ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 上達】卓球において優柔不断は害悪

優柔不断は害悪

卓球において

優柔不断は害悪と呼んでもいいでしょう

 

三谷です

今日は

優柔不断

についてお話しします

◆優柔不断

優柔不断とは

気が弱く決断力が乏しいこと

と辞書には記されています

 

優柔不断にもいくつか特徴があるそうで

  • 何かを選ぶとき些細なことが気になってしまう
  • 決断を先送りにしてしまいがち
  • 決断する際、自信をもって選べない
  • 自分の選択が他社と違うと不安になる

これらの度合いが強いほど

優柔不断といえそうです

くわしくはこちらからどうぞ

 

◆卓球においてそれは大事か

こと卓球では

自分が打ってから戻ってくるまで

1秒かかりません

 

その時間内に決めなければ

打ち返すことができずに

失点です

 

これは三谷の経験でもあるのですが

何となく返すことが多く

カンタンに得点される方も

優柔不断が多い気がしてます

 

こうすれば相手はこうなるから

ここに打とう

となかなか決めることができないので

ボールに合わせて

なんとなくな返球になってしまいます

 

◆決めてないから起きる

優柔不断になってしまうのは

決めていないこと

カンペキなものを求めてしまう

これが原因なのではと感じます

 

決めていない

これはまずどんな卓球にしていきたいのか

決めましょう

そこからです

 

カンペキなものを求めてしまう

カンペキにしたい気持ちは大変よくわかります

ですが

カンペキにすることはできないことを

頭に入れておいてほしいのです

 

カンペキに近づこうと

練習するのはオッケーです

自分の中で納得いったら

次に移りましょう

【卓球 上達】早さがすべて…ではない!

早さがすべてではない!

卓球は早さも大事だが

早さがすべてではないです

 

三谷です

今日は

早さ

についてお話しします

◆早さとは

卓球での早さは

重要な役割をします

 

例えば

  • フットワークの早さ
  • 打球点の早さ
  • 戻りの早さ

 

早さの意味合いは少し変わりますが

  • ボールスピード
  • スイングスピード

 

これも速さとして重要であると

認識されています

 

今回は早さでも

打球点に焦点を当ててみましょう

 

◆早さはホントに大事なのか

フットワークの早さ

戻りの早さ

は早いほどいいですね

 

じゃあ

打球点の早さ

これはどうでしょうか?

 

確かに早いほど

得点率はあがるでしょう

ですがこれは

自身もむずかしいというリスクもあります

 

さらに相手も慣れてしまえば

合わせてくるでしょう

 

早さは得点できるメリットもありながら

扱いがむずかしく失点しやすい

というデメリットももっています

デメリットを考慮せず

点とれるから打点を早くしろ

と念仏のように唱えるのは

疑問を覚えてしまいますね

 

◆早さ以外で点を取る

じゃあ早さ以外で

どうやって点を取ればいいのか?

 

代表的なのが

  • コース
  • 回転

この2つでしょう

 

コースなら

左右と前後

ミドルに打ってもいいですね

 

回転ですと

回転量が少ないものと

めっちゃかかってるもの

この落差で点を取りに行きます

 

他にも

  • 打球点を遅くする
  • 横回転を加える
  • 高さを変える

 

などたくさんあります

打球点が早いことは得点とるための1要素であって

それがないと得点できないかといわれると

そうでもない

 

これらをうまく組み合わて

点を取ります

バカの1つ覚えで早く早くとやっても

効果は薄いです

【卓球 上達】弱点を突くには?

弱点を突くには

1つの技術ではわからないときがあります

 

三谷です

今日は

弱点

についてお話しします

◆弱点

みなさんは

対戦相手の弱点を考えるとき

どのように考えるでしょうか?

 

  • バックが入らない
  • フォアのミスが多い
  • 横回転が返せない

 

といった

ある技術をしたときに

返球率が著しく悪い

それだけで得点できてしまう

ことを

一般的に弱点といいます

 

ですが、それはあくまで

初級者までの話

中級者以上になると

 

返球率が著しく低い

それだけで得点できてしまう

ということはまずなくなります

 

それだけ見ると一見

弱点がないのでは?

と思いがちですが

そんなことはありません

 

◆1つの技術とは限らない

レベルが上がれば

フォアやバックで攻撃しますし

ミスも減ってきます

横回転が返せない

といったこともなくなってきます

 

じゃあ弱点がないじゃないかと思いがちですが

1つの技術で考えると

そういう判断できなくもないですね

 

2つ以上の技術

組み合わせたらどうでしょうか?

 

例えば

  • 横下回転と横上回転を混ぜる
  • 下回転とナックルを混ぜる

回転が見分けられないと

レシーブでボロを出す方もいます

 

フォアやバックでミスがなかったとしても

  • バックはループドライブしかない
  • ブロックしたら必ずクロスへいく

これも中級者以上の方にとっては

勝つための情報だといえます

 

◆組み合わせにも注意が必要

自分のレベルがあがり

勝ち上がれば

相手も当然強い

 

なのに、思考は初心者のままでは

勝てるものも勝てなくなってしまうんです

 

じゃあ弱点を突くために

ただ何かと組み合わせればいい

かといわれるとそうでもない

 

よくあるやってしまいがちな組み合わせですが

  • なんとなくフォアバックを交互に送って揺さぶる(揺さぶっているつもり)
  • ツッツキしか想定しないサーブから3球目強打(練習通り)

これを弱点突く組み合わせだと

本気で思っているのなら

相手選手のことを全く考えていないと

言わざるを得ない

 

技術レベル向上に伴い

思考レベルも向上させるから

試合でも勝てるようになります

【卓球 戦術】戦術をコロコロ変えるのが卓球

戦術はコロコロ変わります

変えられる方は強いですね

三谷です

今日は

戦術を変えることについて

お話しします

◆戦術持ってますか?

あなたは点を取るための戦術をもっているでしょうか?

例えば

横回転サーブを出して

ツッツキさせ

回り込んでフォアハンド

などですね

 

こういった戦術をもっているかどうかはもちろん

1つ1つの戦術の精度や幅で

得点の取りやすさが決まってきます

 

もし、そんな戦術1つも持っていない

それどころか

勝つために戦術いるの?

って思っている方

必要です

まずは考えてみましょう

 

◆戦術を変えるには?

ここから先は

戦術を1つでも持っている方に対してのお話です

戦術がない方はまずは

自分なりに考えてみましょう

 

戦術を持っている方へお聞きしたい

どんな戦術でしょうか?

例えば

横回転サーブからの3球目だったり

ミドルを攻めたり

バックに集めてフォアに大きく動かす

などは考えているかもしれませんね

 

ですが1つの戦術ばかり使っていると

相手もわかってきますので

最初の時より効かなくなってくるでしょう

こんなとき

あなたならどうしますか?

 

横回転サーブを出してた方は

逆横回転のサーブで攻めるでしょうか?

もちろんそれもありですね

 

ミドルばかり攻めていたなら

フォアとバックに散らすのも

あるでしょう

 

バックに集めてフォアが慣れられてきたら

フォアばかりに集めて

バックに送るというのもいいでしょう

 

このように

戦術を変える場合

大きく3通り存在します

それが

  • 何かを増やす
  • 何かを減らす
  • 何かを変える

この3つです

 

◆増やすか減らすか変えるで決まる

横回転のサーブから

レシーブしてもらい

回り込んで3球目攻撃をする

この戦術を例に考えてみましょう

 

今までツッツキだったのが

慣れてきたせいもあってフリックやドライブなどで

攻撃してきた

これでは3球目攻撃のタイミングが合わず

打てません

 

1つは先ほど出した

逆横回転サーブといった

何かを変えるというパターン

 

これは効果的であり

間違いなく思いつくものでしょう

変えるための引き出しが必要なので

準備が大事です

 

もし、準備していなかったとしたら

増やすか減らすを考えてみることをオススメします

サーブがバック側ばかりに出していたのなら

バック側に出すのを減らし

フォア側に出す

 

短いサーブばかりで長いサーブを

ほとんど出していないのなら

長いサーブを多くする

 

回転をそこまでかけずに出していたのなら

しっかり回転をかけてサーブを出す

などですね

 

別の戦術を使っても

慣れられたらどうすればいいのか?

戻せばいいんです

 

戦術って何十個も持っておく必要があるのかといわれる

そうでもないんです

2~3個くらいでオッケー

これらを状況に応じて

入れ替えて使っていくのが

戦術なのです