ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】書籍には強くなる秘訣あり!

書籍には強くなる秘訣が隠れています

読んでみましょう

三谷です

今日は

書籍

についてお話しします

◆書籍

みなさんは

書籍(本)を読んでいるでしょうか?

 

卓球に関するものはもちろん

卓球以外のことも含みます

 

卓球とは一見関係なさそうな本でも

卓球に関係したりすることもあります

 

◆なぜ書籍がいいのか

書籍を読むということは

インプットをするということです

 

学校の勉強に例えると

大変わかりやすいかと思います

 

  • 学校の授業を受ける
  • 宿題をこなす

 

これがインプットです

引き出しを持つ

と表現することもできますね

 

インプットだけでいいのか?

 

そうもいきませんよね

 

学校の授業を受けるのは

  • 単位を取るため
  • 試験で得点をとるため
  • さらには受験をパスするため

でもあるからです

 

勉強したこと学んだことを

TPOに合わせて形を変え表現することを

 

アウトプット

 

といいます

 

引き出しの中を取り出す

と表現することもできるでしょう

 

学校の授業以外でも

インプットできる場所は

多々あります

 

その1つが書籍

書籍のアウトプットは

学校の試験とは違い

決まり切った形で示すことがむずかしい

 

この

インプットの量と

アウトプットの量が

多ければ多いほど

人は賢い・博識と呼びます

(ウケがいいかはさておき)

 

インプットとアウトプット

別に勉強や知識に限ったことではありません

 

スポーツだって同じです

練習=インプット

試合=アウトプット

と表現できますね

 

試合で勝つために練習するわけですから

インプットとアウトプットがつながっていないと

何もできず終わってしまうわけです

 

 

負けてしまう原因を

インプットとアウトプットの観点から分析すると

大きく2つのことがあげられます

 

  • インプットもしくはアウトプット不足
  • アウトプットのタイミングを誤る

 

インプットとアウトプット不足は

練習量や本番で力を発揮できず終わったパターン

普段から本番も意識した練習をやりましょう

 

じゃあもう1つ

タイミングを誤る

これの練習には

卓球する以外に

書籍が使えるのではないかと考えています

 

◆引き出しを持つと中を出す

引き出しをただ持てばいいかというと

そうでもない

 

中を出すための引き出しですから

出しやすいようにしておく

必要があるんじゃないでしょうか?

 

以前お話ししたノートに書く

これは引き出しの中を出すに

当たります

 

そして書籍を読むことは

引き出しを持つに当たります

 

さらに、文章を読み

筆者が何が言いたいか

何が大事なのかを考えて抜き出す

言葉を示すことは

引き出しの中を出す練習になりますね

 

つまり書籍は

使い方をしっかりすれば

引き出しを持つことも中を出すことも

できるようになります

 

書籍を読むこむことでも

卓球の技術とまではいかないものの

立派な練習になります

 

ぜひ実践してみましょう!

【卓球 上達】わかるとできるは違います

わかるとできるは違います

これに気付かなければ

上達できるか決まってしまいます

三谷です

今日は

わかるとできる

についてお話しします

◆わかる

わかるとは

内容が詳細に見通せている場合や

知識などを自らのものとする場合に

使われます

 

卓球の話だと

フォアハンドはこのようにやる

バックハンドはこのようにやる

と教わったとします

 

それを聞いて

このようにやれば打てるんだと

理解することができれば

わかるという表現を使うことができます

 

◆できる

できるとは

能力があるという意味を持っています

スポーツの場では

コーチに言われたことを再現することが

できるかどうかの判別となります

 

先ほどの卓球の例なら

実際にフォアハンドやバックハンドを打ってみて

ラリーが続く

速いボールや

スピンがかかったボールが打てていれば

できるという表現を使えますね

 

◆わかるとできるは違う

本題です

わかるとできるは

同じでしょうか違うでしょうか?

そうですね

わかるとできるは違います

 

書籍や動画で

  • 巻き込みサーブはこのようにしましょう
  • チキータはこうやって打ちましょう

と説明していたとして

こうすれば入るんだなと

言葉の意味としてはわかっていても

実際やってみると

まったくできない

なんてことありませんか?

 

その一方

1度聞いただけでできる方もいます

でも、どうやってやったのと聞くと

言われた通り、見た通りにやっただけだよと

理解できる回答を得られないこともあります

この差はいったいなんなんでしょう?

 

以前、センスについての記事で

考える量の話をしました

できる方はその圧倒的な量があるから

いざやるときでも

コツや外したらダメなところが

口で説明できなくても

なんとなくでもわかっています

 

できる方とそうでない方の違いは

本質や外してはいけないところが

わかっているかどうか

わかっていればできる

そうでないならできません

 

練習だとできるが

ちょっと違う場面や

実践になるとできなくなる方も

マスターしたかといわれると

そうは言えませんね

 

◆できない場合は意外とわかっていない?

なかなかできないとお困りの方

にお聞きしたいのが

なぜできないのか

考えたことあるでしょうか?

 

先生やコーチに言われた通りやっている

うまい人に教わりながらやっている

にもかかわらずできないというのは

何かしらの原因があります

 

その原因に気付いているかどうかが

できるかどうかのポイントです

原因がわかっているのにできないのであれば

反復練習あるのみです

 

ですが

もしその原因すらわからない

考えている原因と実際の原因が

ズレているのであれば

わかっていない可能性があります

この場合はどうすればいいか

 

もう1度教えてもらうに限ります

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

素直に聞いた方が

あなたにとってもタメになりますよ!

 

 

 

ちなみに

巻き込みサーブの本質は

逆横回転サーブ

チキータの本質は

バックハンドです

【卓球 感覚】センス=考えた量で決まる

センスとは考えた量で決まる

初めて聞いたとき衝撃が走りました

三谷です

今日は

センスについて

お話しします

◆一般的にセンスとは

センスがある

センスがない

何かしらスポーツしたり

仕事でもいいです

そんなような話を

よく聞くんじゃないでしょうか

 

私もセンスがあるなしでいえば

ボールやモノを使ったスポーツは

なんだかんだでうまくこなせるものが多かった

バスケやテニス、野球などですね

卓球もある方かなーといえるでしょう

あと縄跳びもすごいいろいろできました

ハヤブサとか三重とびとかですね

小学校低学年でできるようになっていました

三重とびはもう少しかかりましたね

 

その一方で

体操競技はまるでダメです

今でも苦手です汗

跳び箱やマットなど

早く体操の単元終わってくれないかなーてことを

ずっと考えていました(笑)

陸上や水泳もそこまでめちゃくちゃあるわけでもないです

足や泳ぎが速かったわけでもない

というようなセンスの持ち主

武道もダメでした

やりたくないという気持ちがめちゃくちゃ強かったです

 

一般的にセンスとは感覚なんていわれますが

もう少し詳しく言うと

頭の中でイメージした通りに

自分の身体やモノを動かしたいように動かせる能力

ということができるでしょう

 

センスがある人は

何か物事をやってみてすんなりできてしまいますし

逆にセンスがない人は

物事をやってみてもなかなかできない、上達しない

ということが目に見えてわかります

 

センスがある人はこのままやり続ければ

速いスピードで上達が見込めるでしょう

イメージ中に理想像やゴールがあり

それを目指していろいろと身体を使うわけですから

トライアンドエラーが日常から起きています

実際やってみると

ムダな動きがそぎ落とされ洗礼された動きとして

見たものの目に映ります

 

一方センスがない人はこのままやっても

上達するのがむずかしいのでしょう

イメージの中に理想像やゴールがないか

理想像と実際の動きにズレがあり

うまくいってないことが多い

この状態でただがむしゃらにがんばっても

うまくなりません

 

じゃあセンスがない人は

諦めるしかないのでしょうか?

はっきりいいます

そんなことはありません

どんな年代でも

どんなレベルでも

センスを磨くことができます

 

◆鴨頭さんの講演を聞いて

三谷は最近

とある講演家の動画をよく見ています

YouTube講演家の鴨頭さん

講演の中に

センスについて話をされています

これを聞くまでは

センスは生まれ持ったもので

よっぽどすごいことをしない限り

センスがよくなることはないんだろう

そう思っていました

ですがそんなことはなかった

 

この動画によりますと

センスとは普段からどれだけ

その物事について考えているかどうかで決まる

ここではイチロー選手を例にあげています

 

言われてみると

確かによーく考えていました

卓球では高校時代から

それはもう狂ったように毎日考えていたものでした

動画を見ては繰り返し練習

うまくいかなければ動画を見る

細かくズレを調整し

独学で安定して打てるようになったという事実があります

 

この動画を見て私は

ものすごく腑に落ちました

◆センスとは考えた量で決まる

みなさんは頭を使って考えているでしょうか?

また考えたことを実践しているでしょうか?

センスがないことを嘆く方は

頭を使ってないんじゃないでしょうか?

頭を使っていたとしても

行動や実践せず満足しているんじゃないでしょうか?

頭で考える

考えたことを実践する

その繰り返しをするから

一気に上達するわけです

言われたことをただやるだけでは

使役者は喜びますが

本人の実力がつくかどうかは正直ビミョーです

 

卓球がうまくなりたい

強くなりたい方は

卓球の練習以外でも

頭を使っているでしょうか?

動画を見ているという方もいるでしょう

ただ何となく時間をムダに使うような

それこそスーパープレーを見て満足してしまうような

動画の見方をしているでしょうか

 

すごいもったいないことだと思いませんか

スーパープレーからでもセンスを磨くことはできますし

  • 卓球の練習から離れても
  • ラケットを握っていなくても

センスを磨くことは可能です

 

センスを磨くには

その物事に対してどれだけ考えられたかで決まります

あなたはセンスがいいでしょうか

センスがもしない方

その物事のことを1日どれだけ考えているでしょうか

【卓球 上達】感覚を自分のものにするには?

感覚を自分のものにするには?

三谷です

今日は

感覚習得に必要なもの

についてお話しします

◆感覚に自信がありますか?

みなさんは

感覚

に自信があるでしょうか?

 

卓球は感覚のスポーツと呼ばれるくらい

手の感覚がものすごく大事

このHPを見ている方にも

自分の感覚に自信がない

そういう方も多いんじゃないでしょうか

 

じゃあ卓球に必要な感覚はどのように鍛えればいいのか

考えたことあるでしょうか?

ただ長時間練習すればいい

確かに若い方は長時間の練習を実践すれば

吸収力が強い分

必要な感覚をすばやく身につけることはできるでしょう

ですがなかなか練習時間がとれないという若い方でも

これを身につけることができれば早い上達が見込めます

 

大人の方でなかなか上達しないという方は

特に身につけてほしいです

 

◆感覚を身につけるには?

三谷の中で感覚を身につけるためには

このようなサイクルをたどって

身についていくのではないかという仮説をもっています

新しく感覚やうまくなる感覚を身につけたい場合

その感覚を言葉で理解する必要があります

これは自分の言葉はもちろん

コーチやうまい方など

他人の言葉でも構いません

俗に言う

感覚を言語化する

作業です

 

この作業を積み重ねていくと

理論ができあがります

 

大事なのはここから

できた理論を

自分が理解できる感覚へ直します

 

思い描いた感覚通りにプレーすることができれば

その感覚を身につけたということができるでしょう

センスがいい方は

このサイクルがものすごく早い

だからすんなり習得できる上

コーチを求められても

自分なりの理論がわかっていますから

言葉にして説明することができる

天才は

言語化しなくても感覚がすんなりわかる

だからコーチを求められると

言語化したことがないから

どう説明すればいいのかわからない

だからなんでこんなこともわからんの?

という言葉が出てしまうんですね

◆感覚を鍛える手っ取り早い方法とは?

このサイクルを早くするために必要なのは

変換能力

そう思っています

じゃあ、変換能力を鍛える

手っ取り早い方法はなんなのか?

 

たくさん練習することで変換能力は身につくでしょうか?

厳しいんじゃないかとおもいます

 

変換能力を鍛える方法ですが

私は読書をオススメします

でも、ただ読書をすればいいというわけではない

例えば評論だったら

筆者が言いたいことはなんなのか

これを読書しながら考えること

紙に書いてもいいですね

小説なら

登場人物が

何を考えているのか

どんな気持ちなのか

を考えてみる

学校の勉強でこれを鍛える教科があります

国語です

国語力がある方は

センスがいいんじゃないかと思っています

センスや感覚を磨きたければ

国語力を鍛えましょう

国語力は

上達のために一役買ってくれることでしょう

 

 

 

ここまでいっておきながら

私は国語が嫌いです

ですから、どうすれば国語の点がとれるか

勉強しました

おかげで得意ではないにしても

昔に比べて点がとれるようになったかなという印象があります