ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】早さがすべて…ではない!

早さがすべてではない!

卓球は早さも大事だが

早さがすべてではないです

 

三谷です

今日は

早さ

についてお話しします

◆早さとは

卓球での早さは

重要な役割をします

 

例えば

  • フットワークの早さ
  • 打球点の早さ
  • 戻りの早さ

 

早さの意味合いは少し変わりますが

  • ボールスピード
  • スイングスピード

 

これも速さとして重要であると

認識されています

 

今回は早さでも

打球点に焦点を当ててみましょう

 

◆早さはホントに大事なのか

フットワークの早さ

戻りの早さ

は早いほどいいですね

 

じゃあ

打球点の早さ

これはどうでしょうか?

 

確かに早いほど

得点率はあがるでしょう

ですがこれは

自身もむずかしいというリスクもあります

 

さらに相手も慣れてしまえば

合わせてくるでしょう

 

早さは得点できるメリットもありながら

扱いがむずかしく失点しやすい

というデメリットももっています

デメリットを考慮せず

点とれるから打点を早くしろ

と念仏のように唱えるのは

疑問を覚えてしまいますね

 

◆早さ以外で点を取る

じゃあ早さ以外で

どうやって点を取ればいいのか?

 

代表的なのが

  • コース
  • 回転

この2つでしょう

 

コースなら

左右と前後

ミドルに打ってもいいですね

 

回転ですと

回転量が少ないものと

めっちゃかかってるもの

この落差で点を取りに行きます

 

他にも

  • 打球点を遅くする
  • 横回転を加える
  • 高さを変える

 

などたくさんあります

打球点が早いことは得点とるための1要素であって

それがないと得点できないかといわれると

そうでもない

 

これらをうまく組み合わて

点を取ります

バカの1つ覚えで早く早くとやっても

効果は薄いです

【卓球 サーブ】〇〇サーブが効果的!

このサーブは効果的です

サーブが苦手でも

打たれる可能性はかなり低い

ですからサーブはしっかり練習すべきです

三谷です

今日は

サーブを出すのが苦手でも

オススメのサーブについて

お話しします

◆近年の主流

みなさんはサーブを出すとき

どの辺に出すことが多いでしょうか?

 

近年はチキータを警戒して

フォア~ミドル前付近に

出すことが多いです

加えてバック奥へのロングサーブが

見直されている感じがします

 

これはあくまで

チキータが多い

トップ層の話

 

みなさんはどうでしょう?

おそらくミドル~バック前に出すことが

多いんじゃないでしょうか?

 

◆なぜバック前が多い?

じゃあなぜバック前が多いのでしょうか?

これはおそらく

フォア前に打つと

レシーブで打たれて得点される

でもバックだと

ツッツキでレシーブしてくれる

このイメージが強いからかと思われます

 

トップ選手はフォア前が多いが

そうじゃない選手はバック前に出す

トレンドが違います

 

じゃあなぜフォア前に出すと

レシーブで打たれてしまうのか

答えは明白です

 

◆それは単に長いだけ

長いからですね

サーブが

台の中で2バウンドせず

1バウンドで台の外に出てしまう

 

長くなれば

ドライブでカンタンに打つことができます

 

さらに回転をかけようとして出すものの

中途半端にかかっているため

これまた打ちごろになってしまうんです

 

適度な長さに加え

適度な回転がかかってますから

打って得点することが

カンタンになってしまうんです

 

みなさんは台の中で2バウンドに収まるくらい

短いサーブを出せているでしょうか?

狙った回転と回転量で

出せているでしょうか?

 

もし出せないなら練習あるのみ!

10分でもいいので

サーブ練習はオススメします

必ずやる以上

精度を上げておいた方が

あなたがいざというとき

救ってくれます

 

でもそんな練習する時間がないんです

ボールをたくさん使ってできる機会が

なかなかないんです

という方にオススメのサーブがあります

 

◆〇〇サーブはレシーブ強打されにくい

絶対に打たれないサーブというのは

ありません

レベルがあがるほど

レシーブから攻撃する可能性が

高くなります

 

それでも打たれにくいサーブというのは

存在します

 

それは

ナックルサーブです

 

え?バカスカ打たれるんだけど汗

 

と思った方

次の条件を満たしているでしょうか?

  • 短いこと
  • 低いこと
  • フォア~ミドルであること

 

これらを満たしていると

打つことむずかしいんですね

 

カッコよく決めなくても

ナックルサーブ出しますよー

という雰囲気でいいですから

まずやってみましょう

だまされたと思って

 

それでも打たれる場合

どれか1つを満たしていないときか

バックハンドで打ってきたときです

 

バックハンドで打つ選手は

レベルが高い選手でしょう

その時に出したいのは

バックへのロングサーブ

 

強気にいきましょう

ひるんだら負けです!

【卓球 上達】わかるとできるは違います

わかるとできるは違います

これに気付かなければ

上達できるか決まってしまいます

三谷です

今日は

わかるとできる

についてお話しします

◆わかる

わかるとは

内容が詳細に見通せている場合や

知識などを自らのものとする場合に

使われます

 

卓球の話だと

フォアハンドはこのようにやる

バックハンドはこのようにやる

と教わったとします

 

それを聞いて

このようにやれば打てるんだと

理解することができれば

わかるという表現を使うことができます

 

◆できる

できるとは

能力があるという意味を持っています

スポーツの場では

コーチに言われたことを再現することが

できるかどうかの判別となります

 

先ほどの卓球の例なら

実際にフォアハンドやバックハンドを打ってみて

ラリーが続く

速いボールや

スピンがかかったボールが打てていれば

できるという表現を使えますね

 

◆わかるとできるは違う

本題です

わかるとできるは

同じでしょうか違うでしょうか?

そうですね

わかるとできるは違います

 

書籍や動画で

  • 巻き込みサーブはこのようにしましょう
  • チキータはこうやって打ちましょう

と説明していたとして

こうすれば入るんだなと

言葉の意味としてはわかっていても

実際やってみると

まったくできない

なんてことありませんか?

 

その一方

1度聞いただけでできる方もいます

でも、どうやってやったのと聞くと

言われた通り、見た通りにやっただけだよと

理解できる回答を得られないこともあります

この差はいったいなんなんでしょう?

 

以前、センスについての記事で

考える量の話をしました

できる方はその圧倒的な量があるから

いざやるときでも

コツや外したらダメなところが

口で説明できなくても

なんとなくでもわかっています

 

できる方とそうでない方の違いは

本質や外してはいけないところが

わかっているかどうか

わかっていればできる

そうでないならできません

 

練習だとできるが

ちょっと違う場面や

実践になるとできなくなる方も

マスターしたかといわれると

そうは言えませんね

 

◆できない場合は意外とわかっていない?

なかなかできないとお困りの方

にお聞きしたいのが

なぜできないのか

考えたことあるでしょうか?

 

先生やコーチに言われた通りやっている

うまい人に教わりながらやっている

にもかかわらずできないというのは

何かしらの原因があります

 

その原因に気付いているかどうかが

できるかどうかのポイントです

原因がわかっているのにできないのであれば

反復練習あるのみです

 

ですが

もしその原因すらわからない

考えている原因と実際の原因が

ズレているのであれば

わかっていない可能性があります

この場合はどうすればいいか

 

もう1度教えてもらうに限ります

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

素直に聞いた方が

あなたにとってもタメになりますよ!

 

 

 

ちなみに

巻き込みサーブの本質は

逆横回転サーブ

チキータの本質は

バックハンドです

【卓球 上達】遊べるようになると強くなる?

遊べるようになると

強くなれます

遊びこそ人を強くする

三谷です

今日は

遊びについてお話しします

◆まずは基本練習から

遊びとは

ここでは点を取るためには

ムダなものと表現しても

いいかもしれませんね

 

ですが基本練習だけでは

得ることのできない

感覚やテクニックを味わうこともできるでしょう

 

もしそれができたなら

試合のここぞという場面で

活躍してくれるかもしれません!

 

いきなり遊びから入ってもいいですが

フォアとバックの最低限のラリーは

できるようになった方が

より遊ぶのに効果的です

 

◆基本練習を使った遊び

ここまでできたらさぞ楽しいことでしょう

スマッシュとロビングでのラリーが多いですね

ロビングを使うことは

ほとんどないかもしれません

 

ですが、ロビングって

卓球台に対して

どれくらいの力加減で打てば入るかといった

距離感つかむ感覚を養うのに

効果的な技術なんですね

ただあげるだけでもいいですが

回転かけたりしてもおもしろいですね

 

少々トリッキーですがこんなのも

回転の仕組みを知ったり

ボールの飛び方を理解したりするのにも

一躍買ってくれますね

 

◆遊べるようになると強くなる

初めに言っておきますと

遊びができたからといって

直接強さに影響するわけではありません

 

ですが

卓球は感覚のスポーツと呼ばれるくらい

打った感覚がものすごく大事です

感覚を養うのには

遊びがものすごく適しているんですね

 

ガチでやる遊びもあれば

感覚を養うレクリエーションの要素も入った遊びもありますが

始めるうえで大事なことが多いです

基本練習をやり続けるのもいいですが

別のアプローチからも

できるようになると

幅が広がっていいですね!

【卓球 戦術】戦術をコロコロ変えるのが卓球

戦術はコロコロ変わります

変えられる方は強いですね

三谷です

今日は

戦術を変えることについて

お話しします

◆戦術持ってますか?

あなたは点を取るための戦術をもっているでしょうか?

例えば

横回転サーブを出して

ツッツキさせ

回り込んでフォアハンド

などですね

 

こういった戦術をもっているかどうかはもちろん

1つ1つの戦術の精度や幅で

得点の取りやすさが決まってきます

 

もし、そんな戦術1つも持っていない

それどころか

勝つために戦術いるの?

って思っている方

必要です

まずは考えてみましょう

 

◆戦術を変えるには?

ここから先は

戦術を1つでも持っている方に対してのお話です

戦術がない方はまずは

自分なりに考えてみましょう

 

戦術を持っている方へお聞きしたい

どんな戦術でしょうか?

例えば

横回転サーブからの3球目だったり

ミドルを攻めたり

バックに集めてフォアに大きく動かす

などは考えているかもしれませんね

 

ですが1つの戦術ばかり使っていると

相手もわかってきますので

最初の時より効かなくなってくるでしょう

こんなとき

あなたならどうしますか?

 

横回転サーブを出してた方は

逆横回転のサーブで攻めるでしょうか?

もちろんそれもありですね

 

ミドルばかり攻めていたなら

フォアとバックに散らすのも

あるでしょう

 

バックに集めてフォアが慣れられてきたら

フォアばかりに集めて

バックに送るというのもいいでしょう

 

このように

戦術を変える場合

大きく3通り存在します

それが

  • 何かを増やす
  • 何かを減らす
  • 何かを変える

この3つです

 

◆増やすか減らすか変えるで決まる

横回転のサーブから

レシーブしてもらい

回り込んで3球目攻撃をする

この戦術を例に考えてみましょう

 

今までツッツキだったのが

慣れてきたせいもあってフリックやドライブなどで

攻撃してきた

これでは3球目攻撃のタイミングが合わず

打てません

 

1つは先ほど出した

逆横回転サーブといった

何かを変えるというパターン

 

これは効果的であり

間違いなく思いつくものでしょう

変えるための引き出しが必要なので

準備が大事です

 

もし、準備していなかったとしたら

増やすか減らすを考えてみることをオススメします

サーブがバック側ばかりに出していたのなら

バック側に出すのを減らし

フォア側に出す

 

短いサーブばかりで長いサーブを

ほとんど出していないのなら

長いサーブを多くする

 

回転をそこまでかけずに出していたのなら

しっかり回転をかけてサーブを出す

などですね

 

別の戦術を使っても

慣れられたらどうすればいいのか?

戻せばいいんです

 

戦術って何十個も持っておく必要があるのかといわれる

そうでもないんです

2~3個くらいでオッケー

これらを状況に応じて

入れ替えて使っていくのが

戦術なのです

【卓球 技術】回転落ちたからこそのナックル

回転落ちたからこそナックル

ナックルが今は武器です

三谷です

今日は

ナックルサーブ以外で使う

ナックルについてお話しします

◆ナックルサーブ

ナックルサーブ

あなたはナックルサーブを

使いこなしてますか?

 

ナックルサーブは単純ではありますが

使いこなすと脅威となるサーブ

特に下回転サーブの出し方と同じように

あるいは下回転の出し方で

出せるようになると

わかりにくくなりますね

 

ナックルサーブ以外にもナックルを出す

方法はあります

今回はそんなテクニックをいくつか

ご紹介します

 

◆ナックルサーブ以外にもナックルを使う

1つがこのナックルドライブとよばれる技術です

やり方はボールをラケットに

乗せるようにしてドライブを打つ

いわゆる乗せ打ちです

 

ただ乗せて打つだけだと

チャンスボールになりやすいのですが

普段打つドライブと同じフォームで

ナックルドライブも打ったらどうでしょう?

引っかかってミスしてくれそうな感じがしませんか?

 

もう1つご紹介します

2019.4月の卓球王国で紹介された

水谷選手がやっていたナックル性のプッシュです

 

回転がないからこその絶妙なボールを送ることができます

そんなボールでミスなんか誘えるの?

はい、しっかり誘えます

 

ナックルで飛んでくる速いボールって

返すのがすごくむずかしいんですね

当てるだけだとネットに届きません

下回転をかけようとすると

オーバーしてしまいがちになります

上回転をかければ入るのですが

中途半端に入ってしまい

カウンターされてしまうんですね

 

◆ナックルでミスを誘う

ボールがプラスチックに変わり

回転量が落ちました

その代わりに重要視されているのは

ナックルではないかと感じます

 

ナックルで代表的なものといえば

表ソフト粒高ラバー

この2つのラバーはナックルの出しやすさが

1つのウリです

 

ナックルを使いこなせば

それだけでミスになりうる

そんな回転です

 

ラバーに頼るもよし

技術でナックルを駆使するもよし

ブチ切れスピンもいいですが

ナックルに目を向けると

点が取りやすくなるんじゃないでしょうか

【卓球 レシーブ】好みのテンポでレシーブを選択

好みのテンポでレシーブを選択すると

後の展開が楽です

三谷です

今日は

レシーブの選択基準

についてお話します

◆なんとなくレシーブしてませんか?

レシーブの際多くの方が

ツッツキをします

 

なにか目的があってツッツキをするなら

問題ありません

ループドライブ打たせてカウンター狙う

カットマンだから相手にドライブさせてブチ切れカットを打つ

などですね

 

そういう目的もなく

なんとなくツッツキすると

なんとなくしたボールになりますから

サーバーが思っているようなボールが返ってしまい

3球目打たれてしまう

 

それならまだしも

今の卓球はスピードが求められますから

もっとレシーブから積極的に攻めていこう

先手を取っていこうと

色んな人が言います

 

その情報に従って

フリックをしてみたり

チキータを強引にしようとします

点がとれればラッキー

返されたら

そこから先のラリーを想定していないから

ミスになったり

テキトーなラリーをしてしまい

せっかくレシーブで先手を取ろうと

がんばったのにラリー戦になって

負けてしまう

 

すごく悲しくないですか?

 

◆チキータとストップでは性能がまるで違います

以前、上回転系レシーブと下回転系レシーブのお話をしました

その上で特徴とその後のラリー展開に合わせて

選びましょうとお話しました

 

上回転系のレシーブは速いテンポになりやすく

攻撃的なレシーブですね

下回転系のレシーブはゆっくりしたテンポから

急に速く打ったりもできますから

緩急をつけやすいレシーブだと言えます

 

そういう特徴を理解した上で

レシーブするならまだしも

何も考えず打てば

そこまで怖いレシーブではないです

また、そのレシーブが甘ければ

当然攻撃します

 

それでレシーブしても打たれると嘆くんだったら

当然の結果になりますよね

だって考えていないんですから

その後の展開も全く考えていないのですから

入ればラッキー

入らなかったら残念

そんな運任せの卓球を

あなたはしたいんでしょうか?

 

◆あなたはどんなラリーがしたいですか?

卓球はネットインやエッジボールといったように

1、2点の運は影響ありますが

卓球の勝敗に基本はありません

まずは相手のサーブを判断すること

その後の展開も踏まえて

適切なレシーブを選択すること

これが全てです

 

バック対バックが得意

高速卓球なら負ける気がしない

という自信があるなら

チキータをメーンのレシーブにすればいいですね

 

一方

4球目をカウンター攻撃で仕留めるのが得意

高速卓球に持ち込ませず

フォアハンドで勝負したい

という気持ちがあるなら

ストップやツッツキをメーンのレシーブにすればいいでしょう

 

これを考えられるようになって

初めて技術練習の成果を発揮することができます

なんとなくレシーブしても

なんとなくなラリー展開になるだけ

そのなんとなくに対して

強い選手はつけ込んでくるから

なかなか勝たせてもらえないわけです

【卓球 上達】完璧にこだわると強くなれない

完璧にこだわると

いつまでたっても強くなれません

三谷です

今日は

完璧にこだわるとまずいですよ

というお話をします

◆完璧にこだわりすぎてない?

こちらでもご紹介していますが

練習時間を見ると

圧倒的に技術に割く時間が多いです

 

なぜかな~と私なりに考えてみました

いくつかあるでしょう

その中でこれかなと思ったのが

完璧を目指そうとする

からなのかと仮設を立てています

どういうことか

 

ある日フォアハンドを練習したとして

大小違えどうまくなったとします

ですが本人の中でイマイチ納得がいっていない場合

もっとフォアハンドをうまくしてから

他の技術の練習をしよう

そう思ってしまうんじゃないかと感じています

 

ですがやれどもやれども

いつまでたっても自分が追い求めているような

理想のフォアハンドを打つことができず

時間だけが過ぎていく

 

結局他の技術の調整が試合までに間に合わず

大したことができず終わってしまう

だからじゃないかと思ったわけです

 

◆完璧にこだわるといつまでたっても強くなれない

卓球とはサーブレシーブから始まり

3球目4球目と続き

それでも決まらなければ

ラリー戦に持ち込まれます

 

ラリーのおよそ70%

5球以内で終わるそうです

試合で使うフォアハンドは

多くて1試合中数十本です

 

実際はそれ以上に大事な技術が

ありますよね?

 

そうです

サーブレシーブです

 

サーブレシーブから始まるわけですから

この2つは必ず避けて通ることができない技術

サーブレシーブを無視して

フォアハンドやバックハンドばかり

練習する方もいます

試合しないならまだしも

多くの方は試合で勝ちたいから練習するんじゃないでしょうか

 

フォアやバックがうまくいかないと

その練習ばかりしてしまうのです

フォアやバックを完璧にするまで終わらない

 

じゃあそんな方にお聞きしたい

あなたの求めるフォアやバックの完璧って

どんなものなんでしょうか?

どんなボールもノーミスでしょうか

どんなボールも得点できるようなボールを打つことでしょうか

そういった目的すら

決まっていない方がなんと多いことか

 

◆80できたら次へ移る

私から提案するのはこれ

80%くらいできるようになったら次へ移る

 

80%くらいできるがみなさんによって変わりますが

例えば

会心のフォアハンドが2~3本決まったらバックやる

台上処理が2本に1本くらいでイメージ通りのボールが打てたら次に移る

くらいの感覚

理想より物足りないかなーくらいで大丈夫です

 

100%じゃなくていいのか?

その日の体調で最大限の打ち心地にならなくていいのか

 

と思うかもしれませんが

問題ありません

本番前日でしっかりやって最高のイメージで臨むのであれば

しっかりやるべきでしょうが

普段の練習から完璧にこだわる必要はありません

試合で使うすべての技術が80%以上のデキにして

それでももっとという状態になって

完璧を目指す方が

時間を有効に使えます

 

◆必ず実践練習しましょう

80%やった上で大事なのは

必ず実戦練習までやりましょう

フォアクロスのドライブだけやって

満足して終わりでは

ただやっただけ

試合で使える技術にはなりません

 

試合で勝つことを目標にやるのでしたら

そこまでを想定したうえで

練習していきましょう

【卓球 サーブ】縦回転=味方 横回転=敵?

縦回転は味方

横回転は敵になる可能性があると思っています

三谷です

今日は

いざというときは縦回転の方がいい

という話をします

◆縦回転と横回転

卓球には回転の要素がかなり強いスポーツです

回転を大まかに分けると

2つにすることができます

 

縦回転

下回転(バックスピン)

上回転(トップスピン)

無回転(ナックル)

 

横回転

右利きの場合

順横回転(時計回り)

逆横回転(反時計回り)

 

それぞれ特徴があります

縦回転 

単純でわかりやすい回転

返されてもわかりやすい回転

どのコースにも返球しやすい

質の高いサーブを出すには技量がいる

 

横回転 

複雑でわかりにくい回転

返されるとわかりにくい回転

返球コースを予測しやすい

技量が少なくてもサーブで点がとりやすい

 

どちらも強くなるためには

磨いた方がいいのですが

どっちを特に磨いた方がいいかと訊かれたら

縦回転と答えます

 

◆なぜ縦回転がいいのか?

なぜ縦回転なのか

順を追って説明します

三谷の中で

縦回転は味方になってくれることが多いが

横回転は敵になることがある

そう思っています

  • 特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる
  • 変化したボールを打つのはけっこうむずかしい
  • 速いラリーがあまり好きではない

横回転は卓球ならではの回転かなと

私は感じます

横回転を意図的に出し

その回転に合わせて返すスポーツは

卓球くらいじゃないでしょうか(笑)

野球でも曲がるピッチングはあれど

バットとボールにはそこまで摩擦があるわけではない

飛ばしたい方向にスイングして

当たれば飛んでくれます

 

①特徴を知るとカンタンに変化して返ってくる

横回転は制約をつけなければ

比較的カンタンに返球できます

厳しいコース狙う

回転を見極めて返す

といった制約を設けなければ

多少ラケットの角度が狂っても返ります

 

縦回転は厳しいコースを狙わなくても

ラケット角度が狂うと

相手のミスを誘って得点を狙いやすいです

 

 

②変化したボールを打つのはけっこうむずかしい

横回転のボールをレシーブすると

横回転かもっと複雑な回転になって

返ってきやすい

それを攻撃しようとする場合

しっかり練習していないと

ミスする可能性があがります

せっかくのチャンスボールが来たのに

打ち損じて失点ってもったいないですよね汗

 

縦回転のボールをレシーブされても

たいていの場合

下回転か上回転です

普段練習するような回転だと思うんですよね

攻撃しても得点しやすい

変化もわかりやすい

ミスも横回転を打つことに比べ

減るかと思われます

 

③速いラリーがあまり好きではない

最後は速いラリーですね

私の好みではあるのですが

速いラリーがそこまで好きではありません

レシーブはツッツキかストップを誘いたい

横回転はフリックやドライブ

チキータなどの速いレシーブを誘いやすいと

感じています

縦回転(特に下回転)に比べると

横回転は打ちやすいんですね

もし打たれるのが嫌いで遅いラリーにしたいのであれば

縦回転です

 

◆下回転を磨く

縦回転でも特に

下回転をオススメするのですが

下回転が切れないという方

かなりいらっしゃいます

  • ボールの底を擦りましょう
  • ボールを救うように擦りましょう
  • 手首を使って擦りましょう

などと言われます

共通しているのが擦る

サーブを切るコツはいろいろあれど

擦ることができないと

切るもへったくれもないんですね汗

 

 

 

切れなくて困っている

切れてないからすぐ打たれる

三谷のレッスンを実践した方は

まったく切れていない→切れて戻ってくる

くらいになるサーブを10分強でできるようになっていますよ!

受講生からも

今までできなかったサーブがこんなカンタンにできるとは思わなかった

といううれしい言葉もいただいてます!

【卓球 フットワーク】相手が打ってから動きます

相手が打ってから動くのが基本です

三谷です

今日は

回り込みはどのタイミングで動くのがいいか

についてお話しします

◆回り込みのタイミングはどこで動き出しますか?

みなさんは回り込む際

ボールが来てから

どのタイミングで動き出すでしょうか?

 

本来はバックハンドで打ちたいけど

苦手で打てない

バックハンドはブロックのみ

フォアハンド主戦で戦う

回り込みを主軸として攻める

そういう方は必然的に回り込みが多くなります

 

じゃあどのタイミングで回り込みのために

動き始めるでしょうか?

 

◆相手が打ってから動くのが基本です

コーチしているとこういう方がいます

私が打つ前から

回り込みし始めている

 

私が速いドライブを打とうとして

それをカウンターしたいから

回り込んで打つということなら

わかる話です

早い段階で動き始めないと

間に合わないから

 

ですが、ツッツキですら

私が打つ前から

回り込みしようと

動き始めるわけです

これってけっこう危険な行為じゃないです?

例えば

  • 短く落とした
  • 反対方向に打ってきた
  • 厳しいコースに狙ってきた

 

どうでしょう?打てます?

厳しくないでしょうか?

反応して慌てて返すことはできますが

求めていた打球とは全然違うものになってしまいますよね

 

こうしてしまう原因はいくつかあります

フットワークが遅いというのもあるでしょう

フットワークだったら

早く速く動けるよう練習する必要があります

 

動き出しが遅いというのもあるでしょう

動き出しが遅いからスタートを早くせざるを得ない

よって打つ前から動き始めるわけですが

それでは来てほしいところに来なければおしまいです

前回のボールをよく見て打つと関係がありそうですね

 

回り込みしてフォアハンドを決める場合

相手が打ってから動くのが基本です

ですが、例外はもちろんあります

 

◆例外とはどんなときか

例外とは

このコースにしか返してこないと

わかりきっているときです

そのような状況にするにはいくつか方法があります

例えば

  • 厳しいコースに入れたとき
  • チキータやロングサーブなどの速いボール
  • 緩急の急で攻めたとき

そんなボールを打った後

もし回り込んで打つと決めたなら

打つ前から回り込み始めても

来てほしいボールが来ることが期待できますね

 

 

 

回り込みフォアがカンタンに決まるような

細かい戦術もお伝えしています

知りたい方はご相談ください!

ラインからでもいいですよ!