ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 全日本】水谷隼vs木造勇人で見るフォア→バックへの移り変わり

三谷です

今日は

2つの試合から技術の移り変わりを分析してみます

◆水谷隼選手VS木造勇人選手

水谷選手と木造選手

ともに左腕の攻撃型として知られています

先月の全日本選手権の準決勝で対決しました

この試合は水谷選手が勝利し

決勝でも勝利

全日本V10を達成しました

が、この2選手

過去にも対戦は何回かしております

その1戦がこちらの動画

こちらも水谷選手が勝利しますが

この2つ大きな違いがあります

◆前陣でプレー

2019年は

レシーブから攻撃的に入り

カウンターを狙う

そんな展開が非常に多い

打ち合いになっても

台についています

2016年は台上で攻めることは少なく

コースをつく

フォアで強打を狙えるタイミングを計って

回り込んで打つ

返して来たら中陣での打ち合い

そんな展開がメーンですね

◆バックvsバック

2019年は顕著です

バックvsバックで揺さぶりをかけ

ミスを誘う

甘いミドルは

フォアでカウンターを狙う

そんな展開が多い印象

2016年は少ないですね

ネットプレーがかなり多い

双方フォアで打つには

どうするといいか

バックをあまり使わずして

ゲームを組み立てようとしている様子が見えます

◆バックはブロックする守備専門なのか

一般的な練習を見ますと

対人でバックを打つ練習をする場合

ブロックで打ちやすいところに返したり

ブロックで左右に振ったりと

ブロックをメーンとすることが多いです

フォアは攻撃

バックは守備

そんな印象があります

もちろんそれでも勝てます

ですが、普通のブロックだけをしても

慣れている選手からしてみれば

打ちごろなわけですね

同じようにやっても

より上にはなかなか行けない

そのために必要なのが

バックでもうひと工夫できるか

考えてみてはどうでしょうか

ブロック1つとっても

  • 遅いブロック
  • 伸びるブロック
  • はじくブロック
  • 止めるブロック
  • 曲がるブロック

などあります

今回はバックでご紹介しましたが

何でも構いません

まずは何か1つでもいいので

普通の技術プラスアルファを身に着けてほしいと

心の底から思っています

この変化の多さ、種類の多さが

チャンスメークにつなげることができるんですね!

基本に立ち返り

まずは試合動画を見る

その上でなぜ勝てたか負けたかを分析し

次の練習に生かす

私はコーチですから

みなさんが普段の練習にいかせるよう

ブログという情報ツールで提供していきます

【卓球 上達】思いっきりミスしてうまくなる!

思いっきりミスしましょう!

三谷です

今日は

ミスをすることの重要性

についてお話しします

◆ミスしてはいけないのか?

お客さんの中には

いざスマッシュなどの強打を打とうとすると

全く打てない

そういう方が見受けられます

 

私が

得点できるくらいもっと速いボール打てますか?

と球出ししながら聞いても

これが全力なんですが

とフォア打ちよりもう少し速いかなくらいの

ボールを打つにとどまる

なぜそんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

◆どうすると速いボールが打てるかわからない(技術面)

初心者に多い悩みなんじゃないでしょうか

どうすれば速いボールが打てるのか

そもそもわからない

スイングや身体の使い方をお伝えすると

解決することが多いです

 

◆続けることが練習の目的になってしまう(練習面)

卓球教室やクラブチームなどに

通っていらっしゃる方に多いように思います

メニューがある程度決まっており

こういうコースに打ってくださいねー

というコーチの指示のもと練習したり

和気あいあいと楽しく卓球したりします

こういった練習も大事ですが

 

ゆっくりでいいから続けよう

コーチの言われたことを言われた通りできるようになろう

 

こう思ってしまうとかなりまずい

練習中だけならまだしも

なんと試合でもこんな感情もって

やってしまうんですねー

試合でもこんな感情をもってしまうと

強打して得点することができない

言われたことを一生懸命やっているのに勝てない

なんてことになってしまいます

 

なぜこんなことが起きてしまうのか

1番の理由はこれなのかなと感じます

 

◆遠慮の塊である(メンタル面)

特に大人の方に多い気がします

練習の仕方によっては

密接に関係してくるように思います

ミスしてはいけない

ミスすると相手に迷惑かけてしまう

ミスを減らすために確実に入れよう

そういう思考が働いてしまい

結果、強く打つことができない

遠慮の塊なんですね

 

例えばサーカスの演目で使うゾウは

幼少のころから教育をします

逃げないようにと足に縄を括りつけるのですが

縄に足を括りつけられて育ったゾウは

身体が大きくなっても

この縄をちぎって逃げることができない

そう刷り込まれてしまうわけですね

 

そんな状態を解決するには

どうするのがいいのでしょうか?

 

◆ミスすることでうまくなる

最も大事で覚えてほしいことが

ミスを何回もすることでうまくなっていく

ということです

しかも

大げさなミスほど効果的です

ミスを繰り返してうまくなっていくわけですから

ミスを恐れるとミスしたくない場面でミスする

ミスミス地獄に取りつかれます(笑)

 

技術面で解決する方は大丈夫です

あとは身につけられるようにひたすら練習あるのみ

 

練習面とメンタル面が問題でできない方にお聞きしたいのが

 

なぜ卓球するのでしょうか?

 

ラリーを続けて相手に気持ちよくなってほしいから

やるのでしょうか?

 

多分違うんじゃないかと思うんです

  • 勝ちたい
  • 強くなりたい
  • できないことをできるようになりたい
  • 〇〇に勝って賞状とりたい
  • 楽しい卓球ライフを過ごしたい

などなど目標があるからやるんじゃないでしょうか

 

練習中は目標をすり替えないでほしいのです

だから練習中は遠慮することありません

もっと自分をさらけ出していいんじゃないかと思います

練習終わった後に

謙遜とか丁寧さなどをアピールすればいいんですね!

そっちの方が魅力ある人間に思います

 

 

 

久々のブログ更新です

更新滞ってましたが再開します

皆様のおかげで教室もなかなか予約が取れないくらいになりつつあります

感謝してもしきれないくらいです

ありがとうございます!

引き続き卓球はもちろん

卓球以外の面で役立つことは貪欲に学び

提供し続けていきます!