなボールを与えた

他にもたくさんあります

こういうものをたくさん持っており

しかるべきタイミングで使える方は

強いわけですね

 

◆防ぐためには

相手が考えていること

待っていることを

その通りにやってしまえば

チャンスボールとなってしまうわけですね

 

では防ぐにはどうすればいいのか

まず1番やるとまずいのは

 

カンペキを目指すこと

 

カンペキを目指そうとして打ちますと

プレッシャーを自らかけることになります

慣れているならともかく

慣れない方がやると

ミスします

さらにミスしないように

カンペキにいれようとします

結果、入らないor入ってもチャンスボールとなり

打たれるわけですね

カンペキ目指しているのにいいこと1つもありません

悲しいですね汗

 

チャンスボールを防ぐには

チャンスボールになる要素を

1つでも外せばいいわけです

この中で最もカンタンなのは

回転です

少しでもいいんです

回転をかけてやりましょう

 

レシーブで回転がわからないときは

チャンスボールを与えやすい環境ですから

いつもより少し回転をかけて返してやる

急にロングサーブが来たら

少しでも回転をかけて狂わせる

というような一工夫がほしいです

その積み重ねがチャンスボールを与える数を

減らしていきます

 

 

 

どんな状況がチャンスボールを与えやすいか

逆にチャンスボールを演出したい方は

三谷にご相談ください!