ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 ツッツキ】ツッツキの全面練習で勝てる

三谷です

今日は

ツッツキのみで全面練習をする

についてお話しします

◆なぜツッツキのみで全面練習なのか

なぜこんなことをするのか?

それは

 

頭を使って練習していますか?

 

ということをお伝えするためです

 

ツッツキというと

練習ではあまりやることないんじゃないかと思います

やったとしてもフォアでバックで続ける程度の練習

といった方も多い

 

ですが、試合になるととたんに

ツッツキってよく使うんじゃないでしょうか?

じゃあどこで?

そうです、レシーブです

みなさんが1番多くやるレシーブって

ツッツキじゃないかと思うんですね

にもかかわらずツッツキ練習をしないって

試合で使う技術を練習しないわけですから

ちょっともったいないと思いませんか?

 

◆ドライブだけが得点できるわけではない

お客様とは通常のレッスンでは

必ずやるようにしています

多少のミスはさておいて

ノータッチで点を取ることができるんですね

なんと、ツッツキでですよ!

ツッツキだけで点を取るができるわけです

もし、ツッツキで点を取れるような配球・変化を付けることができれば

強打で得点できるチャンスをすることが

カンタンじゃないでしょうか

 

◆続ける練習からの脱却

練習をイメージすると

  • フォア打ち
  • バック打ち
  • フットワーク
  • 多球練習
  • システム練習
  • ゲーム練習

などありますが

システム練習やゲーム練習を抜いてしまうと

ほとんどが技術練習

さらに言ってしまえば続けるための練習になります

続ける練習も大事なのですが

みなさん、試合や大会で勝ちたい方がほとんどだと思います

 

にもかかわらず勝つための練習を全然やっていないのは

非常にもったいないことじゃないでしょうか?

  • 時間がない
  • 環境がない
  • コーチがいない

そんな状況でそれでも勝ちたいと考えるなら

頭を使う必要があります

 

◆勝つためには相手を崩すこと揺さぶることが大事である

試合で勝つために

  • 攻撃的なレシーブで攻めましょう
  • 打点を早くしましょう
  • 先に攻めていきましょう

といわれます

ですが、いきなり攻めにかかっても

リスクも大きいわけですね

先に攻めて返されたらどうなるんだと

そこで、ツッツキの全面練習を通じて

チャンスの作り方を自分なりに考えて

実践することができるわけです

 

◆ツッツキの重要性を考える

現代卓球は速くなりました

その影響で

  • 攻撃的なレシーブ(チキータ)
  • バックハンド
  • カウンター

といった前陣でリスクあるプレーをうまくできる選手が

勝ちやすい環境になっています

 

ですが、いきなりこれをマスターして

すぐ実践投入となるとむずかしい

まずは

相手を崩してチャンスをつくり

攻めるボールを打って点を取る

という王道の戦術を覚えていただく方が勝ちやすい

そんな王道戦術を身につける

最もカンタンかつ有効な技術が

ツッツキです

ツッツキをナメると痛い目にあいます

 

 

 

この練習意外と盛り上がります

そんなボール打てるの?とか

こうやって得点するんだとか

なんでそんなことできるの?などなど

ツッツキだけで熱い試合ができます

やってみましょう!