ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 サーブ】〇〇サーブが効果的!

このサーブは効果的です

サーブが苦手でも

打たれる可能性はかなり低い

ですからサーブはしっかり練習すべきです

三谷です

今日は

サーブを出すのが苦手でも

オススメのサーブについて

お話しします

◆近年の主流

みなさんはサーブを出すとき

どの辺に出すことが多いでしょうか?

 

近年はチキータを警戒して

フォア~ミドル前付近に

出すことが多いです

加えてバック奥へのロングサーブが

見直されている感じがします

 

これはあくまで

チキータが多い

トップ層の話

 

みなさんはどうでしょう?

おそらくミドル~バック前に出すことが

多いんじゃないでしょうか?

 

◆なぜバック前が多い?

じゃあなぜバック前が多いのでしょうか?

これはおそらく

フォア前に打つと

レシーブで打たれて得点される

でもバックだと

ツッツキでレシーブしてくれる

このイメージが強いからかと思われます

 

トップ選手はフォア前が多いが

そうじゃない選手はバック前に出す

トレンドが違います

 

じゃあなぜフォア前に出すと

レシーブで打たれてしまうのか

答えは明白です

 

◆それは単に長いだけ

長いからですね

サーブが

台の中で2バウンドせず

1バウンドで台の外に出てしまう

 

長くなれば

ドライブでカンタンに打つことができます

 

さらに回転をかけようとして出すものの

中途半端にかかっているため

これまた打ちごろになってしまうんです

 

適度な長さに加え

適度な回転がかかってますから

打って得点することが

カンタンになってしまうんです

 

みなさんは台の中で2バウンドに収まるくらい

短いサーブを出せているでしょうか?

狙った回転と回転量で

出せているでしょうか?

 

もし出せないなら練習あるのみ!

10分でもいいので

サーブ練習はオススメします

必ずやる以上

精度を上げておいた方が

あなたがいざというとき

救ってくれます

 

でもそんな練習する時間がないんです

ボールをたくさん使ってできる機会が

なかなかないんです

という方にオススメのサーブがあります

 

◆〇〇サーブはレシーブ強打されにくい

絶対に打たれないサーブというのは

ありません

レベルがあがるほど

レシーブから攻撃する可能性が

高くなります

 

それでも打たれにくいサーブというのは

存在します

 

それは

ナックルサーブです

 

え?バカスカ打たれるんだけど汗

 

と思った方

次の条件を満たしているでしょうか?

  • 短いこと
  • 低いこと
  • フォア~ミドルであること

 

これらを満たしていると

打つことむずかしいんですね

 

カッコよく決めなくても

ナックルサーブ出しますよー

という雰囲気でいいですから

まずやってみましょう

だまされたと思って

 

それでも打たれる場合

どれか1つを満たしていないときか

バックハンドで打ってきたときです

 

バックハンドで打つ選手は

レベルが高い選手でしょう

その時に出したいのは

バックへのロングサーブ

 

強気にいきましょう

ひるんだら負けです!

【卓球 上達】わかるとできるは違います

わかるとできるは違います

これに気付かなければ

上達できるか決まってしまいます

三谷です

今日は

わかるとできる

についてお話しします

◆わかる

わかるとは

内容が詳細に見通せている場合や

知識などを自らのものとする場合に

使われます

 

卓球の話だと

フォアハンドはこのようにやる

バックハンドはこのようにやる

と教わったとします

 

それを聞いて

このようにやれば打てるんだと

理解することができれば

わかるという表現を使うことができます

 

◆できる

できるとは

能力があるという意味を持っています

スポーツの場では

コーチに言われたことを再現することが

できるかどうかの判別となります

 

先ほどの卓球の例なら

実際にフォアハンドやバックハンドを打ってみて

ラリーが続く

速いボールや

スピンがかかったボールが打てていれば

できるという表現を使えますね

 

◆わかるとできるは違う

本題です

わかるとできるは

同じでしょうか違うでしょうか?

そうですね

わかるとできるは違います

 

書籍や動画で

  • 巻き込みサーブはこのようにしましょう
  • チキータはこうやって打ちましょう

と説明していたとして

こうすれば入るんだなと

言葉の意味としてはわかっていても

実際やってみると

まったくできない

なんてことありませんか?

 

その一方

1度聞いただけでできる方もいます

でも、どうやってやったのと聞くと

言われた通り、見た通りにやっただけだよと

理解できる回答を得られないこともあります

この差はいったいなんなんでしょう?

 

以前、センスについての記事で

考える量の話をしました

できる方はその圧倒的な量があるから

いざやるときでも

コツや外したらダメなところが

口で説明できなくても

なんとなくでもわかっています

 

できる方とそうでない方の違いは

本質や外してはいけないところが

わかっているかどうか

わかっていればできる

そうでないならできません

 

練習だとできるが

ちょっと違う場面や

実践になるとできなくなる方も

マスターしたかといわれると

そうは言えませんね

 

◆できない場合は意外とわかっていない?

なかなかできないとお困りの方

にお聞きしたいのが

なぜできないのか

考えたことあるでしょうか?

 

先生やコーチに言われた通りやっている

うまい人に教わりながらやっている

にもかかわらずできないというのは

何かしらの原因があります

 

その原因に気付いているかどうかが

できるかどうかのポイントです

原因がわかっているのにできないのであれば

反復練習あるのみです

 

ですが

もしその原因すらわからない

考えている原因と実際の原因が

ズレているのであれば

わかっていない可能性があります

この場合はどうすればいいか

 

もう1度教えてもらうに限ります

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

素直に聞いた方が

あなたにとってもタメになりますよ!

 

 

 

ちなみに

巻き込みサーブの本質は

逆横回転サーブ

チキータの本質は

バックハンドです

【卓球 レシーブ】好みのテンポでレシーブを選択

好みのテンポでレシーブを選択すると

後の展開が楽です

三谷です

今日は

レシーブの選択基準

についてお話します

◆なんとなくレシーブしてませんか?

レシーブの際多くの方が

ツッツキをします

 

なにか目的があってツッツキをするなら

問題ありません

ループドライブ打たせてカウンター狙う

カットマンだから相手にドライブさせてブチ切れカットを打つ

などですね

 

そういう目的もなく

なんとなくツッツキすると

なんとなくしたボールになりますから

サーバーが思っているようなボールが返ってしまい

3球目打たれてしまう

 

それならまだしも

今の卓球はスピードが求められますから

もっとレシーブから積極的に攻めていこう

先手を取っていこうと

色んな人が言います

 

その情報に従って

フリックをしてみたり

チキータを強引にしようとします

点がとれればラッキー

返されたら

そこから先のラリーを想定していないから

ミスになったり

テキトーなラリーをしてしまい

せっかくレシーブで先手を取ろうと

がんばったのにラリー戦になって

負けてしまう

 

すごく悲しくないですか?

 

◆チキータとストップでは性能がまるで違います

以前、上回転系レシーブと下回転系レシーブのお話をしました

その上で特徴とその後のラリー展開に合わせて

選びましょうとお話しました

 

上回転系のレシーブは速いテンポになりやすく

攻撃的なレシーブですね

下回転系のレシーブはゆっくりしたテンポから

急に速く打ったりもできますから

緩急をつけやすいレシーブだと言えます

 

そういう特徴を理解した上で

レシーブするならまだしも

何も考えず打てば

そこまで怖いレシーブではないです

また、そのレシーブが甘ければ

当然攻撃します

 

それでレシーブしても打たれると嘆くんだったら

当然の結果になりますよね

だって考えていないんですから

その後の展開も全く考えていないのですから

入ればラッキー

入らなかったら残念

そんな運任せの卓球を

あなたはしたいんでしょうか?

 

◆あなたはどんなラリーがしたいですか?

卓球はネットインやエッジボールといったように

1、2点の運は影響ありますが

卓球の勝敗に基本はありません

まずは相手のサーブを判断すること

その後の展開も踏まえて

適切なレシーブを選択すること

これが全てです

 

バック対バックが得意

高速卓球なら負ける気がしない

という自信があるなら

チキータをメーンのレシーブにすればいいですね

 

一方

4球目をカウンター攻撃で仕留めるのが得意

高速卓球に持ち込ませず

フォアハンドで勝負したい

という気持ちがあるなら

ストップやツッツキをメーンのレシーブにすればいいでしょう

 

これを考えられるようになって

初めて技術練習の成果を発揮することができます

なんとなくレシーブしても

なんとなくなラリー展開になるだけ

そのなんとなくに対して

強い選手はつけ込んでくるから

なかなか勝たせてもらえないわけです

【卓球 サーブ】縦回転=味方 横回転=敵?

縦回転は味方

横回転は敵になる可能性があると思っています

三谷です

今日は

いざというときは縦回転の方がいい

という話をします

◆縦回転と横回転

卓球には回転の要素がかなり強いスポーツです

回転を大まかに分けると

2つにすることができます

 

縦回転

下回転(バックスピン)

上回転(トップスピン)

無回転(ナックル)

 

横回転

右利きの場合

順横回転(時計回り)

逆横回転(反時計回り)

 

それぞれ特徴があります

縦回転 

単純でわかりやすい回転

返されてもわかりやすい回転

どのコースにも返球しやすい

質の高いサーブを出すには技量がいる

 

横回転 

複雑でわかりにくい回転

返されるとわかりにくい回転

返球コースを予測しやすい

技量が少なくてもサーブで点がとりやすい

 

どちらも強くなるためには

磨いた方がいいのですが

どっちを特に磨いた方がいいかと訊かれたら

縦回転と答えます

 

◆なぜ縦回転がいいのか?

なぜ縦回転なのか

順を追って説明します

三谷の中で

縦回転は味方になってくれることが多いが

横回転は敵になることがある

そう思っています

  • 特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる
  • 変化したボールを打つのはけっこうむずかしい
  • 速いラリーがあまり好きではない

横回転は卓球ならではの回転かなと

私は感じます

横回転を意図的に出し

その回転に合わせて返すスポーツは

卓球くらいじゃないでしょうか(笑)

野球でも曲がるピッチングはあれど

バットとボールにはそこまで摩擦があるわけではない

飛ばしたい方向にスイングして

当たれば飛んでくれます

 

①特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる

横回転は制約をつけなければ

比較的カンタンに返球できます

厳しいコース狙う

回転を見極めて返す

といった制約を設けなければ

多少ラケットの角度が狂っても返ります

 

縦回転は厳しいコースを狙わなくても

ラケット角度が狂うと

相手のミスを誘って得点を狙いやすいです

 

 

②変化したボールを打つのはけっこうむずかしい

横回転のボールをレシーブすると

横回転かもっと複雑な回転になって

返ってきやすい

それを攻撃しようとする場合

しっかり練習していないと

ミスする可能性があがります

せっかくのチャンスボールが来たのに

打ち損じて失点ってもったいないですよね汗

 

縦回転のボールをレシーブされても

たいていの場合

下回転か上回転です

普段練習するような回転だと思うんですよね

攻撃しても得点しやすい

変化もわかりやすい

ミスも横回転を打つことに比べ

減るかと思われます

 

③速いラリーがあまり好きではない

最後は速いラリーですね

私の好みではあるのですが

速いラリーがそこまで好きではありません

レシーブはツッツキかストップを誘いたい

横回転はフリックやドライブ

チキータなどの速いレシーブを誘いやすいと

感じています

縦回転(特に下回転)に比べると

横回転は打ちやすいんですね

もし打たれるのが嫌いで遅いラリーにしたいのであれば

縦回転です

 

◆下回転を磨く

縦回転でも特に

下回転をオススメするのですが

下回転が切れないという方

かなりいらっしゃいます

  • ボールの底を擦りましょう
  • ボールを救うように擦りましょう
  • 手首を使って擦りましょう

などと言われます

共通しているのが擦る

サーブを切るコツはいろいろあれど

擦ることができないと

切るもへったくれもないんですね汗

 

 

 

切れなくて困っている

切れてないからすぐ打たれる

三谷のレッスンを実践した方は

まったく切れていない→切れて戻ってくる

くらいになるサーブを10分強でできるようになっていますよ!

受講生からも

今までできなかったサーブがこんなカンタンにできるとは思わなかった

といううれしい言葉もいただいてます!