ブログ

HOME

>

ブログ


【卓球 メンタル】ポジティブな言葉に置き換える

ポジティブな言葉に置き換えましょう

何か気になったことがあるなら

指摘するのではなく

ポジティブな言葉で伝えましょう

相手の受け取り方が全然違います

 

三谷です

今日は

ポジティブな表現

についてお話しします

◆指摘して伝えてませんか?

〇〇がダメ

××がおかしい

もっと〇〇しろ

 

コーチや先生はもちろん

親御さんもそういう指摘をする方

いるんじゃないでしょうか

 

言った本人はともかく

言われた方は

どんな気持ちになるでしょうか?

 

うるさいなー

 

くらいで済めばマシです

ひどいと

 

やる気をなくす

甘えにつながる(自分で改善しなくていいから)

勝負所で負ける

 

こんなことになりかねません

 

それを見かねて

もっとやる気ださんか

だから負けるんだ

〇〇さんはこうなのに何でお前は

とかいってしまったら最後

 

完全にその競技から離れてしまいます

 

◆いろんな言い方があるのになぜ指摘?

彼らはなぜ

指摘をしてしまうのでしょうか?

 

ホントはその方に対して

 

上手になってほしい

試合で成績を残してほしい

 

そう思って伝えるはずです

 

にもかかわらず

普通に伝えても

直る気配が見えず

望んだことと真逆の結果になってしまう

 

理解していないと判断し

語彙を強めたり

きつい言い方をします

 

強めたところで

聞く気がありませんから

受け取られるはずがありません

 

あるいは

 

理解できていない

どう直したらいいかわからない

変化するのが怖く直せない

 

こういうケースもあるでしょう

 

◆その指摘は誰のため?

じゃあ角度を変えて

その指摘は誰のために言っているのでしょうか?

 

もちろん

伝えた本人のためだ

 

そういう方は多いです

 

 

ホントにそうでしょうか?

 

その方のために伝えるのだとしたら

もっと伝わるような言い方だったり

情熱や想いだったりを伝えても

いいんじゃないでしょうか?

 

ですがそれは伝えずに

気になったことを指摘して伝えるわけです

 

指摘するって

伝えている自分のためなんじゃないでしょうか?

 

コーチらしい仕事をしていてカッコいい

よくない点をズバッといえるなんてサイコーだ

これで直ってくれるだろう一安心だ

こういう指摘を受けて育ったからこうするのが当然だ

 

など、そんな思いがあるから

そういう言葉づかいでしか

伝えることができないってのはあり得ます

 

◆ネガティブからポジティブにするためには?

指摘指摘とネガティブから

ポジティブにするためには

どうしたらいいでしょうか?

 

認めること

話を聞くこと

 

この2つを徹底しましょう

 

え?そんだけ?

 

はい、それだけです

これを常にやることです

 

やってみるとわかります

やり慣れない方がやると

ヒジョーーーーにむずかしい

 

言いたいことあっても

まずは相手が話をしているのを聞く

その上でじっくり吟味して

認めるわけです

 

選手が技術練習などして

上を目指すためにやっているのなら

コーチや親御さんも

環境づくりや

コミュニケーションの練習をして

選手や子供が上を目指せるようにするってのが

筋なんじゃないでしょうか

【卓球 メンタル】認めよう!まずはそれからだ!

選手を認めましょう

伝えたいことがあるかもしれないが

まずは認めることからです

三谷です

今日は

認める

ということについてお話しします

◆認める(承認)してますか?

特にコーチや指導者

監督として活躍している方に

お聞きしたい

 

選手を認めているでしょうか?

練習がんばっていることを

認めているでしょうか?

創意工夫して強くなろうと

試行錯誤していることを

認めているでしょうか?

 

不思議なことに

認められると成績が伸びることは

よくあります

 

◆認める≠褒める

勘違いしてほしくないのは

認めるってようは

褒めればいいんでしょ?

という考え方

 

認めると褒めるは

全然違います

 

よく選手を褒めて育てるとよいと

名監督の書籍や

メディアでお伝えすることがありますが

何でもかんでも褒めればいいってわけでもないです

 

認めるというのは

褒めることも

叱ることも含まれており

いい意味で

あなたをチェックしていますよ

あなたをちゃんと見ていますよ

というメッセージ

 

伝わらなければ効果が薄いといえるでしょう

 

伝わらない代表的なものが

頭ごなしに怒るという行為です

 

◆頭ごなしに怒るとついてこなくなる

言いたくなる気持ちはわかります

自分の中ではカンタンだろう

できるだろうと思っていても

選手がなかなかできない

 

その時につい言ってしまう言葉

 

なんでできないの?

 

選手からしたら

一生懸命やってるんだよこっちは

と思います

 

当然ですよね

みなさんだってそうじゃないですか?

卓球でもいいですし

趣味でも

家事・掃除でも

しっかりやっているのに

 

ちょっとしたミスを指摘されて

なんでそんなこともできないの?

といわれると腹立ちませんか

 

選手もまったく同じ

頭ごなしに怒られれば

当然腹が立ちます

 

そんな状況で

結果を出せと言われても

出しにくいことが

カンタンに想像できるんじゃないでしょうか

◆認められないのは本人が認められてないから?

この認めるという行為

意識すればカンタンにできます

 

結果を認めたり(これはよくやりますね)

プロセスや存在を認めたり

意識を認めたり

 

いろんな項目に対して

認めることができます

 

ですがなかなか

認められない方もいます

 

俺はもっと〇〇やってきたんだ

 

とか言って

ひねくれてしまうタイプですね笑

 

こうなってしまう原因は

おそらく

その方が周りから認められていない

もっと認められたい

という意思の表れなんじゃないかなと感じます

 

そういう方ほどまずは

周りが協力して

認めてあげる必要があります

自分で認める(自己承認)できればいいですが

やろうとすると

違和感や気持ち悪さを感じることもある

 

自分1人でやるのがお手軽ですが

効果が薄い場合は

周りの協力もあると

よりその方が自分にも

相手にも認めてあげやすくなります

 

こうなれば結果が出てくるのは

目前ですね!

【卓球 上達】欠点を直したいなら長所を洗い出せ

欠点を直したいなら

長所を洗い出すと

欠点が直りやすい上に長所も上達します

三谷です

今日は

上達するコツ

についてお話しします

◆いいところを洗い出す

試合が終わった

練習が終わった後

その日の振り返りをしたとしましょう

(してない人はしてみると意外な発見があったりします)

 

このとき

いいところを出すことが多い方と

悪いところを出すことが多い方とに

分かれるんじゃないでしょうか

 

あなたはいいところを出すことが多かったですか?

それとも悪いところを出すことが多かったですか?

どちらでしょうか?

 

◆できない人ほど悪いところばかり見てしまう

いいところを出すことが多い方

引き続きいいところを伸ばせるよう

がんばっていきましょう

 

悪いところがあったとしても

いいところで補える方法を考えるのも1つの手

 

一方悪いところばかり出すことが多かった方

その時どんな気持ちでしょうか?

 

おそらくいい気持ではないはず

これをやり続けていけば最悪

なんてセンスがないんだろう…

もうやめた方がいいのかもしれない…

という気持ちになるのも明白ですね

 

◆日本人は悪いところばかり見てしまいがち

日本人はどちらかというと

平均的にうまいことをよしとする傾向が強いです

何かがずば抜けてすごいことより

オール5の人を評価します

 

とびぬけていいところを出そうもんなら

出る杭は打たれる理論で

そこを評価するのではなく

できていないところばかりを指摘します

 

仕事だとわかりやすいんじゃないでしょうか

売上は立てられるが

デスクが汚い方がいたとしたら

売上の評価より

デスクが汚いからだらしない

というところにフォーカスしてしまいがちです

 

これではせっかく得意としている

売上を立てることにエネルギーを注ぐことができず

デスクを整えることに力を使います

もし、片付けが苦手なのだとしたら

売上を立てること以上に労力を使うわけです

それに気を取られて

売上を立てる力がなくなってしまったら

本末転倒

 

ですが、不思議なことに

売上を立てる力をキープしたまま

デスクも整えて当然であるかのように

言う傾向がかなり強いんですね、日本人は特に

足の引っ張っていけば

最悪その人をつぶすことになりかねない

才能をつぶすってカンタンにできるのですが

ものすごく怖いことなのです

 

◆周りの協力も必要です

いいところを洗い出し

大事にすることは

思っている以上に気を使います

特に慣れない人は

 

先ほどの例なら

デスクを整えろというのではなく

売上立ててすごい

何か気を付けていることあるんですか?

私も〇〇さんみたいになっていきたい

〇〇さんのこういうところ尊敬する

といったように認めることが大事です

 

これは本人はもちろん

周りの協力が必要不可欠です

これを続けていくと

人って不思議なことに

デスクを整えることができるようになるんですね

 

悪いところを指摘して直させるより

いいところを徹底的に洗い出して

周りが認めていくことで

悪いところが徐々に改善されていくのです

 

ですので、悪いところをウダウダ考えるくらいなら

いいところをしっかり考えて

次につなげた方が良心的ですよ!

 

また誰かを動かしたいなら

指摘するより

承認した方が

はるかに動いてくれますよ!

【卓球 メンタル】計画を立てて実行する

計画立てて実行できるとメンタルが強くなるのか?

三谷です

今日は

計画についてお話しします

◆計画を立てる

みなさんは計画を立てるでしょうか?

小学校や中学校など

1度は立てたことあるんじゃないでしょうか

  • 宿題を毎日こんだけやる
  • 親の手伝いをする
  • 規則正しい生活を送る

などですね

 

大人になると

  • 資格をとるために勉強する
  • ダイエットに挑戦する
  • 習い事をして趣味を作る

などあるでしょう

 

じゃあみなさんにお聞きします

立てた計画は実行しているでしょうか?

 

◆計画立てたら実行できますか

どうでしょうか?

立てた計画は実行できていますか?

 

 

おそらくほとんどの方が

できない

三日坊主で終わる

と答えるんじゃないでしょうか

 

かくいう私も昔は計画は立てるが

実行しなかった人間です

もっといいやり方があるのでは

今日はそんな乗り気じゃない

なんてテキトーな言い訳をして

計画を実行しなかったことの方が多いです

そんな私でも今は

立てた計画に関してはやるようにしています

なぜできるようになったのでしょうか

 

◆計画の立て方って意外と大事です

計画を立てて実行する

世間的には当たり前に見えるかもしれない

ですが、この行為って実は

けっこうむずかしいことなんですね

 

現に計画立てて実行できる人間は

少ないわけですから

難易度ハードモードってくらいむずかしいことなのです

ではなぜできるようになったのか

それは

自分で自分を承認したから

です

 

こいつ何言ってるんだ?

と思われそうで怖いですが(汗)

 

例えばダイエットを例に挙げると

10㎏痩せたい

と目標を立て

毎日3㎞ランニングする

と計画を決めたとします

こういう立て方をする方いるんじゃないでしょうか?

 

結論言ってしまうと

こういう方はまずできません

だって考えてみてください

ダイエットしたことない方がいきなり

毎日3㎞走るってかなりの重労働じゃないでしょうか

すげえ大変です

しかもできたところで誰かが

すごいねと褒めてくれるわけでもない

もっといけるぞと励ましてくれるわけでもない

意外と孤独な戦いです

孤独であるという気持ち

人は急激に変化しようとすると強いマイナスの気持ちが

反動でやってきますから

元に戻ろうとするのです

 

なので10㎏痩せたい方はいきなりランニングに挑戦するのではなく

小さい変化から順番にやっていくのがコツです

例えば

エスカレーターを使うところを階段で登ってみる

車で数分で行けるところであえて徒歩でいく

いったことない街へ散歩がてら出かける

というのは小さな変化のステップとしていいんじゃないでしょうか

 

◆計画を実行出来たら承認しよう

そしてこれが最も大事

もし立てた計画を実行出来たら

必ず承認しましょう

やればできるじゃん

あきらめずよくがんばった

など自分で自分を認めてあげましょう

はたから見たら

そんなたいそうなことやってない

できて当然といった視線を受けるかもしれない

ここで負けてしまうとできない自分に元通りです

 

普段できなかったのにできるようになった自分はすばらしいですよね

今までできなかったことにチャレンジしてチャレンジ成功したのですから

たっぷり承認しましょう

他の方にもし認めてもらいたいのなら

認めてくれそうな方に認めてもらいましょう

周りにいなければ

私が

すばらしい!

と承認して差し上げます(笑)

 

 

 

計画を立て実行できるようになると

達成感を味わえるようになってきます

この積み重ねがメンタルを整える

大事な行動だったりします