ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 サーブ】〇〇サーブが効果的!

このサーブは効果的です

サーブが苦手でも

打たれる可能性はかなり低い

ですからサーブはしっかり練習すべきです

三谷です

今日は

サーブを出すのが苦手でも

オススメのサーブについて

お話しします

◆近年の主流

みなさんはサーブを出すとき

どの辺に出すことが多いでしょうか?

 

近年はチキータを警戒して

フォア~ミドル前付近に

出すことが多いです

加えてバック奥へのロングサーブが

見直されている感じがします

 

これはあくまで

チキータが多い

トップ層の話

 

みなさんはどうでしょう?

おそらくミドル~バック前に出すことが

多いんじゃないでしょうか?

 

◆なぜバック前が多い?

じゃあなぜバック前が多いのでしょうか?

これはおそらく

フォア前に打つと

レシーブで打たれて得点される

でもバックだと

ツッツキでレシーブしてくれる

このイメージが強いからかと思われます

 

トップ選手はフォア前が多いが

そうじゃない選手はバック前に出す

トレンドが違います

 

じゃあなぜフォア前に出すと

レシーブで打たれてしまうのか

答えは明白です

 

◆それは単に長いだけ

長いからですね

サーブが

台の中で2バウンドせず

1バウンドで台の外に出てしまう

 

長くなれば

ドライブでカンタンに打つことができます

 

さらに回転をかけようとして出すものの

中途半端にかかっているため

これまた打ちごろになってしまうんです

 

適度な長さに加え

適度な回転がかかってますから

打って得点することが

カンタンになってしまうんです

 

みなさんは台の中で2バウンドに収まるくらい

短いサーブを出せているでしょうか?

狙った回転と回転量で

出せているでしょうか?

 

もし出せないなら練習あるのみ!

10分でもいいので

サーブ練習はオススメします

必ずやる以上

精度を上げておいた方が

あなたがいざというとき

救ってくれます

 

でもそんな練習する時間がないんです

ボールをたくさん使ってできる機会が

なかなかないんです

という方にオススメのサーブがあります

 

◆〇〇サーブはレシーブ強打されにくい

絶対に打たれないサーブというのは

ありません

レベルがあがるほど

レシーブから攻撃する可能性が

高くなります

 

それでも打たれにくいサーブというのは

存在します

 

それは

ナックルサーブです

 

え?バカスカ打たれるんだけど汗

 

と思った方

次の条件を満たしているでしょうか?

  • 短いこと
  • 低いこと
  • フォア~ミドルであること

 

これらを満たしていると

打つことむずかしいんですね

 

カッコよく決めなくても

ナックルサーブ出しますよー

という雰囲気でいいですから

まずやってみましょう

だまされたと思って

 

それでも打たれる場合

どれか1つを満たしていないときか

バックハンドで打ってきたときです

 

バックハンドで打つ選手は

レベルが高い選手でしょう

その時に出したいのは

バックへのロングサーブ

 

強気にいきましょう

ひるんだら負けです!

【卓球 フォア】クロスとストレートを打ち分ける

フォアでクロスとストレートを打ち分ければ

得点力はあがります

三谷です

今日は

フォアでクロスとストレートに打ち分ける方法

についてお話しします

◆一般的に打ち分けってどうやるのか

バックに来たボールを

バックハンドでクロスとストレートを

打ち分けるのは

フォアのそれに比べてカンタンです

  • 身体の向きを変えること
  • ラケットの向きを変えること

これだけで打ち分けられます

 

じゃあフォアは?

ということになります

 

もちろんフォアも

身体の向きを変えること

ラケットの向きを変えること

で打ち分けることができます

 

ですがフォアはバックより

動かせる箇所が多くなります

続けるくらいのラリーでしたら

まだできると思います

 

これがフォアの強打で得点したいとき

なかなかストレートに打てない

そういう方いらっしゃるんじゃないでしょうか

 

◆打球点を遅らせるとどうなるか

フォアに来たボールを

フォアハンドでクロスやストレートに打ち分ける場合

一般的には

  • スタンスの向きを変える
  • 打球点を遅らせる

方法を使って打ち分けます

 

ですがこれにはデメリットがあり

スタンスを変えてしまえば

カンのいい方は

ストレートに来ると気づくことでしょう

 

打球点を遅らせると

打ち方が変わるため

ミスが増えたりワンコースしか狙えなくなったりと

実践で使うとなると厳しいのかなという印象を持ちます

 

じゃあ実践で使えて

打ち分けもタイミング変えることなく

フォアで決めに行くボールを打ち分けるには

どのようにしたらいいでしょうか?

 

◆決めに行くならボールの内と外で打ち分ける

私がやっている方法をご紹介します

まずクロスへ打つ場合

バックスイングをとります

自分から見てボールの外側をとらえるように打ちます

巻き込むイメージです(実際には巻き込みません)

 

ストレートに打つ場合

バックスイングをとります

自分から見てボールの内側をとらえるように打ちます

ラケット面を開き横回転をかけながら打つイメージです

 

打つタイミングはほとんど同じです

身体を回転させますから

身体の中心付近にボールが来たらインパクト

ボールの外側なのか

内側なのかでコースを変えています

 

これでカウンターが狙えるようになると

ホントに得点できるくらいの技術に化けます

【卓球 上達】完璧にこだわると強くなれない

完璧にこだわると

いつまでたっても強くなれません

三谷です

今日は

完璧にこだわるとまずいですよ

というお話をします

◆完璧にこだわりすぎてない?

こちらでもご紹介していますが

練習時間を見ると

圧倒的に技術に割く時間が多いです

 

なぜかな~と私なりに考えてみました

いくつかあるでしょう

その中でこれかなと思ったのが

完璧を目指そうとする

からなのかと仮設を立てています

どういうことか

 

ある日フォアハンドを練習したとして

大小違えどうまくなったとします

ですが本人の中でイマイチ納得がいっていない場合

もっとフォアハンドをうまくしてから

他の技術の練習をしよう

そう思ってしまうんじゃないかと感じています

 

ですがやれどもやれども

いつまでたっても自分が追い求めているような

理想のフォアハンドを打つことができず

時間だけが過ぎていく

 

結局他の技術の調整が試合までに間に合わず

大したことができず終わってしまう

だからじゃないかと思ったわけです

 

◆完璧にこだわるといつまでたっても強くなれない

卓球とはサーブレシーブから始まり

3球目4球目と続き

それでも決まらなければ

ラリー戦に持ち込まれます

 

ラリーのおよそ70%

5球以内で終わるそうです

試合で使うフォアハンドは

多くて1試合中数十本です

 

実際はそれ以上に大事な技術が

ありますよね?

 

そうです

サーブレシーブです

 

サーブレシーブから始まるわけですから

この2つは必ず避けて通ることができない技術

サーブレシーブを無視して

フォアハンドやバックハンドばかり

練習する方もいます

試合しないならまだしも

多くの方は試合で勝ちたいから練習するんじゃないでしょうか

 

フォアやバックがうまくいかないと

その練習ばかりしてしまうのです

フォアやバックを完璧にするまで終わらない

 

じゃあそんな方にお聞きしたい

あなたの求めるフォアやバックの完璧って

どんなものなんでしょうか?

どんなボールもノーミスでしょうか

どんなボールも得点できるようなボールを打つことでしょうか

そういった目的すら

決まっていない方がなんと多いことか

 

◆80できたら次へ移る

私から提案するのはこれ

80%くらいできるようになったら次へ移る

 

80%くらいできるがみなさんによって変わりますが

例えば

会心のフォアハンドが2~3本決まったらバックやる

台上処理が2本に1本くらいでイメージ通りのボールが打てたら次に移る

くらいの感覚

理想より物足りないかなーくらいで大丈夫です

 

100%じゃなくていいのか?

その日の体調で最大限の打ち心地にならなくていいのか

 

と思うかもしれませんが

問題ありません

本番前日でしっかりやって最高のイメージで臨むのであれば

しっかりやるべきでしょうが

普段の練習から完璧にこだわる必要はありません

試合で使うすべての技術が80%以上のデキにして

それでももっとという状態になって

完璧を目指す方が

時間を有効に使えます

 

◆必ず実践練習しましょう

80%やった上で大事なのは

必ず実戦練習までやりましょう

フォアクロスのドライブだけやって

満足して終わりでは

ただやっただけ

試合で使える技術にはなりません

 

試合で勝つことを目標にやるのでしたら

そこまでを想定したうえで

練習していきましょう

【卓球 マシン】オススメするマシン練習

マシン練習は初めてやる方には特にオススメです

三谷です

今日は

マシン練習について

お話しします

◆マシン練習していますか

みなさんは

マシンを使った練習をしているでしょうか

 

始めたときに少しやったとか

全然やったことない

という方もいるでしょうし

しっかりやっています

という方もいるでしょう

 

三谷の場合は

普段なかなか打てない

スピードやスピンがかかったボールを受けたい

そんな時に利用することがあります

 

◆基礎固めのイメージですが

マシン練習をイメージすると

フォア打ち

バック打ち

ツッツキ

あたりをイメージするでしょう

 

あとは首振り機能を使って

切り替えしたり

フットワークしたり

この辺もやるかもしれないですね

 

もちろんそういう練習に適しています

特に卓球始めた方で

周りに球出しする方がいない場合

マシンを効率よく使うことで

上達が見込めます

続けられるようになれば

対人練習しても

十分納得のいく練習ができるでしょう

 

◆こんな練習もできる

初心者向けの練習がメーンではありますが

工夫すれば他にもあります

例えば

  • 横回転を出してレシーブ練習する
  • 反射物に当ててロビング打ちをする
  • マシンから出たボールを打ちもう1人の人がそれを返す
  • ネットにわざと当ててネットインを拾う
  • ラケットを固定させて返ってきたボールを打つ(異質ラバーに当てる)

などはありますね

まだまだあるでしょう

 

◆どんなマシンがいいのか

卓球用のマシンは

いくつか種類があります

安いものですと2万~3万

高いものですと10万以上するものもありますね

 

マシンの選び方ですが

  • どれくらいの期間使いたいかと
  • 卓球選手としてどうなりたいかで

決めれば問題ありません

 

中学生の数年間や

初心者から脱却して打てるようになりたい方は

アイポンプロのようなもので問題ありません

基本的な機能がついてますから

十分な練習ができます

5年10年と継続してやるつもりで

多球練習くらいの質、それ以上の質を

マシン練習で求める方

地区大会はおろか

県や全国以上も望む方は

ロボポンのような

機能がたくさんついているもの

プログラムできるもの

細かく設定できるものをオススメします

マシンを使いこなして

相手がいなくても

技術レベルを向上できるよう

練習していきましょう

【卓球 フットワーク】相手が打ってから動きます

相手が打ってから動くのが基本です

三谷です

今日は

回り込みはどのタイミングで動くのがいいか

についてお話しします

◆回り込みのタイミングはどこで動き出しますか?

みなさんは回り込む際

ボールが来てから

どのタイミングで動き出すでしょうか?

 

本来はバックハンドで打ちたいけど

苦手で打てない

バックハンドはブロックのみ

フォアハンド主戦で戦う

回り込みを主軸として攻める

そういう方は必然的に回り込みが多くなります

 

じゃあどのタイミングで回り込みのために

動き始めるでしょうか?

 

◆相手が打ってから動くのが基本です

コーチしているとこういう方がいます

私が打つ前から

回り込みし始めている

 

私が速いドライブを打とうとして

それをカウンターしたいから

回り込んで打つということなら

わかる話です

早い段階で動き始めないと

間に合わないから

 

ですが、ツッツキですら

私が打つ前から

回り込みしようと

動き始めるわけです

これってけっこう危険な行為じゃないです?

例えば

  • 短く落とした
  • 反対方向に打ってきた
  • 厳しいコースに狙ってきた

 

どうでしょう?打てます?

厳しくないでしょうか?

反応して慌てて返すことはできますが

求めていた打球とは全然違うものになってしまいますよね

 

こうしてしまう原因はいくつかあります

フットワークが遅いというのもあるでしょう

フットワークだったら

早く速く動けるよう練習する必要があります

 

動き出しが遅いというのもあるでしょう

動き出しが遅いからスタートを早くせざるを得ない

よって打つ前から動き始めるわけですが

それでは来てほしいところに来なければおしまいです

前回のボールをよく見て打つと関係がありそうですね

 

回り込みしてフォアハンドを決める場合

相手が打ってから動くのが基本です

ですが、例外はもちろんあります

 

◆例外とはどんなときか

例外とは

このコースにしか返してこないと

わかりきっているときです

そのような状況にするにはいくつか方法があります

例えば

  • 厳しいコースに入れたとき
  • チキータやロングサーブなどの速いボール
  • 緩急の急で攻めたとき

そんなボールを打った後

もし回り込んで打つと決めたなら

打つ前から回り込み始めても

来てほしいボールが来ることが期待できますね

 

 

 

回り込みフォアがカンタンに決まるような

細かい戦術もお伝えしています

知りたい方はご相談ください!

ラインからでもいいですよ!