ブログ

HOME

>

ブログ


作成日:

カテゴリー:コーチング, 戦術, 理論

【卓球 上達】守備型に騙されるな!

守備型に騙されてはいけません

痛い目見ます

 

三谷です

今日は

守備型が騙すテクニック

についてお話しします

◆守備型

卓球でいう守備型とは

カットマンやペン粒といった

 

相手がかけた回転を利用して打球をし

ミスを誘う戦型を指します

 

チャンスがあれば

攻撃もするという

イヤらしい戦型でもありますね

 

◆騙すテクニック

これは一例です

  • 疲れてないのに疲れたフリをする
  • 全然つらくないのにつらそうなフリをする
  • 余裕でとれるのにがんばってとったアピールをする
  • わざとチャンスボールをつくって油断させる
  • わざと浮かせてミスを誘う(回転はめちゃくちゃかかっている

失点に加え

メンタルにもダメージを受ける

ミスの誘い方も入っています

 

カット型を相手にしたことがある方は

わかるかもしれません

 

やたら高くカットやロビングで

返してくる

それを打ちに行くが

ミスしてしまう

 

高いボールを打ちミスすると

どんな気持ちになりますか?

1点失うことに加え

なんであんなボールミスってしまったんだ

という気持ちにならないでしょうか?

 

実は

そんな気持ちにさせることが

騙すテクニックの真髄なのです

 

◆あくまで自分の根拠をもつ

騙されないようにするには

どうすればいいのか?

 

相手の動向に一喜一憂せず

自分なりの根拠をもって戦うこと

これにつきます

 

例えば

高いブチ切れのカットが飛んできたとします

そのカットを打つ場合

どういった根拠で打つのでしょうか?

 

もし

高いから打つ

と思って打ったのなら

引っかかりますね

自分なりの根拠が1つもなく

打ちに行くわけですから

ミスします

 

高いからに加えて

自分の体勢が整っている

大きく動くこともなく打ちに行ける

などの複数の根拠をもっていれば

打っても入る可能性は高くなります

 

自分の中に確信のようなものもなく

ただ高いから

ただ浅いから

というボールの事象を追っても

得点に結びつくことはありません

 

根拠は何か

これを自分の中で見出して

プレーしたいですね!

マンツーマンレッスンを受けてみる