ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, レシーブ, 中級者以上, 理論

【卓球 レシーブ】好みのテンポでレシーブを選択

好みのテンポでレシーブを選択すると

後の展開が楽です

三谷です

今日は

レシーブの選択基準

についてお話します

◆なんとなくレシーブしてませんか?

レシーブの際多くの方が

ツッツキをします

 

なにか目的があってツッツキをするなら

問題ありません

ループドライブ打たせてカウンター狙う

カットマンだから相手にドライブさせてブチ切れカットを打つ

などですね

 

そういう目的もなく

なんとなくツッツキすると

なんとなくしたボールになりますから

サーバーが思っているようなボールが返ってしまい

3球目打たれてしまう

 

それならまだしも

今の卓球はスピードが求められますから

もっとレシーブから積極的に攻めていこう

先手を取っていこうと

色んな人が言います

 

その情報に従って

フリックをしてみたり

チキータを強引にしようとします

点がとれればラッキー

返されたら

そこから先のラリーを想定していないから

ミスになったり

テキトーなラリーをしてしまい

せっかくレシーブで先手を取ろうと

がんばったのにラリー戦になって

負けてしまう

 

すごく悲しくないですか?

 

◆チキータとストップでは性能がまるで違います

以前、上回転系レシーブと下回転系レシーブのお話をしました

その上で特徴とその後のラリー展開に合わせて

選びましょうとお話しました

 

上回転系のレシーブは速いテンポになりやすく

攻撃的なレシーブですね

下回転系のレシーブはゆっくりしたテンポから

急に速く打ったりもできますから

緩急をつけやすいレシーブだと言えます

 

そういう特徴を理解した上で

レシーブするならまだしも

何も考えず打てば

そこまで怖いレシーブではないです

また、そのレシーブが甘ければ

当然攻撃します

 

それでレシーブしても打たれると嘆くんだったら

当然の結果になりますよね

だって考えていないんですから

その後の展開も全く考えていないのですから

入ればラッキー

入らなかったら残念

そんな運任せの卓球を

あなたはしたいんでしょうか?

 

◆あなたはどんなラリーがしたいですか?

卓球はネットインやエッジボールといったように

1、2点の運は影響ありますが

卓球の勝敗に基本はありません

まずは相手のサーブを判断すること

その後の展開も踏まえて

適切なレシーブを選択すること

これが全てです

 

バック対バックが得意

高速卓球なら負ける気がしない

という自信があるなら

チキータをメーンのレシーブにすればいいですね

 

一方

4球目をカウンター攻撃で仕留めるのが得意

高速卓球に持ち込ませず

フォアハンドで勝負したい

という気持ちがあるなら

ストップやツッツキをメーンのレシーブにすればいいでしょう

 

これを考えられるようになって

初めて技術練習の成果を発揮することができます

なんとなくレシーブしても

なんとなくなラリー展開になるだけ

そのなんとなくに対して

強い選手はつけ込んでくるから

なかなか勝たせてもらえないわけです

マンツーマンレッスンを受けてみる