ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 フォア】クロスとストレートを打ち分ける

フォアでクロスとストレートを打ち分ければ

得点力はあがります

三谷です

今日は

フォアでクロスとストレートに打ち分ける方法

についてお話しします

◆一般的に打ち分けってどうやるのか

バックに来たボールを

バックハンドでクロスとストレートを

打ち分けるのは

フォアのそれに比べてカンタンです

  • 身体の向きを変えること
  • ラケットの向きを変えること

これだけで打ち分けられます

 

じゃあフォアは?

ということになります

 

もちろんフォアも

身体の向きを変えること

ラケットの向きを変えること

で打ち分けることができます

 

ですがフォアはバックより

動かせる箇所が多くなります

続けるくらいのラリーでしたら

まだできると思います

 

これがフォアの強打で得点したいとき

なかなかストレートに打てない

そういう方いらっしゃるんじゃないでしょうか

 

◆打球点を遅らせるとどうなるか

フォアに来たボールを

フォアハンドでクロスやストレートに打ち分ける場合

一般的には

  • スタンスの向きを変える
  • 打球点を遅らせる

方法を使って打ち分けます

 

ですがこれにはデメリットがあり

スタンスを変えてしまえば

カンのいい方は

ストレートに来ると気づくことでしょう

 

打球点を遅らせると

打ち方が変わるため

ミスが増えたりワンコースしか狙えなくなったりと

実践で使うとなると厳しいのかなという印象を持ちます

 

じゃあ実践で使えて

打ち分けもタイミング変えることなく

フォアで決めに行くボールを打ち分けるには

どのようにしたらいいでしょうか?

 

◆決めに行くならボールの内と外で打ち分ける

私がやっている方法をご紹介します

まずクロスへ打つ場合

バックスイングをとります

自分から見てボールの外側をとらえるように打ちます

巻き込むイメージです(実際には巻き込みません)

 

ストレートに打つ場合

バックスイングをとります

自分から見てボールの内側をとらえるように打ちます

ラケット面を開き横回転をかけながら打つイメージです

 

打つタイミングはほとんど同じです

身体を回転させますから

身体の中心付近にボールが来たらインパクト

ボールの外側なのか

内側なのかでコースを変えています

 

これでカウンターが狙えるようになると

ホントに得点できるくらいの技術に化けます

【卓球 上達】勝てる情報は相手が持ってます

勝てる情報は相手が持っています

勝ちたいなら相手を見ましょう

三谷です

今日は

ボールを見るなら相手を見ましょう

ということについてお話しします

◆どこを見ていますか?

みなさんは普段

どこを見て打っていますか?

多くの方がおそらく

 

ボール

 

と答えるんじゃないでしょうか

確かにボールを見ることは大事なのかもしれないです

 

そもそも

ボールを見ないと当たらないじゃないか

というのもあるし

コーチや先生も

ボールをよく見て打ちなさいよー

なんていいます

卓球やったことがあり教えを受けたことがある方は

ボールをよく見て打つことが大事なんだと

と言われたことがあると思いますし

大事にしている方も多いんじゃないでしょうか

 

また、トップ選手もフォアハンドを打つとき

顔を横に向けて打っていますね

やっぱプロ選手もボールをよく見て打ってるじゃん

と言いたくなります

 

ですがそれでも三谷はあえて言いたい

そんなにボールをよく見なくても

打てるんじゃないかと

むしろ勝つためには

相手のことも見ないといけないんじゃないでしょうか

 

◆ボールをよく見ることがミスにつながっているとしたら?

卓球ではよく言われるのが

しょうもないミス(凡ミス)は

減らしましょう

 

その通りです

凡ミスはないほど当然いい

だからまずはミスしないよう続ける練習をするというのも

よくわかります

だからたくさん練習をしてミスを減らそうと

するわけですね

 

実際の試合も自分で打って決めた点より

相手のミスでもらった点の方が多い

そうじゃないでしょうか

 

じゃあですよ

そのミスがボールをよく見ているから

起こっているのだとしたら

どう思いますか?

 

ツッツキでラリーのような

スピードの遅いラリーでしたら

ボールをよく見て打つ時間があると思いますが

  • バック対バック
  • ドライブをブロックする
  • フットワークでコースに打ち分ける

というような練習はもう少しボールスピードがあがる

 

これをすべてボールをよく見て打つとどうなるか

  • 目が追いつきません
  • 相手見ていられません
  • ミスの原因がわからないから改善できない

ボールをよく見て打つことが大事だと普段から信じている方は

ミスした場合

こう思いやすいんじゃないでしょうか

 

もっとボールをよく見ないとダメだ

 

ホントにそうなのでしょうか?

ホントにそれが原因なのでしょうか?

 

◆三谷は〇〇をよく見てます

じゃあ三谷はどこを見ていると思いますか?

私の場合、打ったら

相手のラケット付近を見ます

相手が打ったら

打つ瞬間のボールの飛び出しを見ます

これだけです

 

ボールはほとんど見ていません

私の場合ボールを見てしまうと

ミスが増えることに加え

戻りが遅くなってしまうからです

 

ボールを見るとこんな気持ちになります

今のボール入ったかな、どうかな…


(バウンドした)


あっ、入った、次の備えないと


(打たれる)


反応遅れたー準備できてねー泣


あっさりノータッチ

そんなことがよく起こっていました

だからこう思うようにしています

 

打ったら当然入る

入るんだから狙ったところ付近と相手のラケットを見て

次に備えよう

 

そのおかげもありノータッチで抜けることがかなり減りました

また、ブロック練習でも

ラケットに当たらない

ラケットの真ん中にちゃんと当たらないことが

大幅に改善されました

 

 

 

私の場合

ボールを見ることをあまり意識しないことで

ミスが減るという結果になりました

ミスが減った分、自分の卓球に対してはもちろん

相手を見ることへの余裕もできますので

相手がいないところや嫌なところを

狙いやすくなっています

結果勝てる情報を収集しやすい環境を作っているのかなと感じます

実践するかどうかはみなさんにお任せします

やってみていけそうならやってみましょう

 

なぜミスが減るのか

どう意識するといいのかといった細かいことを知り

上を目指したいお気持ちがありましたら

三谷がご相談に乗ります!

【卓球 メンタル】声を出して試合に勝つ!

声を出せば試合で勝てるのか?

三谷です

今日は

声を出すと試合で勝てるのか

についてお話しします

 

◆声を出す

みなさんは試合中に声を出しているでしょうか?

  • 点をとったとき
  • 構えるとき
  • ミスをしたとき

こういった場面で出すことが多いんじゃないでしょうか

 

昔、三谷は声を出すことを嫌っていました

恥ずかしいしダサい

気迫や根性で勝つ

そんなイメージが付きまとって

なんか嫌でした

 

卓球は技術や戦術

パワースピード、メンタルなど

そういう要素が集まって強いかどうか決まる

そう思っていましたから

声を出すっていうことをほとんどしてませんでした

 

でも、メンタルトレーニングの勉強をしていくうちに

声を出すことが

自己肯定感をあげ

メンタル強化につながっていくという

お話を受け

そうなのかなーとおもうようになっていったわけです

 

◆自己肯定感がメンタルを強くする

自己肯定感

聞きなれない言葉かと思われます

一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会によりますと

自己肯定感とは自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。

そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、自己価値を感じて自らの全存在を肯定する「自己肯定感」の感覚は、何ができるか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります。

この感覚を持てると、自分を尊重するように、他者や周りも尊重できます。すると他者からも尊重され、お互いに尊重し合える関係が作れます。

自分は尊重するが、相手や周りは、尊重しない、自分の価値は認めるが、相手の価値は認められない、どちらかというと自分さえよければいいと身勝手な思考、行動をとりやすい傾向の人は「自己肯定感」が高いとは言えません。

又、自己肯定感が高いことは、今の自分に妥協して成長を止めたり、傲慢になることではなく、どんな自分であっても、今の自分を受け入れることで、恐れや不安や自己否定からではない、安心感をベースにした真の意欲とともに、前に進む力を与えてくれるものです。

どんな自分も受け入れ、肯定することで、外側からの評価で揺らされることなく、自分軸で自分の価値を感じ、自己承認できる力のことを当協会では「自己肯定力」といいます。自己肯定力が高まると感情が安定し、物事を肯定的に捉え、何事にも意欲的になれます。「自己肯定力」は自己を信頼できる自信の源となります。

自己肯定感は、高い、低いと表現されますが、自己肯定感が高いから良い、低いから悪いということではありません。この感覚は人の優劣を決めるものではありませんが、この感覚が高いか、低いかが人の人生に与える影響は大きくなります。

卓球というスポーツにおいて

メンタルは非常に重要です

 

相手が近いところにいるため

調子がいいかどうかわかってしまいます

その上、試合の進むスピードが早いため

どうしようかと考えている間に終わってしまうのです

 

試合をする以上

調子が悪いところをつけこまれたくないですよね

多少調子が悪くても

調子を取り戻すことができます

いくつか方法がありますが

カンタンにできることが

声を出すことなのです

 

居酒屋とかのバイトをしたことある方ならこんな経験ありませんか?

気分か多少よくなくても

いらっしゃいませー!

をつられて他の人と声を出していると

なんか調子悪いのが気にならなくなり

集中できるようになった

 

実は声を出すことにはそんな効果もあり

よい言葉をかけることで調子もよくなってきます

 

卓球でもヨー!とか聞いたことあると思います

点を決めたときに声を出したり

ガッツポーズをとると

無意識のうちにプレーがよかったと認めることとなります

 

いいプレーを認めること

これを自己肯定感といいます

これが強い選手はメンタルが強く

競った場面でも勝ちやすくなります

  • 9-9の場面
  • 最終ゲーム
  • 団体戦のラスト

などモノにしたい場面ってけっこうあるんじゃないでしょうか

 

いいプレーを出して

得点することができたら

声を出してガッツポーズをとってみましょう

調子いい状態で進めやすくなりますよ!

 

メンタルについてもう少しくわしく知りたい

卓球はそこまでだけどメンタルに興味がある

そんな方はぜひ三谷にご相談ください

 

 

 

卓球スクールのタクティブにお邪魔しました

動画見直せるってのはいいですね!