ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】気づきが多いと急速に上達する

気づきが多いと急速に上達します

頭をフル回転させて

練習しているからですね

 

三谷です

今日は

 

気づき

 

についてお話しします

◆毎日の練習で気づきはありますか?

ブログを読んでいるほとんどの方は

週1回以上の練習を

しているんじゃないかと思われます

 

練習頻度があがればあがるほど

練習量は増えます

 

ということは

何かしらの気づきが

多くなることが普通です

 

気づきが多ければ

上達が早く望めそうだと

いうことができます

 

三谷はドラクエが好きなので

ドラクエで例えてみます

 

卓球の練習を

ドラクエで例えますと

練習量はモンスターを倒すこと

気づきとは経験値です

上達とはレベルアップと表現できそうです

 

ドラクエなら

モンスターを倒せば

どんなに拒否をしても

経験値がもらえます

 

一定の経験値をもらえると

レベルアップし

能力値があがったり

呪文や特技を覚えたりしますね

 

これを一般的に強くなる(ゲームキャラは上達というのかな?)

と表現します

 

強くなってボスを倒し

次のエリアやステージに進む

 

それを繰り返していき

ラスボスを倒せば

ゲームクリアです

 

ゲーム上では

倒しさえすればもらえる経験値

たくさんモンスターを倒しさえすれば

大量ゲットできる経験値

(はぐれメタルやメタルキングを狙いすぎなのは置いといて笑)も

現実世界だとそうもいきません

 

ただ練習量を増やしても

上達に必要な気づきが

たくさん生まれるかというとそうでもない

気づきがなければ

上達が見込めません

 

練習量増やしても

経験値となる気づきがなければ

タダの時間の無駄遣いとなってしまう可能性が

極めて高いからです

 

◆気づきがない方へ

じゃあなぜ

同じ時間練習しても

気づきがあって

上達が著しい方と

 

気づきがほとんどなく

なかなか上達しない方の

2通りに分かれてしまうのでしょうか?

 

◆気づきが出る工夫をしてみる

私の回答は

 

ただこなしているだけだから

 

これでは

上達したくても上達できません

 

上達するためには

経験値という名の

気づきを獲得する必要があります

 

気づきを得て

自分なりの感覚に落とし込み

練習や実践で披露できて

初めて上達できたということができます

 

練習量を増やしても意味がない

ということがおわかりでしょうか?

やらされている状態が続けば

 

気づきを得るどころか

時間をムダに使っていますから

上達できるものもできなくなってしまうわけです

 

◆三谷オススメ

気づきを得やすい

オススメの方法は

その日の振り返りをすることです

 

三谷は選手時代(学生時代)

自転車通学でしたので

自転車で移動しながら

毎日頭の中で

その日の振り返りをしていました

 

頭の中ではできない

という方は

以前の記事でお話しした

ノートやスマホなど

メモすることをオススメします

 

うまくいったこと

うまくいかないこと

なんでもいいです

 

まずはカンタンでいいので

書き出してみましょう!

【卓球 上達】アドバイスを受けたらやってみる

アドバイスを受けたら

まずはやってみましょう

三谷です

今日は

アドバイスを受けた後の対処法

についてお話しします

◆アドバイスを受ける機会はあるでしょうか?

みなさんは

普段アドバイスを受ける機会はあるでしょうか?

 

今回は

コーチや監督

うまい選手などから

アドバイスを受ける機会がある方向けに

お伝えします

 

もし

もっと〇〇した方がいい

と言われたら

 

やってみた方がいいのか

自分のやり方を貫いた方がいいのか

どちらがいいと思いますか?

 

◆アドバイスを受けたらまずはやってみる

三谷の意見は

まずはやってみることをオススメします

 

なぜか?

アドバイスをした方は

程度はどうであれ

もっと良くなることを思って

アドバイスをしています

 

アドバイスをした方にとっては

そこが気になってしょうがない

それを解消した方が

ブレイクスルーできそうだ

そういう気持ちをもって

アドバイスをしているわけです

 

なのでまずは

素直に聞いてやってみた方が

うまくいくケースが多いです

 

◆うまくいったら続ける

もしそのアドバイス通りやってみて

うまくいったのなら

しっくり来たのなら

続けましょう

 

すばらしいアドバイスをいただきましたね

お礼を伝えると同時に

うまく使って

ブレイクスルーを起こしましょう

 

◆効果が期待できないときは

もちろん

アドバイス通りにやってみたが

うまくいかないというケースもあります

 

そういう時は

もう1度聞いてみましょう

丁寧に解説してくれるでしょう

あるいは

別の回答を用意していただける可能性もあります

 

いいから俺の言った通りやってみろ

 

と突っぱねるような態度を

とられたのなら

他の人に聞いてみましょう

 

それでもわからないのなら

いったん保留して

自分がよいと感じているやり方で

やってみるのがいいですね!

【卓球教室 名古屋】あなたに合うコーチを見つけるには?

あなたに合うコーチを見つけるには

実際受けていただいて判断するのが1番です

三谷です

今日は

あなたに合うコーチを探し出し

やりやすい方法を探すための

方法をご紹介します

◆コーチがいったことは正しいのか?

コーチの話をすべて信用できるくらい

正しいのか

どこまで信じていいのか?

 

コーチをしている私がいうのは

大変おこがましいのですが

信じすぎると

ひどい目に合うケースもあります

 

◆真に受けるすぎると大変なことに?

1番怖いのは

昔のやり方を今なお

正しいと信じて指導する方

 

例えば

バックは甘えだからすべてフォアでいけ

フットワークは3歩で動け

休憩させない、水も飲ませない

などなど

一昔前の指導法をする方はやはりいます

 

最近は卓球熱が強いこともあり

クラブやサークルの入会人数が

かなり多いと聞いています

卓球教室でもレッスン受けてみたいという

声を数多くあります

ここでよく考えてほしい

 

彼らが選手だったころ(10~20年前)

一昔前の指導法が当たり前だった時代でもあります

 

一昔前の指導法で育っているということは

同じような指導法で指導する方もいるわけです

休憩させないといったパワハラはなくなりましたが

 

〇〇を××するように

 

といった感覚が鋭くないと

わかりにくいコーチをする方もいます

それで受け手がわかれば問題ないですが

わからなければ

上達がむずかしくなってしまいます

 

伝えるマインドは大事ですが

それに加え

伝わる表現を勉強し続ける

必要があります

 

◆合うコーチを見つけるには?

じゃあいったい

私に合うコーチはどうやって探せばいいの?

これは1度受けてみるのが

1番早く確実な方法です

 

今はほとんどの教室

クラブチームには

体験コースが存在します

 

体験してみて

よさげだったら通ってみる

合わなければやめるのが

確実です

 

内容はいいけど

お金がちょっと

家から遠い

といった言い訳が出てくるのもわかります

 

なので

そう考えてしまう方はちょっと考えてほしい

卓球をしてどうなりたいのか

なぜ卓球をするのか

卓球の悩みを解決したいのかどうなのか

 

卓球の悩みが解決できるうえ

自分の卓球がうまくなる

さらにコーチとも合うのであれば

大事にされた方がいいですよ!

 

そこにかかるお金や時間は

今後の卓球生活への投資ですよ!

自分への投資は思う存分やっていきましょう!

【卓球 上達】最初にフォームは固めるべき?

最初にフォームは固めるべきなのか?

三谷です

今日は

フォームについてお話しします

◆フォームは必要?

指導者や顧問の先生がいないので

基礎がわからない

正しいフォームを教えてほしい

フォームについて習ったことがないですが

周りの方からフォームがおかしいといわれます

フォームは固めた方がいいんでしょうか?

お客様からの悩みで話を聞きます

 

フォームは固めるべきか否か

賛成派の考え方

何か新しく始めるときは基本が大事です 
基本を知らないとそこから派生させた技術を身につけることが難しくなり
上達の妨げとなるわけです
だからまずは基本を、その基本のもととなるのがフォーム
スポーツだって立ち方や構え方、素振りやってから始めますよね
スポーツじゃなくても、指の使い方や座り方を学んでから
基本の実践に移りますよね

反対派の考え方

基本は大事ではあるが、フォームばかりに気を取られていてはどうなのか
フォームばかり気にしていていると先に進まない
フォームばかりやっていても楽しくない
楽しくなければ続けることはむずかしい
だったら、まずはフォーム云々よりも
チャレンジするスポーツや習い事が楽しいということを
理解してもらう方がはるかに大事である

一例ではありますが

こんな感じの意見が並べられるでしょう

私三谷はそれについてどのように考えているのか

お話しします

◆三谷はフォームを固める派

私三谷は

フォームを固めるべきなのかどうなのか

の議題については

目的次第という条件は付いてしまいますが

固めるべきに1票投じます

楽しく卓球するだけなら

そこまでフォームを意識する必要はないのかなと感じます

ですが、強くなりたいうまくなりたいのであれば

断然固めるです

◆重要なのは本質の理解

固めるとは言いましたが

一般的に言われるような固め方については

疑問を覚えます

例えば

  • 手はこのように動かす
  • 足はこうやって動かす
  • ひざはこうで腰はこう
  • 動くときはこうやって動く

みたいなやり方はオススメしません

 

確かにいわれたこと全部できれば

求めているようなフォームにすることが

できるかもしれません

ではそれを言われて育った選手は

どう思うでしょうか?

聞き分けあるセンスのいい子は

そうなんだなーでそれっぽくできて上達が望めます

じゃあ理解ができなかった子はどうなるか

上達する可能性が極めて低いですよね

自分なりに理解してそれっぽいようなフォームにしますが

客観的にみるとあきらかにおかしい

指導者がそれに気づいて

もっと〇〇をこうする

といっても

そうやってやってるし

という気持ちが選手からは出ます

こんなことになってしまえば当然

もう上達を望めないでしょう

 

ですからコーチする場合は

なぜこうする必要があるのか

これを理解していただくことが

フォームを作るうえで大事なことです

それさえ満たしていれば

多少人と違うフォームでも

問題ないというのが三谷の考えです

 

 

 

新店舗の下見と試打会してきました

大変良かったです

楽しみだなー^^