ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】卓球において優柔不断は害悪

優柔不断は害悪

卓球において

優柔不断は害悪と呼んでもいいでしょう

 

三谷です

今日は

優柔不断

についてお話しします

◆優柔不断

優柔不断とは

気が弱く決断力が乏しいこと

と辞書には記されています

 

優柔不断にもいくつか特徴があるそうで

  • 何かを選ぶとき些細なことが気になってしまう
  • 決断を先送りにしてしまいがち
  • 決断する際、自信をもって選べない
  • 自分の選択が他社と違うと不安になる

これらの度合いが強いほど

優柔不断といえそうです

くわしくはこちらからどうぞ

 

◆卓球においてそれは大事か

こと卓球では

自分が打ってから戻ってくるまで

1秒かかりません

 

その時間内に決めなければ

打ち返すことができずに

失点です

 

これは三谷の経験でもあるのですが

何となく返すことが多く

カンタンに得点される方も

優柔不断が多い気がしてます

 

こうすれば相手はこうなるから

ここに打とう

となかなか決めることができないので

ボールに合わせて

なんとなくな返球になってしまいます

 

◆決めてないから起きる

優柔不断になってしまうのは

決めていないこと

カンペキなものを求めてしまう

これが原因なのではと感じます

 

決めていない

これはまずどんな卓球にしていきたいのか

決めましょう

そこからです

 

カンペキなものを求めてしまう

カンペキにしたい気持ちは大変よくわかります

ですが

カンペキにすることはできないことを

頭に入れておいてほしいのです

 

カンペキに近づこうと

練習するのはオッケーです

自分の中で納得いったら

次に移りましょう

【卓球 上達】自ら変化する

自ら変化する

強くなるために最も重要なことです

 

三谷です

今日は

変化する

についてお話しします

◆変化

種の起源を記したダーウィンはこう述べています

 

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である。

 

力が強くても

戦術に長けていても

勝ち残ることができない

 

最後に勝つのは

自身を変化させられる選手です

 

◆長い間生き残るには?

今回は長年日本のトップ選手として

走り続けている水谷隼選手を例に

昔と今の違いを見てみましょう

まずは、2011年の水谷選手

こちらが2019年の水谷選手です

細かい違いはたくさんありますが

大きく違うのは

  • 台の近くでプレーするようになっていること
  • バックハンドを多く使っていること

があげられますね

 

8年の間に卓球のルールも変わっています

  • ボールの素材変更
  • ラバーの後加工禁止

 

ルール変更に伴い

使われなくなった技術や

新しく研究された技術が出てきており

それを自分の卓球にどう当てはめてプレーしていくのか

 

変化できたものは

長い間トップ選手として走り続けています

それができない

やろうとしたがうまくいかなかった選手は

引退したり

活躍できなかったりという

事情を抱えることになるわけです

 

◆強くなりたいけど変えたくない

ですが中には

強くなりたい

けど

今のやり方を変えたくない

 

というちょっと欲張り(?)な方もいます

よく考えてみてほしい

 

勝ち残るためには

変化させられるものです

 

やり方を変えたくないということは

私は変化しません

といっているようなもの

 

変化せずして勝てるのでしょうか?

 

もし勝ちたいのであれば

変化しませんという考えを

捨てる必要があります

 

じゃあなぜ捨てられないのかという

話が出てきますが

これは1人1人理由が違います

 

こういう悩みは

1人1人話をしていき

解決をしていくことが大事です

【卓球 上達】勝てる情報は相手が持ってます

勝てる情報は相手が持っています

勝ちたいなら相手を見ましょう

三谷です

今日は

ボールを見るなら相手を見ましょう

ということについてお話しします

◆どこを見ていますか?

みなさんは普段

どこを見て打っていますか?

多くの方がおそらく

 

ボール

 

と答えるんじゃないでしょうか

確かにボールを見ることは大事なのかもしれないです

 

そもそも

ボールを見ないと当たらないじゃないか

というのもあるし

コーチや先生も

ボールをよく見て打ちなさいよー

なんていいます

卓球やったことがあり教えを受けたことがある方は

ボールをよく見て打つことが大事なんだと

と言われたことがあると思いますし

大事にしている方も多いんじゃないでしょうか

 

また、トップ選手もフォアハンドを打つとき

顔を横に向けて打っていますね

やっぱプロ選手もボールをよく見て打ってるじゃん

と言いたくなります

 

ですがそれでも三谷はあえて言いたい

そんなにボールをよく見なくても

打てるんじゃないかと

むしろ勝つためには

相手のことも見ないといけないんじゃないでしょうか

 

◆ボールをよく見ることがミスにつながっているとしたら?

卓球ではよく言われるのが

しょうもないミス(凡ミス)は

減らしましょう

 

その通りです

凡ミスはないほど当然いい

だからまずはミスしないよう続ける練習をするというのも

よくわかります

だからたくさん練習をしてミスを減らそうと

するわけですね

 

実際の試合も自分で打って決めた点より

相手のミスでもらった点の方が多い

そうじゃないでしょうか

 

じゃあですよ

そのミスがボールをよく見ているから

起こっているのだとしたら

どう思いますか?

 

ツッツキでラリーのような

スピードの遅いラリーでしたら

ボールをよく見て打つ時間があると思いますが

  • バック対バック
  • ドライブをブロックする
  • フットワークでコースに打ち分ける

というような練習はもう少しボールスピードがあがる

 

これをすべてボールをよく見て打つとどうなるか

  • 目が追いつきません
  • 相手見ていられません
  • ミスの原因がわからないから改善できない

ボールをよく見て打つことが大事だと普段から信じている方は

ミスした場合

こう思いやすいんじゃないでしょうか

 

もっとボールをよく見ないとダメだ

 

ホントにそうなのでしょうか?

ホントにそれが原因なのでしょうか?

 

◆三谷は〇〇をよく見てます

じゃあ三谷はどこを見ていると思いますか?

私の場合、打ったら

相手のラケット付近を見ます

相手が打ったら

打つ瞬間のボールの飛び出しを見ます

これだけです

 

ボールはほとんど見ていません

私の場合ボールを見てしまうと

ミスが増えることに加え

戻りが遅くなってしまうからです

 

ボールを見るとこんな気持ちになります

今のボール入ったかな、どうかな…


(バウンドした)


あっ、入った、次の備えないと


(打たれる)


反応遅れたー準備できてねー泣


あっさりノータッチ

そんなことがよく起こっていました

だからこう思うようにしています

 

打ったら当然入る

入るんだから狙ったところ付近と相手のラケットを見て

次に備えよう

 

そのおかげもありノータッチで抜けることがかなり減りました

また、ブロック練習でも

ラケットに当たらない

ラケットの真ん中にちゃんと当たらないことが

大幅に改善されました

 

 

 

私の場合

ボールを見ることをあまり意識しないことで

ミスが減るという結果になりました

ミスが減った分、自分の卓球に対してはもちろん

相手を見ることへの余裕もできますので

相手がいないところや嫌なところを

狙いやすくなっています

結果勝てる情報を収集しやすい環境を作っているのかなと感じます

実践するかどうかはみなさんにお任せします

やってみていけそうならやってみましょう

 

なぜミスが減るのか

どう意識するといいのかといった細かいことを知り

上を目指したいお気持ちがありましたら

三谷がご相談に乗ります!

【卓球 攻撃】チャンスボールは待たれてます

チャンスボールはなるべくしてなっています

偶然ではないんですね

三谷です

今日は

チャンスボールの作り方と外し方

についてお話しします

◆チャンスボールとは?

チャンスボールとは

そう聞かれてみなさんは

どのように答えますか?

 

高いボールでしょうか

高いボールが来たら

やみくもに打つ方いますよね?

そしてミスする

それは果たしてチャンスボールなのでしょうか

 

チャンスボールを定義するなら

  • 最も打ちやすい高さ
  • 最も打ちやすいコース・長さ
  • 最も打ちやすい回転量

が自分の中で待っているボールと

一致したボールなんじゃないでしょうか

逆にこれが1つでも外れれば

チャンスボールとはなりにくくなり

求めているドライブの精度より落ちるため

スピードか回転量を犠牲にして

入れにいきます

 

たとえ低いボールで自分の中では入れたとしても

そのボールが打ちごろだった場合

その方からすればチャンスボールとなるわけですね

 

◆チャンスボールはなるべくしてなる

じゃあチャンスボールは突然降ってくるのでしょうか?

 

普通に考えてそんなことはありえませんね

チャンスボールは作り出されています

例えば

  • 切れていると思ってレシーブしたが切れておらず浮かせた
  • 急に長いサーブが来て打ちごろなボールを与えた

他にもたくさんあります

こういうものをたくさん持っており

しかるべきタイミングで使える方は

強いわけですね

 

◆防ぐためには

相手が考えていること

待っていることを

その通りにやってしまえば

チャンスボールとなってしまうわけですね

 

では防ぐにはどうすればいいのか

まず1番やるとまずいのは

 

カンペキを目指すこと

 

カンペキを目指そうとして打ちますと

プレッシャーを自らかけることになります

慣れているならともかく

慣れない方がやると

ミスします

さらにミスしないように

カンペキにいれようとします

結果、入らないor入ってもチャンスボールとなり

打たれるわけですね

カンペキ目指しているのにいいこと1つもありません

悲しいですね汗

 

チャンスボールを防ぐには

チャンスボールになる要素を

1つでも外せばいいわけです

この中で最もカンタンなのは

回転です

少しでもいいんです

回転をかけてやりましょう

 

レシーブで回転がわからないときは

チャンスボールを与えやすい環境ですから

いつもより少し回転をかけて返してやる

急にロングサーブが来たら

少しでも回転をかけて狂わせる

というような一工夫がほしいです

その積み重ねがチャンスボールを与える数を

減らしていきます

 

 

 

どんな状況がチャンスボールを与えやすいか

逆にチャンスボールを演出したい方は

三谷にご相談ください!

【卓球 上達】思考停止したら試合終了!

思考停止したら試合終了です!

強くなることはないでしょう

三谷です

今日は

思考停止

についてお話しします

◆やらされる練習=思考停止

思考停止するとはどんな状態か

思考停止とは

考えるのをやめること

 

例えば

いわれたことをやる

なんとなくやっている

仕方なくやっている

やらされている

といった状態は思考停止と表現できるでしょう

こんな状態を

プラスととることができるのか

マイナスととることができるのか

 

いわれなくてもわかるでしょう

明らかにマイナスです

 

マイナスなのは頭ではわかっているが

実際のところできているでしょうか?

思考停止で練習している方

けっこういるんじゃないかと思います

普段の練習をよーく思い出してみましょう

 

◆なぜ思考停止はダメなのか

教室でも三谷はよくいっていることがあります

それは

 

答えが明確な試験問題とは違い

卓球には答えがない

相手によって答えが変わる

 

だってそうですよね

相手が変われば

得意な技術苦手な技術が変わります

同じ技術でも

  • すごい回転をかけたり
  • すごいスピードだったり
  • 回転がほとんどなかったり
  • コースが読みにくかったり

など変わってきます

 

卓球は対人スポーツです

  • きれいに打てる技術
  • みんなから上手だねーと褒められる技術

そんな技術を身につければ勝てる

そう思っていたら大間違いです

今すぐ考えを改めましょう

 

多少ヘンでも

相手の嫌なところをミスなく的確に突いてくる

そういう選手が勝ちやすい

それを支えるのは思考です

思考によって見える形で表現しているのが技術です

間違えないでくださいよ

 

さらに強い選手は

相手によって解答を変えてプレーするから

勝ちあがることができるわけです

 

それをどんな相手でも同じようにやる方がいますが

そういう方は当然

勝てる相手と負ける相手が明確になります

 

負ける相手に勝てるようになりたいと

いろいろ考えてやるなら問題ないですが

この人うまいからなー勝てる気がしないわー

となった時点でその人の成長は止まってしまうんですね

 

これこそ思考停止の状態

練習をなんとなくやっている

やらされている

方とまったく同じ状態です

 

これを読んでいるあなたは

  • 自分で考えて問題を解決し勝てる選手になりたいのか
  • 何も考えずいわれるがままやって負けたらコーチや相手、環境のせいにする選手になりたいのか

どちらでしょうか?

 

◆思考停止しないためにはどうするか

思考停止しないためには

普段から考えることなのですが

では考える習慣を身につけるには

どのようにしたらいいのでしょうか

 

今回提案する内容は

試合があったら

なぜ勝つことができたのかあるいは

負けてしまったのか

練習なら

なぜこの技術がうまくいったのかあるいは

他の人みたくなかなかできないのか

この疑問をまずは解決できるよう

考えてみてはどうでしょうか?

 

最初のうちは

明確な答えを出せなくても大丈夫です

少しずつでいいのでやってみましょう!

 

 

 

自分なりに考えてみたけど

やっぱりわからない

それでも解決して強くなりたい方は

三谷までご連絡ください

やる気のある方大歓迎です!

お待ちしております!

【卓球 メンタル】計画を立てて実行する

計画立てて実行できるとメンタルが強くなるのか?

三谷です

今日は

計画についてお話しします

◆計画を立てる

みなさんは計画を立てるでしょうか?

小学校や中学校など

1度は立てたことあるんじゃないでしょうか

  • 宿題を毎日こんだけやる
  • 親の手伝いをする
  • 規則正しい生活を送る

などですね

 

大人になると

  • 資格をとるために勉強する
  • ダイエットに挑戦する
  • 習い事をして趣味を作る

などあるでしょう

 

じゃあみなさんにお聞きします

立てた計画は実行しているでしょうか?

 

◆計画立てたら実行できますか

どうでしょうか?

立てた計画は実行できていますか?

 

 

おそらくほとんどの方が

できない

三日坊主で終わる

と答えるんじゃないでしょうか

 

かくいう私も昔は計画は立てるが

実行しなかった人間です

もっといいやり方があるのでは

今日はそんな乗り気じゃない

なんてテキトーな言い訳をして

計画を実行しなかったことの方が多いです

そんな私でも今は

立てた計画に関してはやるようにしています

なぜできるようになったのでしょうか

 

◆計画の立て方って意外と大事です

計画を立てて実行する

世間的には当たり前に見えるかもしれない

ですが、この行為って実は

けっこうむずかしいことなんですね

 

現に計画立てて実行できる人間は

少ないわけですから

難易度ハードモードってくらいむずかしいことなのです

ではなぜできるようになったのか

それは

自分で自分を承認したから

です

 

こいつ何言ってるんだ?

と思われそうで怖いですが(汗)

 

例えばダイエットを例に挙げると

10㎏痩せたい

と目標を立て

毎日3㎞ランニングする

と計画を決めたとします

こういう立て方をする方いるんじゃないでしょうか?

 

結論言ってしまうと

こういう方はまずできません

だって考えてみてください

ダイエットしたことない方がいきなり

毎日3㎞走るってかなりの重労働じゃないでしょうか

すげえ大変です

しかもできたところで誰かが

すごいねと褒めてくれるわけでもない

もっといけるぞと励ましてくれるわけでもない

意外と孤独な戦いです

孤独であるという気持ち

人は急激に変化しようとすると強いマイナスの気持ちが

反動でやってきますから

元に戻ろうとするのです

 

なので10㎏痩せたい方はいきなりランニングに挑戦するのではなく

小さい変化から順番にやっていくのがコツです

例えば

エスカレーターを使うところを階段で登ってみる

車で数分で行けるところであえて徒歩でいく

いったことない街へ散歩がてら出かける

というのは小さな変化のステップとしていいんじゃないでしょうか

 

◆計画を実行出来たら承認しよう

そしてこれが最も大事

もし立てた計画を実行出来たら

必ず承認しましょう

やればできるじゃん

あきらめずよくがんばった

など自分で自分を認めてあげましょう

はたから見たら

そんなたいそうなことやってない

できて当然といった視線を受けるかもしれない

ここで負けてしまうとできない自分に元通りです

 

普段できなかったのにできるようになった自分はすばらしいですよね

今までできなかったことにチャレンジしてチャレンジ成功したのですから

たっぷり承認しましょう

他の方にもし認めてもらいたいのなら

認めてくれそうな方に認めてもらいましょう

周りにいなければ

私が

すばらしい!

と承認して差し上げます(笑)

 

 

 

計画を立て実行できるようになると

達成感を味わえるようになってきます

この積み重ねがメンタルを整える

大事な行動だったりします

【卓球 上達】感覚を自分のものにするには?

感覚を自分のものにするには?

三谷です

今日は

感覚習得に必要なもの

についてお話しします

◆感覚に自信がありますか?

みなさんは

感覚

に自信があるでしょうか?

 

卓球は感覚のスポーツと呼ばれるくらい

手の感覚がものすごく大事

このHPを見ている方にも

自分の感覚に自信がない

そういう方も多いんじゃないでしょうか

 

じゃあ卓球に必要な感覚はどのように鍛えればいいのか

考えたことあるでしょうか?

ただ長時間練習すればいい

確かに若い方は長時間の練習を実践すれば

吸収力が強い分

必要な感覚をすばやく身につけることはできるでしょう

ですがなかなか練習時間がとれないという若い方でも

これを身につけることができれば早い上達が見込めます

 

大人の方でなかなか上達しないという方は

特に身につけてほしいです

 

◆感覚を身につけるには?

三谷の中で感覚を身につけるためには

このようなサイクルをたどって

身についていくのではないかという仮説をもっています

新しく感覚やうまくなる感覚を身につけたい場合

その感覚を言葉で理解する必要があります

これは自分の言葉はもちろん

コーチやうまい方など

他人の言葉でも構いません

俗に言う

感覚を言語化する

作業です

 

この作業を積み重ねていくと

理論ができあがります

 

大事なのはここから

できた理論を

自分が理解できる感覚へ直します

 

思い描いた感覚通りにプレーすることができれば

その感覚を身につけたということができるでしょう

センスがいい方は

このサイクルがものすごく早い

だからすんなり習得できる上

コーチを求められても

自分なりの理論がわかっていますから

言葉にして説明することができる

天才は

言語化しなくても感覚がすんなりわかる

だからコーチを求められると

言語化したことがないから

どう説明すればいいのかわからない

だからなんでこんなこともわからんの?

という言葉が出てしまうんですね

◆感覚を鍛える手っ取り早い方法とは?

このサイクルを早くするために必要なのは

変換能力

そう思っています

じゃあ、変換能力を鍛える

手っ取り早い方法はなんなのか?

 

たくさん練習することで変換能力は身につくでしょうか?

厳しいんじゃないかとおもいます

 

変換能力を鍛える方法ですが

私は読書をオススメします

でも、ただ読書をすればいいというわけではない

例えば評論だったら

筆者が言いたいことはなんなのか

これを読書しながら考えること

紙に書いてもいいですね

小説なら

登場人物が

何を考えているのか

どんな気持ちなのか

を考えてみる

学校の勉強でこれを鍛える教科があります

国語です

国語力がある方は

センスがいいんじゃないかと思っています

センスや感覚を磨きたければ

国語力を鍛えましょう

国語力は

上達のために一役買ってくれることでしょう

 

 

 

ここまでいっておきながら

私は国語が嫌いです

ですから、どうすれば国語の点がとれるか

勉強しました

おかげで得意ではないにしても

昔に比べて点がとれるようになったかなという印象があります