ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 身体】身体は柔らかい方がいい

身体は柔らかい方がいいです

三谷です

今日は

身体を柔らかさ

についてお話しします

◆もともと身体は柔らかいようにできている

ヒトはもともと

身体が柔らかく動くようにできています

 

例えば

開脚したら180度になる

立位体前屈したら手が床につく

といったことは

本来ならできるはずです

ですが日常生活で

  • 普段から姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 長時間同じ体勢を維持することが多い

こういう方は

開脚しても180度いかない

立位体前屈で手が床につかない

ということがあります

 

◆身体が硬いと

身体が硬くたって

私生活には困らないじゃないか

 

そう意地を張る方もいるかもしれませんね笑

ですが、メリットはほぼなく

デメリットばかりなんですね

 

こちらのHPによりますと

  • 太りやすい
  • 疲れが取れない
  • 肩こりや腰痛の悪化
  • むくみや冷え性になりやすい

とされています

 

身体が硬いということは

筋肉や関節が硬いということ

最悪、ケガをして選手生命絶たれたら

元も子もないですね

 

◆ここだけは柔らかい方がいい

卓球ではどうなのか

動く動作と打つ動作がある以上

柔らかい方がいいです

 

どこを柔らかくしておくといいのか?

2つあります

 

1つは肩甲骨

背中にあるボコッとなっているところです

一時期流行ってました肩甲骨はがし

肩こりの予防になります

 

スイングするときも

ここを伸ばしたり

縮めて打つことで

力を入れなくても速いボールが打てるようになります

それくらい大事な場所

 

もう1つは股関節

ビートたけしのコマネチ(古いか笑)をする際に

手を当てるところが股関節です(厳密にはそこからさらに奥)

 

腰を使って打ちなさい

に代表される

腰は

股関節を指します

 

開脚するなどしてほぐしましょう

 

◆使い方を知らないと硬く感じてしまうことも

例えば立位体前屈の際

身体が硬い方は

床から手が10㎝以上離れている

なんてこともあります

 

ホントに硬い

というケースもありますが

立位体前屈をどこから曲げたらいいのか

知らないという方もいます

 

ちなみに、床から手が10㎝以上離れている方は

硬いか

背骨から曲げているかのどちらか

立位で股関節をストレッチする場合は

ヒザは曲げていいので

手を付けてみましょう

 

身体を柔らかくするストレッチは

毎日やること

数分でもいいですから

毎日やりましょう!

【卓球 トレーニング】筋トレはやらなくてもいい?

筋トレはやりたい方がやればいいです

絶対にやらないといけない

そんなものではありません

三谷です

今日は

筋トレについて

お話しします

◆筋トレ

筋トレ

みなさんはやるでしょうか?

 

有名どころだと

  • 腹筋
  • 背筋
  • スクワット
  • 腕立て伏せ

といった自分の体重だけ(自重)で

やるものもあれば

  • ベンチプレス
  • バーベルやダンベル
  • レッグカール

といったマシンを使ってやる筋トレもあります

 

◆やった方がいいのかどうか

中学生だと

入部したての時は

半ば強制的にやらされる

そんなことが多いんじゃないでしょうか?

 

私もそうでした

中2と中3の先輩方が台を使って

練習しているため

入部したてのときは

台が使えず

やることといえば

 

  • 筋トレ
  • ランニング
  • フットワーク
  • 素振り
  • 玉突き
  • 球拾い

 

を部活中にやってました

しかもロクに打たせてもらえず

軽くフォアとバックを教わった程度で

夏の大会には出場した記憶があります

 

今思えば

ドライブもツッツキも

サーブレシーブも

わからないまま試合してましたから

けっこう無謀なことやってたなーと

思います

 

今も卓球熱がかなり強いこともあり

台に対して部員が多い学校は

練習メニューの中に

筋トレを入れざるを得ない

それが現状かと思います

 

じゃあ、卓球では

強くなるためには

筋トレはやったほうがいいのでしょうか?

 

◆やりたい方はやりましょう

朗報です

やらなくても大丈夫です!

 

私からのアドバイスは

やりたい方はやりましょう

無理してやらなくても

弱くなることはありません

 

ホントに強くなって

これ以上技術だけやっても

強くなるのがむずかしいってときに

手を出すくらいで問題ありません

 

健康や体形維持のためにやる

という方もいるでしょう

そういう方にオススメの筋トレとは

どんな筋トレなのでしょうか?

 

◆どうしてもやりたいなら

私がオススメするのは

スクワットやランジといった

自重でやる

下半身のトレーニング

オススメします

 

卓球は下半身を特に使いますから

長時間試合しても耐えられる

下半身のトレーニングは

積んでおくのはいいですね

 

特にスクワット

キングオブ筋トレ

といわれるくらい

やっておきたい筋トレメニューです

 

もしマシンを使うのであれば

大学生以上になってからを

推奨します

 

マシンは気軽に鍛えることができるが

重さをカンタンに変えることができます

負荷のかかりすぎる重さでの筋トレは

成長期の10代はケガにつながりやすく

筋肉を鍛えすぎると

成長を阻害してしまう可能性もあります

 

気を付けましょう!

【卓球 メンタル】身体はいたわりましょう!

身体はいたわりましょう!

三谷です

今日は

身体をいたわる方法について

お話しします

◆身体をいたわっていますか?

みなさんは身体をいたわっているでしょうか?

学生~20代の方は

若いこともあるので

多少無理しても

なんとかやっていけるかもしれません

 

ですが、若いうちからいたわっていた方が

競技生活長くできます

 

30歳以上の方は大事ですね

いたわらないと

翌日の体調や動きのキレに

すぐ表れてしまいます

 

じゃあ普段から

どのように気を付ければ

コンディションを整えやすい

身体になるのでしょうか?

 

◆食事面

栄養価を意識した食事

ジャンクフードを控えたり

試合日が近づくにつれて食事を変える

というのは聞いたことある方も

いるんじゃないでしょうか

 

試合直前になったら

消化の悪いものは避けて

エネルギーになる炭水化物や

バナナを摂って

本番を迎える

 

確かにそれも大事ですが

大事にしてほしいのは

座ってゆっくり

味わって食べることです

 

メンタルトレーニングの講座で

聞きましたが

いいものを食べること以上に

味わって食べるかが大事なのだそうです

 

人間の身体はいうなれば

器を大事にするということは

  • 座って食べる
  • ゆっくり食べる
  • 味わって食べる

といったような行為をするんじゃないでしょうか

 

忙しいからと

  • 立って食べたり
  • ファストフードばかり食べる

これは

器を粗末に扱うようなもの

 

ぞんざいに扱っているのに

本番では最高のパフォーマンスを発揮させろなんて

虫の良すぎる話に他なりません

 

細かな食事面や

こういう症状には

こういう食材を使った料理を食べるといい

といったことを紹介している方もいらっしゃいますね

私の知り合いにもいます

 

◆体調面

体調面では

ウォームアップと

クールダウンについて

お話しします

 

ウォームアップや

クールダウンにやるのが

おそらくストレッチ

ランニングをする方もいますね

 

これらの目的は

脈拍をあげること

こうすることで

身体が温まりますから

試合始まってもすぐに動けるんですね

 

ですが

ストレッチやランニングをするなら

練習の時もやりましょう

 

試合日だけやっても

普段と違うことをしますから

身体がおかしなことになりやすい

まだやらない方がいいでしょう

 

◆自分を大事にする

食事や体調面以外でも

気を付けた方がいいことがあるのか?

 

もちろんあります

ゆっくり休むこと

今日もよくやったと自分を承認すること

などなど

 

身体をいたわることで

実はメンタルも強くなっていきます

器が大事にされれば

器に見合った中身にしようとしていきます

ということは

身体を大事にいたわることが

本番で実力が出せることに

つながるんですね!