ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】書籍には強くなる秘訣あり!

書籍には強くなる秘訣が隠れています

読んでみましょう

三谷です

今日は

書籍

についてお話しします

◆書籍

みなさんは

書籍(本)を読んでいるでしょうか?

 

卓球に関するものはもちろん

卓球以外のことも含みます

 

卓球とは一見関係なさそうな本でも

卓球に関係したりすることもあります

 

◆なぜ書籍がいいのか

書籍を読むということは

インプットをするということです

 

学校の勉強に例えると

大変わかりやすいかと思います

 

  • 学校の授業を受ける
  • 宿題をこなす

 

これがインプットです

引き出しを持つ

と表現することもできますね

 

インプットだけでいいのか?

 

そうもいきませんよね

 

学校の授業を受けるのは

  • 単位を取るため
  • 試験で得点をとるため
  • さらには受験をパスするため

でもあるからです

 

勉強したこと学んだことを

TPOに合わせて形を変え表現することを

 

アウトプット

 

といいます

 

引き出しの中を取り出す

と表現することもできるでしょう

 

学校の授業以外でも

インプットできる場所は

多々あります

 

その1つが書籍

書籍のアウトプットは

学校の試験とは違い

決まり切った形で示すことがむずかしい

 

この

インプットの量と

アウトプットの量が

多ければ多いほど

人は賢い・博識と呼びます

(ウケがいいかはさておき)

 

インプットとアウトプット

別に勉強や知識に限ったことではありません

 

スポーツだって同じです

練習=インプット

試合=アウトプット

と表現できますね

 

試合で勝つために練習するわけですから

インプットとアウトプットがつながっていないと

何もできず終わってしまうわけです

 

 

負けてしまう原因を

インプットとアウトプットの観点から分析すると

大きく2つのことがあげられます

 

  • インプットもしくはアウトプット不足
  • アウトプットのタイミングを誤る

 

インプットとアウトプット不足は

練習量や本番で力を発揮できず終わったパターン

普段から本番も意識した練習をやりましょう

 

じゃあもう1つ

タイミングを誤る

これの練習には

卓球する以外に

書籍が使えるのではないかと考えています

 

◆引き出しを持つと中を出す

引き出しをただ持てばいいかというと

そうでもない

 

中を出すための引き出しですから

出しやすいようにしておく

必要があるんじゃないでしょうか?

 

以前お話ししたノートに書く

これは引き出しの中を出すに

当たります

 

そして書籍を読むことは

引き出しを持つに当たります

 

さらに、文章を読み

筆者が何が言いたいか

何が大事なのかを考えて抜き出す

言葉を示すことは

引き出しの中を出す練習になりますね

 

つまり書籍は

使い方をしっかりすれば

引き出しを持つことも中を出すことも

できるようになります

 

書籍を読むこむことでも

卓球の技術とまではいかないものの

立派な練習になります

 

ぜひ実践してみましょう!

【卓球 上達】わかるとできるは違います

わかるとできるは違います

これに気付かなければ

上達できるか決まってしまいます

三谷です

今日は

わかるとできる

についてお話しします

◆わかる

わかるとは

内容が詳細に見通せている場合や

知識などを自らのものとする場合に

使われます

 

卓球の話だと

フォアハンドはこのようにやる

バックハンドはこのようにやる

と教わったとします

 

それを聞いて

このようにやれば打てるんだと

理解することができれば

わかるという表現を使うことができます

 

◆できる

できるとは

能力があるという意味を持っています

スポーツの場では

コーチに言われたことを再現することが

できるかどうかの判別となります

 

先ほどの卓球の例なら

実際にフォアハンドやバックハンドを打ってみて

ラリーが続く

速いボールや

スピンがかかったボールが打てていれば

できるという表現を使えますね

 

◆わかるとできるは違う

本題です

わかるとできるは

同じでしょうか違うでしょうか?

そうですね

わかるとできるは違います

 

書籍や動画で

  • 巻き込みサーブはこのようにしましょう
  • チキータはこうやって打ちましょう

と説明していたとして

こうすれば入るんだなと

言葉の意味としてはわかっていても

実際やってみると

まったくできない

なんてことありませんか?

 

その一方

1度聞いただけでできる方もいます

でも、どうやってやったのと聞くと

言われた通り、見た通りにやっただけだよと

理解できる回答を得られないこともあります

この差はいったいなんなんでしょう?

 

以前、センスについての記事で

考える量の話をしました

できる方はその圧倒的な量があるから

いざやるときでも

コツや外したらダメなところが

口で説明できなくても

なんとなくでもわかっています

 

できる方とそうでない方の違いは

本質や外してはいけないところが

わかっているかどうか

わかっていればできる

そうでないならできません

 

練習だとできるが

ちょっと違う場面や

実践になるとできなくなる方も

マスターしたかといわれると

そうは言えませんね

 

◆できない場合は意外とわかっていない?

なかなかできないとお困りの方

にお聞きしたいのが

なぜできないのか

考えたことあるでしょうか?

 

先生やコーチに言われた通りやっている

うまい人に教わりながらやっている

にもかかわらずできないというのは

何かしらの原因があります

 

その原因に気付いているかどうかが

できるかどうかのポイントです

原因がわかっているのにできないのであれば

反復練習あるのみです

 

ですが

もしその原因すらわからない

考えている原因と実際の原因が

ズレているのであれば

わかっていない可能性があります

この場合はどうすればいいか

 

もう1度教えてもらうに限ります

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

素直に聞いた方が

あなたにとってもタメになりますよ!

 

 

 

ちなみに

巻き込みサーブの本質は

逆横回転サーブ

チキータの本質は

バックハンドです