ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 レシーブ】好みのテンポでレシーブを選択

好みのテンポでレシーブを選択すると

後の展開が楽です

三谷です

今日は

レシーブの選択基準

についてお話します

◆なんとなくレシーブしてませんか?

レシーブの際多くの方が

ツッツキをします

 

なにか目的があってツッツキをするなら

問題ありません

ループドライブ打たせてカウンター狙う

カットマンだから相手にドライブさせてブチ切れカットを打つ

などですね

 

そういう目的もなく

なんとなくツッツキすると

なんとなくしたボールになりますから

サーバーが思っているようなボールが返ってしまい

3球目打たれてしまう

 

それならまだしも

今の卓球はスピードが求められますから

もっとレシーブから積極的に攻めていこう

先手を取っていこうと

色んな人が言います

 

その情報に従って

フリックをしてみたり

チキータを強引にしようとします

点がとれればラッキー

返されたら

そこから先のラリーを想定していないから

ミスになったり

テキトーなラリーをしてしまい

せっかくレシーブで先手を取ろうと

がんばったのにラリー戦になって

負けてしまう

 

すごく悲しくないですか?

 

◆チキータとストップでは性能がまるで違います

以前、上回転系レシーブと下回転系レシーブのお話をしました

その上で特徴とその後のラリー展開に合わせて

選びましょうとお話しました

 

上回転系のレシーブは速いテンポになりやすく

攻撃的なレシーブですね

下回転系のレシーブはゆっくりしたテンポから

急に速く打ったりもできますから

緩急をつけやすいレシーブだと言えます

 

そういう特徴を理解した上で

レシーブするならまだしも

何も考えず打てば

そこまで怖いレシーブではないです

また、そのレシーブが甘ければ

当然攻撃します

 

それでレシーブしても打たれると嘆くんだったら

当然の結果になりますよね

だって考えていないんですから

その後の展開も全く考えていないのですから

入ればラッキー

入らなかったら残念

そんな運任せの卓球を

あなたはしたいんでしょうか?

 

◆あなたはどんなラリーがしたいですか?

卓球はネットインやエッジボールといったように

1、2点の運は影響ありますが

卓球の勝敗に基本はありません

まずは相手のサーブを判断すること

その後の展開も踏まえて

適切なレシーブを選択すること

これが全てです

 

バック対バックが得意

高速卓球なら負ける気がしない

という自信があるなら

チキータをメーンのレシーブにすればいいですね

 

一方

4球目をカウンター攻撃で仕留めるのが得意

高速卓球に持ち込ませず

フォアハンドで勝負したい

という気持ちがあるなら

ストップやツッツキをメーンのレシーブにすればいいでしょう

 

これを考えられるようになって

初めて技術練習の成果を発揮することができます

なんとなくレシーブしても

なんとなくなラリー展開になるだけ

そのなんとなくに対して

強い選手はつけ込んでくるから

なかなか勝たせてもらえないわけです

【卓球 マシン】オススメするマシン練習

マシン練習は初めてやる方には特にオススメです

三谷です

今日は

マシン練習について

お話しします

◆マシン練習していますか

みなさんは

マシンを使った練習をしているでしょうか

 

始めたときに少しやったとか

全然やったことない

という方もいるでしょうし

しっかりやっています

という方もいるでしょう

 

三谷の場合は

普段なかなか打てない

スピードやスピンがかかったボールを受けたい

そんな時に利用することがあります

 

◆基礎固めのイメージですが

マシン練習をイメージすると

フォア打ち

バック打ち

ツッツキ

あたりをイメージするでしょう

 

あとは首振り機能を使って

切り替えしたり

フットワークしたり

この辺もやるかもしれないですね

 

もちろんそういう練習に適しています

特に卓球始めた方で

周りに球出しする方がいない場合

マシンを効率よく使うことで

上達が見込めます

続けられるようになれば

対人練習しても

十分納得のいく練習ができるでしょう

 

◆こんな練習もできる

初心者向けの練習がメーンではありますが

工夫すれば他にもあります

例えば

  • 横回転を出してレシーブ練習する
  • 反射物に当ててロビング打ちをする
  • マシンから出たボールを打ちもう1人の人がそれを返す
  • ネットにわざと当ててネットインを拾う
  • ラケットを固定させて返ってきたボールを打つ(異質ラバーに当てる)

などはありますね

まだまだあるでしょう

 

◆どんなマシンがいいのか

卓球用のマシンは

いくつか種類があります

安いものですと2万~3万

高いものですと10万以上するものもありますね

 

マシンの選び方ですが

  • どれくらいの期間使いたいかと
  • 卓球選手としてどうなりたいかで

決めれば問題ありません

 

中学生の数年間や

初心者から脱却して打てるようになりたい方は

アイポンプロのようなもので問題ありません

基本的な機能がついてますから

十分な練習ができます

5年10年と継続してやるつもりで

多球練習くらいの質、それ以上の質を

マシン練習で求める方

地区大会はおろか

県や全国以上も望む方は

ロボポンのような

機能がたくさんついているもの

プログラムできるもの

細かく設定できるものをオススメします

マシンを使いこなして

相手がいなくても

技術レベルを向上できるよう

練習していきましょう

【卓球 サーブ】縦回転=味方 横回転=敵?

縦回転は味方

横回転は敵になる可能性があると思っています

三谷です

今日は

いざというときは縦回転の方がいい

という話をします

◆縦回転と横回転

卓球には回転の要素がかなり強いスポーツです

回転を大まかに分けると

2つにすることができます

 

縦回転

下回転(バックスピン)

上回転(トップスピン)

無回転(ナックル)

 

横回転

右利きの場合

順横回転(時計回り)

逆横回転(反時計回り)

 

それぞれ特徴があります

縦回転 

単純でわかりやすい回転

返されてもわかりやすい回転

どのコースにも返球しやすい

質の高いサーブを出すには技量がいる

 

横回転 

複雑でわかりにくい回転

返されるとわかりにくい回転

返球コースを予測しやすい

技量が少なくてもサーブで点がとりやすい

 

どちらも強くなるためには

磨いた方がいいのですが

どっちを特に磨いた方がいいかと訊かれたら

縦回転と答えます

 

◆なぜ縦回転がいいのか?

なぜ縦回転なのか

順を追って説明します

三谷の中で

縦回転は味方になってくれることが多いが

横回転は敵になることがある

そう思っています

  • 特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる
  • 変化したボールを打つのはけっこうむずかしい
  • 速いラリーがあまり好きではない

横回転は卓球ならではの回転かなと

私は感じます

横回転を意図的に出し

その回転に合わせて返すスポーツは

卓球くらいじゃないでしょうか(笑)

野球でも曲がるピッチングはあれど

バットとボールにはそこまで摩擦があるわけではない

飛ばしたい方向にスイングして

当たれば飛んでくれます

 

①特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる

横回転は制約をつけなければ

比較的カンタンに返球できます

厳しいコース狙う

回転を見極めて返す

といった制約を設けなければ

多少ラケットの角度が狂っても返ります

 

縦回転は厳しいコースを狙わなくても

ラケット角度が狂うと

相手のミスを誘って得点を狙いやすいです

 

 

②変化したボールを打つのはけっこうむずかしい

横回転のボールをレシーブすると

横回転かもっと複雑な回転になって

返ってきやすい

それを攻撃しようとする場合

しっかり練習していないと

ミスする可能性があがります

せっかくのチャンスボールが来たのに

打ち損じて失点ってもったいないですよね汗

 

縦回転のボールをレシーブされても

たいていの場合

下回転か上回転です

普段練習するような回転だと思うんですよね

攻撃しても得点しやすい

変化もわかりやすい

ミスも横回転を打つことに比べ

減るかと思われます

 

③速いラリーがあまり好きではない

最後は速いラリーですね

私の好みではあるのですが

速いラリーがそこまで好きではありません

レシーブはツッツキかストップを誘いたい

横回転はフリックやドライブ

チキータなどの速いレシーブを誘いやすいと

感じています

縦回転(特に下回転)に比べると

横回転は打ちやすいんですね

もし打たれるのが嫌いで遅いラリーにしたいのであれば

縦回転です

 

◆下回転を磨く

縦回転でも特に

下回転をオススメするのですが

下回転が切れないという方

かなりいらっしゃいます

  • ボールの底を擦りましょう
  • ボールを救うように擦りましょう
  • 手首を使って擦りましょう

などと言われます

共通しているのが擦る

サーブを切るコツはいろいろあれど

擦ることができないと

切るもへったくれもないんですね汗

 

 

 

切れなくて困っている

切れてないからすぐ打たれる

三谷のレッスンを実践した方は

まったく切れていない→切れて戻ってくる

くらいになるサーブを10分強でできるようになっていますよ!

受講生からも

今までできなかったサーブがこんなカンタンにできるとは思わなかった

といううれしい言葉もいただいてます!