ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 フットワーク】フットワークは覚えましょう

フットワークは覚えましょう

なぜなら

動けないと話にならないからです

 

三谷です

今日は

フットワークについて

お話しします

 

 

◆動かない人多すぎ

こんなことないでしょうか?

 

足を全く動かさない

 

自分から離れたところに

ボールが来たら

手を伸ばしたりして

取ろうとする

身体を傾けて取ろうとします

 

伸ばして無理そうなら諦める

 

足が根を生やしたかのように

動く気配すらない

 

これはワンコースで練習ばかりしていると

ありがちな現象です

 

じゃあどのようにして

動けるようにすればいいのでしょうか?

 

◆フットワークとは足運びです

フットワークとは足運び

 

ボールに対して

打ちやすいところに移動して打つこと

 

そのためワンコースで

フォアやバック

ツッツキやドライブなど

打てるようになったら

動いて打つ練習をいれましょう

 

試合で勝つためには

動かなければならないときが

たくさんあります

 

◆フットワークはきついのか?

フットワークって

きついからやりたくない

そういうイメージを持つ方が

いるかもしれません

 

ひょっとしたら

フットワークは

反復横跳びみたく

動くものだと思っているかもしれません

 

そういうものだと思っていれば

きついものになります

 

フットワークはあくまで足運び

反復横跳びみたく動くことが

フットワーク

というわけではないんですね

 

まずフットワークを覚えるのなら

反復横跳びである

ことから卒業しましょう

 

1歩でも2歩でも

動いて打つ

大きく動いても

小さく動いても

フットワーク

 

これをマスターすることで

ワンコースで打てていたボールが

動いても打てるようになるんですね!

 

 

【卓球 マシン】オススメするマシン練習

マシン練習は初めてやる方には特にオススメです

三谷です

今日は

マシン練習について

お話しします

◆マシン練習していますか

みなさんは

マシンを使った練習をしているでしょうか

 

始めたときに少しやったとか

全然やったことない

という方もいるでしょうし

しっかりやっています

という方もいるでしょう

 

三谷の場合は

普段なかなか打てない

スピードやスピンがかかったボールを受けたい

そんな時に利用することがあります

 

◆基礎固めのイメージですが

マシン練習をイメージすると

フォア打ち

バック打ち

ツッツキ

あたりをイメージするでしょう

 

あとは首振り機能を使って

切り替えしたり

フットワークしたり

この辺もやるかもしれないですね

 

もちろんそういう練習に適しています

特に卓球始めた方で

周りに球出しする方がいない場合

マシンを効率よく使うことで

上達が見込めます

続けられるようになれば

対人練習しても

十分納得のいく練習ができるでしょう

 

◆こんな練習もできる

初心者向けの練習がメーンではありますが

工夫すれば他にもあります

例えば

  • 横回転を出してレシーブ練習する
  • 反射物に当ててロビング打ちをする
  • マシンから出たボールを打ちもう1人の人がそれを返す
  • ネットにわざと当ててネットインを拾う
  • ラケットを固定させて返ってきたボールを打つ(異質ラバーに当てる)

などはありますね

まだまだあるでしょう

 

◆どんなマシンがいいのか

卓球用のマシンは

いくつか種類があります

安いものですと2万~3万

高いものですと10万以上するものもありますね

 

マシンの選び方ですが

  • どれくらいの期間使いたいかと
  • 卓球選手としてどうなりたいかで

決めれば問題ありません

 

中学生の数年間や

初心者から脱却して打てるようになりたい方は

アイポンプロのようなもので問題ありません

基本的な機能がついてますから

十分な練習ができます

5年10年と継続してやるつもりで

多球練習くらいの質、それ以上の質を

マシン練習で求める方

地区大会はおろか

県や全国以上も望む方は

ロボポンのような

機能がたくさんついているもの

プログラムできるもの

細かく設定できるものをオススメします

マシンを使いこなして

相手がいなくても

技術レベルを向上できるよう

練習していきましょう

【卓球 フットワーク】相手が打ってから動きます

相手が打ってから動くのが基本です

三谷です

今日は

回り込みはどのタイミングで動くのがいいか

についてお話しします

◆回り込みのタイミングはどこで動き出しますか?

みなさんは回り込む際

ボールが来てから

どのタイミングで動き出すでしょうか?

 

本来はバックハンドで打ちたいけど

苦手で打てない

バックハンドはブロックのみ

フォアハンド主戦で戦う

回り込みを主軸として攻める

そういう方は必然的に回り込みが多くなります

 

じゃあどのタイミングで回り込みのために

動き始めるでしょうか?

 

◆相手が打ってから動くのが基本です

コーチしているとこういう方がいます

私が打つ前から

回り込みし始めている

 

私が速いドライブを打とうとして

それをカウンターしたいから

回り込んで打つということなら

わかる話です

早い段階で動き始めないと

間に合わないから

 

ですが、ツッツキですら

私が打つ前から

回り込みしようと

動き始めるわけです

これってけっこう危険な行為じゃないです?

例えば

  • 短く落とした
  • 反対方向に打ってきた
  • 厳しいコースに狙ってきた

 

どうでしょう?打てます?

厳しくないでしょうか?

反応して慌てて返すことはできますが

求めていた打球とは全然違うものになってしまいますよね

 

こうしてしまう原因はいくつかあります

フットワークが遅いというのもあるでしょう

フットワークだったら

早く速く動けるよう練習する必要があります

 

動き出しが遅いというのもあるでしょう

動き出しが遅いからスタートを早くせざるを得ない

よって打つ前から動き始めるわけですが

それでは来てほしいところに来なければおしまいです

前回のボールをよく見て打つと関係がありそうですね

 

回り込みしてフォアハンドを決める場合

相手が打ってから動くのが基本です

ですが、例外はもちろんあります

 

◆例外とはどんなときか

例外とは

このコースにしか返してこないと

わかりきっているときです

そのような状況にするにはいくつか方法があります

例えば

  • 厳しいコースに入れたとき
  • チキータやロングサーブなどの速いボール
  • 緩急の急で攻めたとき

そんなボールを打った後

もし回り込んで打つと決めたなら

打つ前から回り込み始めても

来てほしいボールが来ることが期待できますね

 

 

 

回り込みフォアがカンタンに決まるような

細かい戦術もお伝えしています

知りたい方はご相談ください!

ラインからでもいいですよ!