ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 身体】身体は柔らかい方がいい

身体は柔らかい方がいいです

三谷です

今日は

身体を柔らかさ

についてお話しします

◆もともと身体は柔らかいようにできている

ヒトはもともと

身体が柔らかく動くようにできています

 

例えば

開脚したら180度になる

立位体前屈したら手が床につく

といったことは

本来ならできるはずです

ですが日常生活で

  • 普段から姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 長時間同じ体勢を維持することが多い

こういう方は

開脚しても180度いかない

立位体前屈で手が床につかない

ということがあります

 

◆身体が硬いと

身体が硬くたって

私生活には困らないじゃないか

 

そう意地を張る方もいるかもしれませんね笑

ですが、メリットはほぼなく

デメリットばかりなんですね

 

こちらのHPによりますと

  • 太りやすい
  • 疲れが取れない
  • 肩こりや腰痛の悪化
  • むくみや冷え性になりやすい

とされています

 

身体が硬いということは

筋肉や関節が硬いということ

最悪、ケガをして選手生命絶たれたら

元も子もないですね

 

◆ここだけは柔らかい方がいい

卓球ではどうなのか

動く動作と打つ動作がある以上

柔らかい方がいいです

 

どこを柔らかくしておくといいのか?

2つあります

 

1つは肩甲骨

背中にあるボコッとなっているところです

一時期流行ってました肩甲骨はがし

肩こりの予防になります

 

スイングするときも

ここを伸ばしたり

縮めて打つことで

力を入れなくても速いボールが打てるようになります

それくらい大事な場所

 

もう1つは股関節

ビートたけしのコマネチ(古いか笑)をする際に

手を当てるところが股関節です(厳密にはそこからさらに奥)

 

腰を使って打ちなさい

に代表される

腰は

股関節を指します

 

開脚するなどしてほぐしましょう

 

◆使い方を知らないと硬く感じてしまうことも

例えば立位体前屈の際

身体が硬い方は

床から手が10㎝以上離れている

なんてこともあります

 

ホントに硬い

というケースもありますが

立位体前屈をどこから曲げたらいいのか

知らないという方もいます

 

ちなみに、床から手が10㎝以上離れている方は

硬いか

背骨から曲げているかのどちらか

立位で股関節をストレッチする場合は

ヒザは曲げていいので

手を付けてみましょう

 

身体を柔らかくするストレッチは

毎日やること

数分でもいいですから

毎日やりましょう!