ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 メンタル】勝てる自分を作る唯一の方法!

勝てる自分を作るには

自分で決めて行動することが大事です

三谷です

今日は

勝てる自分を作る

というテーマでお話しします

◆誘惑に踊らされてない?

普段あなたは

誘惑に踊らされているでしょうか?

 

先日アジアカップが行われましたが

それを見て急にやる気になって

卓球用具を買って練習するのも

誘惑に踊らされている1つの例

 

スーパープレー集を見て

カウンターがかっこいい

チキータがかっこいいと

その練習ばかりする

これも1つの例

 

かくいう私もそうなるときがあります

ブログやSNS更新している最中に

動画を見たり

ゲームをしたり

やっちゃってます笑

 

誘惑に負けておきながら

こんなこと

書ける立場なんかと思われてしまいますね笑

私は厳格でも何でもありません

卓球と投資が好きな人間です

楽しいこと好きです

イヤなことはとことん嫌いです汗

それでも私は

最後はきっちり仕上げて更新します

 

みなさんは誘惑に踊らされても

やるべきことや今日やることを

しっかりとやりきって

1日を終えているでしょうか?

 

◆試合で使えているか考えてみる

卓球の例でいえば

何のために練習しているかというと

ほとんどの方は

試合で結果を出すためかと思われます

 

じゃあ聞きます

誘惑に踊らされてやった練習を

試合で生かして

勝ち上がった方はどれくらいいるでしょうか?

 

私は

誘惑に踊らされてやった練習のおかげで

試合に勝つことができたという方

手を挙げてみましょう

と聞くとおそらく

誰も手が挙がらないんじゃないでしょうか?

 

誘惑に踊らされてやった練習の結果が

そんなものなら

なぜあなたは

誘惑に踊らされて

その練習をやってしまったのでしょうか?

 

試合では勝ちたいんですよね?

じゃあなぜ勝つための練習ができず

誘惑に負けて

意味のない練習ばかりやるのでしょうか?

ということになってしまうわけです

 

誘惑に打ち克つには

まず誘惑に踊らされている理由

を明らかにする必要があります

 

◆誘惑に打ち克つには

誘惑に打ち克つには

その場のノリとか雰囲気で

解決できるようなうわべの話ではないからです

誘惑に負けない精神力を鍛えるとか

そういった根性でなんとかできるような

甘い話でもありません

 

ですがなぜその誘惑に負けて

練習してしまったのかは明らかにする必要があります

それをしなければ

いつまでたっても誘惑に負けて

身にならない練習をし続けて

試合出てもなんも生かせずに負ける

すごく悲しいことじゃないですか

 

よくあるのが

めっちゃくちゃ厳しい親や先生がいて

その通りにしないと

すぐ怒るというような

他人があなたの行動に対し

介入してくるパターン

 

ちょっとでも何かしようものなら

何をやってるかーーー!!!

とものすごい形相で怒る

 

恐怖というものを使って

相手を縛ろうとするやり方です

 

ですがこれには限界がありますし

反発も起きます

最悪やめてしまったり

どこかで反動が起きやすい行為ですので

オススメしません

 

誘惑に負けても

最後はしっかりとやりきり

勝てる自分になるには

どうしたらいいのでしょうか?

 

◆自分で決めること

私の場合

自分で目標を決めて

自分で考えて行動しています

やっている行動はわずか3つ

  1. まず目標を立てる
  2. なぜその目標を達成したいのかを決め
  3. そのために必要な行動を毎日できる小さなことをちょっとずつやっていく

これを繰り返しているだけにすぎません

 

私が見てきた中で

誘惑に負けて何も成果がない方には

何となくやっているといったような

目標がない

あるいは目標があるけど

いつかは試合に勝てたらいいなー

という具合でぼんやりしている

目標は達成したいけど

ホントはそう思っていない(やらされている)

目標を達成したいけど

なんとなくといった具合で

なぜ達成したいか理由がない

 

こういうものもあります

目標達成したいとがんばっているが

周りに無理だといわれて

納得してしまいやめる

これはものすごく悲しいことです

 

私は目標に向けてがんばる方を応援しています

もし目標があるけど

なかなかうまくいかない

周りから反対ばかり挙がる方は

ご相談お待ちしてます!

【卓球 上達】思考停止したら試合終了!

思考停止したら試合終了です!

強くなることはないでしょう

三谷です

今日は

思考停止

についてお話しします

◆やらされる練習=思考停止

思考停止するとはどんな状態か

思考停止とは

考えるのをやめること

 

例えば

いわれたことをやる

なんとなくやっている

仕方なくやっている

やらされている

といった状態は思考停止と表現できるでしょう

こんな状態を

プラスととることができるのか

マイナスととることができるのか

 

いわれなくてもわかるでしょう

明らかにマイナスです

 

マイナスなのは頭ではわかっているが

実際のところできているでしょうか?

思考停止で練習している方

けっこういるんじゃないかと思います

普段の練習をよーく思い出してみましょう

 

◆なぜ思考停止はダメなのか

教室でも三谷はよくいっていることがあります

それは

 

答えが明確な試験問題とは違い

卓球には答えがない

相手によって答えが変わる

 

だってそうですよね

相手が変われば

得意な技術苦手な技術が変わります

同じ技術でも

  • すごい回転をかけたり
  • すごいスピードだったり
  • 回転がほとんどなかったり
  • コースが読みにくかったり

など変わってきます

 

卓球は対人スポーツです

  • きれいに打てる技術
  • みんなから上手だねーと褒められる技術

そんな技術を身につければ勝てる

そう思っていたら大間違いです

今すぐ考えを改めましょう

 

多少ヘンでも

相手の嫌なところをミスなく的確に突いてくる

そういう選手が勝ちやすい

それを支えるのは思考です

思考によって見える形で表現しているのが技術です

間違えないでくださいよ

 

さらに強い選手は

相手によって解答を変えてプレーするから

勝ちあがることができるわけです

 

それをどんな相手でも同じようにやる方がいますが

そういう方は当然

勝てる相手と負ける相手が明確になります

 

負ける相手に勝てるようになりたいと

いろいろ考えてやるなら問題ないですが

この人うまいからなー勝てる気がしないわー

となった時点でその人の成長は止まってしまうんですね

 

これこそ思考停止の状態

練習をなんとなくやっている

やらされている

方とまったく同じ状態です

 

これを読んでいるあなたは

  • 自分で考えて問題を解決し勝てる選手になりたいのか
  • 何も考えずいわれるがままやって負けたらコーチや相手、環境のせいにする選手になりたいのか

どちらでしょうか?

 

◆思考停止しないためにはどうするか

思考停止しないためには

普段から考えることなのですが

では考える習慣を身につけるには

どのようにしたらいいのでしょうか

 

今回提案する内容は

試合があったら

なぜ勝つことができたのかあるいは

負けてしまったのか

練習なら

なぜこの技術がうまくいったのかあるいは

他の人みたくなかなかできないのか

この疑問をまずは解決できるよう

考えてみてはどうでしょうか?

 

最初のうちは

明確な答えを出せなくても大丈夫です

少しずつでいいのでやってみましょう!

 

 

 

自分なりに考えてみたけど

やっぱりわからない

それでも解決して強くなりたい方は

三谷までご連絡ください

やる気のある方大歓迎です!

お待ちしております!

【卓球 メンタル】声を出して試合に勝つ!

声を出せば試合で勝てるのか?

三谷です

今日は

声を出すと試合で勝てるのか

についてお話しします

 

◆声を出す

みなさんは試合中に声を出しているでしょうか?

  • 点をとったとき
  • 構えるとき
  • ミスをしたとき

こういった場面で出すことが多いんじゃないでしょうか

 

昔、三谷は声を出すことを嫌っていました

恥ずかしいしダサい

気迫や根性で勝つ

そんなイメージが付きまとって

なんか嫌でした

 

卓球は技術や戦術

パワースピード、メンタルなど

そういう要素が集まって強いかどうか決まる

そう思っていましたから

声を出すっていうことをほとんどしてませんでした

 

でも、メンタルトレーニングの勉強をしていくうちに

声を出すことが

自己肯定感をあげ

メンタル強化につながっていくという

お話を受け

そうなのかなーとおもうようになっていったわけです

 

◆自己肯定感がメンタルを強くする

自己肯定感

聞きなれない言葉かと思われます

一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会によりますと

自己肯定感とは自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。

そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、自己価値を感じて自らの全存在を肯定する「自己肯定感」の感覚は、何ができるか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります。

この感覚を持てると、自分を尊重するように、他者や周りも尊重できます。すると他者からも尊重され、お互いに尊重し合える関係が作れます。

自分は尊重するが、相手や周りは、尊重しない、自分の価値は認めるが、相手の価値は認められない、どちらかというと自分さえよければいいと身勝手な思考、行動をとりやすい傾向の人は「自己肯定感」が高いとは言えません。

又、自己肯定感が高いことは、今の自分に妥協して成長を止めたり、傲慢になることではなく、どんな自分であっても、今の自分を受け入れることで、恐れや不安や自己否定からではない、安心感をベースにした真の意欲とともに、前に進む力を与えてくれるものです。

どんな自分も受け入れ、肯定することで、外側からの評価で揺らされることなく、自分軸で自分の価値を感じ、自己承認できる力のことを当協会では「自己肯定力」といいます。自己肯定力が高まると感情が安定し、物事を肯定的に捉え、何事にも意欲的になれます。「自己肯定力」は自己を信頼できる自信の源となります。

自己肯定感は、高い、低いと表現されますが、自己肯定感が高いから良い、低いから悪いということではありません。この感覚は人の優劣を決めるものではありませんが、この感覚が高いか、低いかが人の人生に与える影響は大きくなります。

卓球というスポーツにおいて

メンタルは非常に重要です

 

相手が近いところにいるため

調子がいいかどうかわかってしまいます

その上、試合の進むスピードが早いため

どうしようかと考えている間に終わってしまうのです

 

試合をする以上

調子が悪いところをつけこまれたくないですよね

多少調子が悪くても

調子を取り戻すことができます

いくつか方法がありますが

カンタンにできることが

声を出すことなのです

 

居酒屋とかのバイトをしたことある方ならこんな経験ありませんか?

気分か多少よくなくても

いらっしゃいませー!

をつられて他の人と声を出していると

なんか調子悪いのが気にならなくなり

集中できるようになった

 

実は声を出すことにはそんな効果もあり

よい言葉をかけることで調子もよくなってきます

 

卓球でもヨー!とか聞いたことあると思います

点を決めたときに声を出したり

ガッツポーズをとると

無意識のうちにプレーがよかったと認めることとなります

 

いいプレーを認めること

これを自己肯定感といいます

これが強い選手はメンタルが強く

競った場面でも勝ちやすくなります

  • 9-9の場面
  • 最終ゲーム
  • 団体戦のラスト

などモノにしたい場面ってけっこうあるんじゃないでしょうか

 

いいプレーを出して

得点することができたら

声を出してガッツポーズをとってみましょう

調子いい状態で進めやすくなりますよ!

 

メンタルについてもう少しくわしく知りたい

卓球はそこまでだけどメンタルに興味がある

そんな方はぜひ三谷にご相談ください

 

 

 

卓球スクールのタクティブにお邪魔しました

動画見直せるってのはいいですね!