ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】本質を見抜いてブレイクスルー

本質を見抜くとブレイクスルーがカンタンです

事象ばかり追っても勝てないんですね

三谷です

今日は

事象と本質について

お話しします

◆事象と本質は違う

初めにお伝えします

事象と本質は全くの別物です

今回は上のツイートを例に

ご紹介します

 

この件、実はうちの教室にいらっしゃった

実際のお客様の例です

 

その方は試合で表ソフトの方に当たって

負けました

そのために挙げた課題が

表ソフト対策でした

 

気持ちは大変よくわかります

表ソフトの方が相手で

しかもそこまで速いボールを打つ選手ではない

ゆるくつなぐことをメーンとしてたのだそう

そのボールをバックで合わせるのですが

ミスが増え失点を重ねていったそうです

 

確かにこれだけを見ると

表ソフト特有のボールに慣れるために

表ソフトを対策した方が

いい気がします

 

◆事象を追いたくなりがちだが追うと解決しない

ですが、実際は表ソフトのみに対し

ミスが多いわけではありませんでした

試しに裏ソフトで極力同じ回転になるよう

球出しをしてみました

表ソフト対策でということなら

難なく返せるはずです

 

しかし裏ソフトで送ったボールでも

ミスが多かった

つなぎのボールに対しては

どんなラバーで打っても

ミスを重ねていたんですね

 

ということは表だろうと裏だろうと

ミスするのですから

表ソフトの対策ではなく

バックハンドの練習や

つなぎのボールをカウンターで決める練習をするのが

その方にとって大事な練習であり

ブレイクスルーです

 

表ソフトに慣れるという

その場の感情を解消するために

事象だけ追いかけても

解決することはむずかしかったといえるでしょう

 

◆本質を見抜くには?

事象に目もくれず

本質を的確に見抜いて

練習濃度が格段に向上します

 

見抜くコツは

なんだと思いますか?

このフレーズを使い続けること

なぜ?

を徹底的に突き詰めていくことです

 

今回の場合だと

表ソフト選手に負けたのはなぜなのか?

からスタートします

つなぎのボールに対しミスを重ねたから

ということになります

ではなぜミスを重ねてしまったのか

ゆるいボールとゆるい回転を打ち切れなかったから

ではなぜそういったボールを打ち切れなかったのか

そういうボールが表ソフトじゃなくても飛んで来たら

返せるのか?

 

このようにして

今回の事例の本質を見抜いていくわけですね

ゆるいつなぎのボールに対し

打ちこまなかったから

その練習をすることで

課題解決できるのではないか

 

ここまで来たらあとは

具体的な練習プランに落とし込むだけです

なぜ打てないのかを自分なりに分析し

仮説検証を繰り返し

解決していきます

  • 身体の使い方が悪いのか
  • 押し出すようなスイングをしているのか
  • ラケットハンドに力がやたらと入っているのか
  • 打球点が早すぎるor遅すぎる

などなど

地道ですが1つ1つチェックし

つぶしていきます

 

こうすることでやっと課題解決の目が見えてくるんですね

事象だけ追って練習するのはカンタンですが

物事の本質を解決できないことが多い

本質を見抜いて練習に落とし込むことが

少ない時間でも解決できる可能性が

大幅にあがるのです

これをやるのはけっこう大変なんですけどね汗

【卓球 攻撃】チャンスボールは待たれてます

チャンスボールはなるべくしてなっています

偶然ではないんですね

三谷です

今日は

チャンスボールの作り方と外し方

についてお話しします

◆チャンスボールとは?

チャンスボールとは

そう聞かれてみなさんは

どのように答えますか?

 

高いボールでしょうか

高いボールが来たら

やみくもに打つ方いますよね?

そしてミスする

それは果たしてチャンスボールなのでしょうか

 

チャンスボールを定義するなら

  • 最も打ちやすい高さ
  • 最も打ちやすいコース・長さ
  • 最も打ちやすい回転量

が自分の中で待っているボールと

一致したボールなんじゃないでしょうか

逆にこれが1つでも外れれば

チャンスボールとはなりにくくなり

求めているドライブの精度より落ちるため

スピードか回転量を犠牲にして

入れにいきます

 

たとえ低いボールで自分の中では入れたとしても

そのボールが打ちごろだった場合

その方からすればチャンスボールとなるわけですね

 

◆チャンスボールはなるべくしてなる

じゃあチャンスボールは突然降ってくるのでしょうか?

 

普通に考えてそんなことはありえませんね

チャンスボールは作り出されています

例えば

  • 切れていると思ってレシーブしたが切れておらず浮かせた
  • 急に長いサーブが来て打ちごろなボールを与えた

他にもたくさんあります

こういうものをたくさん持っており

しかるべきタイミングで使える方は

強いわけですね

 

◆防ぐためには

相手が考えていること

待っていることを

その通りにやってしまえば

チャンスボールとなってしまうわけですね

 

では防ぐにはどうすればいいのか

まず1番やるとまずいのは

 

カンペキを目指すこと

 

カンペキを目指そうとして打ちますと

プレッシャーを自らかけることになります

慣れているならともかく

慣れない方がやると

ミスします

さらにミスしないように

カンペキにいれようとします

結果、入らないor入ってもチャンスボールとなり

打たれるわけですね

カンペキ目指しているのにいいこと1つもありません

悲しいですね汗

 

チャンスボールを防ぐには

チャンスボールになる要素を

1つでも外せばいいわけです

この中で最もカンタンなのは

回転です

少しでもいいんです

回転をかけてやりましょう

 

レシーブで回転がわからないときは

チャンスボールを与えやすい環境ですから

いつもより少し回転をかけて返してやる

急にロングサーブが来たら

少しでも回転をかけて狂わせる

というような一工夫がほしいです

その積み重ねがチャンスボールを与える数を

減らしていきます

 

 

 

どんな状況がチャンスボールを与えやすいか

逆にチャンスボールを演出したい方は

三谷にご相談ください!

【卓球 上達】感覚を自分のものにするには?

感覚を自分のものにするには?

三谷です

今日は

感覚習得に必要なもの

についてお話しします

◆感覚に自信がありますか?

みなさんは

感覚

に自信があるでしょうか?

 

卓球は感覚のスポーツと呼ばれるくらい

手の感覚がものすごく大事

このHPを見ている方にも

自分の感覚に自信がない

そういう方も多いんじゃないでしょうか

 

じゃあ卓球に必要な感覚はどのように鍛えればいいのか

考えたことあるでしょうか?

ただ長時間練習すればいい

確かに若い方は長時間の練習を実践すれば

吸収力が強い分

必要な感覚をすばやく身につけることはできるでしょう

ですがなかなか練習時間がとれないという若い方でも

これを身につけることができれば早い上達が見込めます

 

大人の方でなかなか上達しないという方は

特に身につけてほしいです

 

◆感覚を身につけるには?

三谷の中で感覚を身につけるためには

このようなサイクルをたどって

身についていくのではないかという仮説をもっています

新しく感覚やうまくなる感覚を身につけたい場合

その感覚を言葉で理解する必要があります

これは自分の言葉はもちろん

コーチやうまい方など

他人の言葉でも構いません

俗に言う

感覚を言語化する

作業です

 

この作業を積み重ねていくと

理論ができあがります

 

大事なのはここから

できた理論を

自分が理解できる感覚へ直します

 

思い描いた感覚通りにプレーすることができれば

その感覚を身につけたということができるでしょう

センスがいい方は

このサイクルがものすごく早い

だからすんなり習得できる上

コーチを求められても

自分なりの理論がわかっていますから

言葉にして説明することができる

天才は

言語化しなくても感覚がすんなりわかる

だからコーチを求められると

言語化したことがないから

どう説明すればいいのかわからない

だからなんでこんなこともわからんの?

という言葉が出てしまうんですね

◆感覚を鍛える手っ取り早い方法とは?

このサイクルを早くするために必要なのは

変換能力

そう思っています

じゃあ、変換能力を鍛える

手っ取り早い方法はなんなのか?

 

たくさん練習することで変換能力は身につくでしょうか?

厳しいんじゃないかとおもいます

 

変換能力を鍛える方法ですが

私は読書をオススメします

でも、ただ読書をすればいいというわけではない

例えば評論だったら

筆者が言いたいことはなんなのか

これを読書しながら考えること

紙に書いてもいいですね

小説なら

登場人物が

何を考えているのか

どんな気持ちなのか

を考えてみる

学校の勉強でこれを鍛える教科があります

国語です

国語力がある方は

センスがいいんじゃないかと思っています

センスや感覚を磨きたければ

国語力を鍛えましょう

国語力は

上達のために一役買ってくれることでしょう

 

 

 

ここまでいっておきながら

私は国語が嫌いです

ですから、どうすれば国語の点がとれるか

勉強しました

おかげで得意ではないにしても

昔に比べて点がとれるようになったかなという印象があります