ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 戦術】戦術をコロコロ変えるのが卓球

戦術はコロコロ変わります

変えられる方は強いですね

三谷です

今日は

戦術を変えることについて

お話しします

◆戦術持ってますか?

あなたは点を取るための戦術をもっているでしょうか?

例えば

横回転サーブを出して

ツッツキさせ

回り込んでフォアハンド

などですね

 

こういった戦術をもっているかどうかはもちろん

1つ1つの戦術の精度や幅で

得点の取りやすさが決まってきます

 

もし、そんな戦術1つも持っていない

それどころか

勝つために戦術いるの?

って思っている方

必要です

まずは考えてみましょう

 

◆戦術を変えるには?

ここから先は

戦術を1つでも持っている方に対してのお話です

戦術がない方はまずは

自分なりに考えてみましょう

 

戦術を持っている方へお聞きしたい

どんな戦術でしょうか?

例えば

横回転サーブからの3球目だったり

ミドルを攻めたり

バックに集めてフォアに大きく動かす

などは考えているかもしれませんね

 

ですが1つの戦術ばかり使っていると

相手もわかってきますので

最初の時より効かなくなってくるでしょう

こんなとき

あなたならどうしますか?

 

横回転サーブを出してた方は

逆横回転のサーブで攻めるでしょうか?

もちろんそれもありですね

 

ミドルばかり攻めていたなら

フォアとバックに散らすのも

あるでしょう

 

バックに集めてフォアが慣れられてきたら

フォアばかりに集めて

バックに送るというのもいいでしょう

 

このように

戦術を変える場合

大きく3通り存在します

それが

  • 何かを増やす
  • 何かを減らす
  • 何かを変える

この3つです

 

◆増やすか減らすか変えるで決まる

横回転のサーブから

レシーブしてもらい

回り込んで3球目攻撃をする

この戦術を例に考えてみましょう

 

今までツッツキだったのが

慣れてきたせいもあってフリックやドライブなどで

攻撃してきた

これでは3球目攻撃のタイミングが合わず

打てません

 

1つは先ほど出した

逆横回転サーブといった

何かを変えるというパターン

 

これは効果的であり

間違いなく思いつくものでしょう

変えるための引き出しが必要なので

準備が大事です

 

もし、準備していなかったとしたら

増やすか減らすを考えてみることをオススメします

サーブがバック側ばかりに出していたのなら

バック側に出すのを減らし

フォア側に出す

 

短いサーブばかりで長いサーブを

ほとんど出していないのなら

長いサーブを多くする

 

回転をそこまでかけずに出していたのなら

しっかり回転をかけてサーブを出す

などですね

 

別の戦術を使っても

慣れられたらどうすればいいのか?

戻せばいいんです

 

戦術って何十個も持っておく必要があるのかといわれる

そうでもないんです

2~3個くらいでオッケー

これらを状況に応じて

入れ替えて使っていくのが

戦術なのです

【卓球 フットワーク】相手が打ってから動きます

相手が打ってから動くのが基本です

三谷です

今日は

回り込みはどのタイミングで動くのがいいか

についてお話しします

◆回り込みのタイミングはどこで動き出しますか?

みなさんは回り込む際

ボールが来てから

どのタイミングで動き出すでしょうか?

 

本来はバックハンドで打ちたいけど

苦手で打てない

バックハンドはブロックのみ

フォアハンド主戦で戦う

回り込みを主軸として攻める

そういう方は必然的に回り込みが多くなります

 

じゃあどのタイミングで回り込みのために

動き始めるでしょうか?

 

◆相手が打ってから動くのが基本です

コーチしているとこういう方がいます

私が打つ前から

回り込みし始めている

 

私が速いドライブを打とうとして

それをカウンターしたいから

回り込んで打つということなら

わかる話です

早い段階で動き始めないと

間に合わないから

 

ですが、ツッツキですら

私が打つ前から

回り込みしようと

動き始めるわけです

これってけっこう危険な行為じゃないです?

例えば

  • 短く落とした
  • 反対方向に打ってきた
  • 厳しいコースに狙ってきた

 

どうでしょう?打てます?

厳しくないでしょうか?

反応して慌てて返すことはできますが

求めていた打球とは全然違うものになってしまいますよね

 

こうしてしまう原因はいくつかあります

フットワークが遅いというのもあるでしょう

フットワークだったら

早く速く動けるよう練習する必要があります

 

動き出しが遅いというのもあるでしょう

動き出しが遅いからスタートを早くせざるを得ない

よって打つ前から動き始めるわけですが

それでは来てほしいところに来なければおしまいです

前回のボールをよく見て打つと関係がありそうですね

 

回り込みしてフォアハンドを決める場合

相手が打ってから動くのが基本です

ですが、例外はもちろんあります

 

◆例外とはどんなときか

例外とは

このコースにしか返してこないと

わかりきっているときです

そのような状況にするにはいくつか方法があります

例えば

  • 厳しいコースに入れたとき
  • チキータやロングサーブなどの速いボール
  • 緩急の急で攻めたとき

そんなボールを打った後

もし回り込んで打つと決めたなら

打つ前から回り込み始めても

来てほしいボールが来ることが期待できますね

 

 

 

回り込みフォアがカンタンに決まるような

細かい戦術もお伝えしています

知りたい方はご相談ください!

ラインからでもいいですよ!

【卓球 攻撃】チャンスボールは待たれてます

チャンスボールはなるべくしてなっています

偶然ではないんですね

三谷です

今日は

チャンスボールの作り方と外し方

についてお話しします

◆チャンスボールとは?

チャンスボールとは

そう聞かれてみなさんは

どのように答えますか?

 

高いボールでしょうか

高いボールが来たら

やみくもに打つ方いますよね?

そしてミスする

それは果たしてチャンスボールなのでしょうか

 

チャンスボールを定義するなら

  • 最も打ちやすい高さ
  • 最も打ちやすいコース・長さ
  • 最も打ちやすい回転量

が自分の中で待っているボールと

一致したボールなんじゃないでしょうか

逆にこれが1つでも外れれば

チャンスボールとはなりにくくなり

求めているドライブの精度より落ちるため

スピードか回転量を犠牲にして

入れにいきます

 

たとえ低いボールで自分の中では入れたとしても

そのボールが打ちごろだった場合

その方からすればチャンスボールとなるわけですね

 

◆チャンスボールはなるべくしてなる

じゃあチャンスボールは突然降ってくるのでしょうか?

 

普通に考えてそんなことはありえませんね

チャンスボールは作り出されています

例えば

  • 切れていると思ってレシーブしたが切れておらず浮かせた
  • 急に長いサーブが来て打ちごろなボールを与えた

他にもたくさんあります

こういうものをたくさん持っており

しかるべきタイミングで使える方は

強いわけですね

 

◆防ぐためには

相手が考えていること

待っていることを

その通りにやってしまえば

チャンスボールとなってしまうわけですね

 

では防ぐにはどうすればいいのか

まず1番やるとまずいのは

 

カンペキを目指すこと

 

カンペキを目指そうとして打ちますと

プレッシャーを自らかけることになります

慣れているならともかく

慣れない方がやると

ミスします

さらにミスしないように

カンペキにいれようとします

結果、入らないor入ってもチャンスボールとなり

打たれるわけですね

カンペキ目指しているのにいいこと1つもありません

悲しいですね汗

 

チャンスボールを防ぐには

チャンスボールになる要素を

1つでも外せばいいわけです

この中で最もカンタンなのは

回転です

少しでもいいんです

回転をかけてやりましょう

 

レシーブで回転がわからないときは

チャンスボールを与えやすい環境ですから

いつもより少し回転をかけて返してやる

急にロングサーブが来たら

少しでも回転をかけて狂わせる

というような一工夫がほしいです

その積み重ねがチャンスボールを与える数を

減らしていきます

 

 

 

どんな状況がチャンスボールを与えやすいか

逆にチャンスボールを演出したい方は

三谷にご相談ください!